このページのリンクには広告が含まれています。 ブログ

初心者でも簡単!検索上位を狙うブログ記事の書き方

2024年1月10日

初心者でも簡単!検索上位を狙うブログ記事の書き方

検索結果で上位表示される書き方を知りたい!

この記事ではこのような疑問にお答えます。

本記事の内容

  • ブログ記事の種類
  • 情報提供・マニュアル記事の特徴
  • 一次情報記事の特徴
  • 導入部分(イントロダクション)の重要性
  • 文章にリズムを付けるコツ
  • 文章を短くシンプルにする方法
  • 指示語の使用を控える理由
  • 書いた文章の音読の重要性

ブログ記事は2種類

ブログの記事には大きく分けて2種類あります。「情報提供・マニュアル記事」と「一次情報記事」です。

情報提供・マニュアル記事

これは、読者が知りたいことを中心に書く記事です。例えば、「美味しいカレーの作り方」や「スマホの選び方」など、読者が知りたい情報や手順をマニュアル形式で提供することが目的です。

ブログで大事なのは、読者が何を知りたいかを理解し、それをシンプルに伝えることです。文章を書くのに、特別な技術は必要ありません。大切なのは、「ユーザー目線」で考えることです。

例えば、「美味しいカレーの作り方」を書くなら、どんなスパイスを使うのか、どんな順番で材料を入れるのか、分かりやすく説明することが大切です。こうすることで、読者はあなたの記事から学び、また読みたいと思うようになります。

一次情報記事

こちらは、あなたの経験したことを元に、新しい考え方や見方を提供する記事です。

経験値を生かして、あなたならではの視点で、読者に新しい価値観を伝えます。

これにより、読者があなたのファンになることを目指します。

大切なのは、「あなたならではのものの見方」を大事にすることです。

今の情報過多の時代では、ただの情報提供だけでは価値が薄れています。

どこで学ぶかよりも、誰から学ぶかが大事になってきたんです。

例えば、同じ料理のレシピでも、有名シェフから学べば特別に感じるでしょう。それが「誰から学ぶかが大事」という意味です。

一次情報記事のポイントはプロフィールです。

自分のことをしっかり伝えることで、読者との関係が深まります。プロフィールの書き方については、以下の記事で解説しています。

なお、どちらの記事にも共通してますが、ブログにはシンプルな文章が一番です。複雑な技術やこだわりは、ブログではあまり役に立ちません。簡単で分かりやすい文章を心がけましょう。

では、次から『ユーザー目線』で書くお役立ち記事の書き方について解説していきます。

導入部分の重要性

イントロダクションとは、記事の「はじめの部分」です。ブログ記事の書き始めがとても大切なんですよ。なぜかというと、読者は最初に記事のタイトルを見て、「この記事は自分が求めている情報かな?」と考えるからです。タイトルが読者の興味を引けば、彼らは記事を読み始めます。

では、どうやってイントロダクションを書けばいいのか、お話ししますね。例えば、あなたが「糖質制限ダイエット」について記事を書くとします。友達から「糖質制限ダイエットってどうなの?」と聞かれたとき、どう答えますか?この時、ただ知識をたくさん話すのではなく、まずは友達の話をちゃんと聞くことが大切です。

「ねえ、糖質制限ダイエットってよく聞くよね。私も試したことあるよ。でも、無理しすぎると続かないから、工夫が必要だよ。例えばね…」

といった感じで、まずは相手の話を受け止めるんです。

これがイントロダクションの役割です。読者が「この記事は自分のために書かれているんだ」と感じるようにすることが大事。そうすれば、彼らは記事を最後まで読んでくれる可能性が高くなります。

ビジネスメールでも同じです。相手のことを考えた文章を書くと、相手にとって印象深いものになります。例えば、メールの最後に「先日の話、勉強になりました」とか「あの唐揚げ屋さん、美味しかったです!」という一言があると、相手は「この人は自分のことを考えてくれているんだな」と感じるんです。

ブログの場合も、最初の書き出しは超重要!うまく書ければ、見出し1、見出し2、見出し3と、記事全体がスムーズに読まれやすくなります。

このポイント、ブログを書くときには忘れないでくださいね!

文章にリズムを付けるコツ

ワンパターンを避けることが大切。つまり、文章に変化をつけるんです。

例えば、こんな風に:

  • 「ます」「です」という同じ語尾を繰り返さない
  • 文の長さもいつも同じじゃなくて、長短を混ぜる
  • 文字の装飾を使ってみる
  • 小見出しをつける
  • 箇条書きを上手に活用する

これらの方法を使えば、文章にリズムが生まれるんですよ。

普通は、「です・ます」スタイルと「だ・である」スタイルを混ぜちゃダメって言われますが、ブログでは大丈夫。自然に混ぜれば、文章が柔らかくなって読みやすくなります。

でも、大切なのは自然さ。読みやすさとリズムを保つことを忘れないでくださいね。

文章のルールって、教科書ではガチガチに教えられますが、ブログではもっと自由で大丈夫。ブログは、実際の会話に近い感じで書くのが良いんです。文法よりも、読みやすさが大事なんですよ。

それと、変化をつけようとして、文字の装飲を派手にしすぎないこと。黄色の背景色がいっぱいだと、読みづらくなりますからね。

僕の場合、こんな感じで使い分けています:

  • 太文字
  • 赤い太文字
  • 黄色い下線

これだけでも、文章に変化が出てきます。

箇条書きもとっても役立ちます。まるで

黒板に書くように、ポイントを箇条書きで書いて、そのあとで詳しく解説すると、すごくわかりやすいんです。

たとえば、こんな感じで:

  • 太文字: 重要なポイントを強調
  • 赤い太文字: もっと注意してほしいこと
  • 黄色い下線: 読者に特に覚えておいてほしい事柄

これらを使い分けるだけで、文章にリズムが生まれて、読みやすくなります。

文章を書くときと箇条書きを使うときの違いは、読んでいる人によって印象が変わります。文章はもっと説明的になりますが、箇条書きはポイントがすぐにわかります。

短い文を使うと、変化をつけるのにも役立ちますし、リズムが生まれやすいです。

ブログを書くときは、ぜひこれらのコツを試してみてくださいね。読者が読みやすくて、リズムのある文章になるはずですよ!

一文は短くする

まず、読者がブログをどう読んでいるかを考えましょう。最近は、多くの人がスマホでブログを読んでいます。スマホで読む時、記事を指でサッと流し読みすることが多いんです。だから、短くてシンプルな文章が重要になるんです。

では、どうすればいいかというと、まず接続助詞の使い方を変えることから始めます。たとえ

えば、「●●なんですが、■■です」というような逆説の接続助詞「が」を使うと、一文が長くなってしまうんです。でも、接続詞を変えて、「●●です。しかし■■です。」とすると、読点で文章を短く切れるので、一文を短くできるんですよ。

接続詞の使い方で、文章の印象も変わります。たとえば、こんな風に書いてみると:

  • 「今日までブログを必死に書いてきたが、稼げなかった。」
  • 「今日までブログを必死に書いてきた。しかし、稼げなかった。」
  • 「今日までブログを必死に書いてきた。それでも、稼げなかった。」
  • 「今日までブログを必死に書いてきた。だからこそ、稼げなかった。」

このように接続詞を工夫すると、読者が「ん?どういうこと?」と興味を持つような文章が書けるんです。

また、「今日までブログを必死に書いてきた。稼げなかった。」と接続詞を省いてみると、読者は次に何が起こるか気になって、続きを読んでくれます。

接続詞を上手に使って、シンプルで短い文章を心がけましょう。

これが、ブログ記事を読みやすくするコツです。
SEOにも効果的で、読者が記事を最後まで読んでくれやすくなりますよ。

指示語はなるべく使わない

指示語とは、「これ」「それ」「この」「その」といった言葉のこと。紙の本や評論文、小説ではこれらの言葉を使っても問題ないんですが、スマホでブログを読む時はちょっと違います。なぜかというと、スマホで読む時は、もっと気軽に、サッと流し読みすることが多いからです。

指示語を使うと、読者は前の文章とのつながりを考えながら読まないといけなくなります。これが、読む時の負担になってしまい、ブログから離れてしまう原因になるんです。

だから、ブログを書く時は、指示語をできるだけ使わないようにすることが大切です。これによって、誰でもストレスなく読める文章が書けます。

確かに、これまで上品さやスマートさを追求してきた方にとっては、少し稚拙に感じるかもしれません。でも、ブログライティングの基本として、読者にとっての読みやすさを最優先に考えることが大事なんです。

自分が書いた文章がスマホで読みやすいかどうかをチェックする方法もあります。それは、自分でスマホで読んでみること。指でサーッと流し読みしても分かりやすいかどうかを確かめるんです。

このように、ブログの文章は、指示語を控えることで、より読みやすく、SEOにも強いものになります。ぜひ、ブログを書くときはこのポイントを意識してみてくださいね。

書いたあとは音読してみる

文章を書いた後、目で見てチェックするだけでは、どうしても見落としが出てきます。だから、別の方法でチェックすることが大切なんです。ここでおすすめなのが、書いた記事を音読することです。

音読すると、呼吸をすることになりますし、肺や喉を使います。さらに、声が耳に届くので、聴覚も刺激されます。このように、いろんな感覚を使って文章をチェックすることで、不自然な言い回しに自分で気づけ

るようになるんです。

よく言われるのが、「話すように書くといい文章が書ける」ということ。口に出して読んでみて、違和感がないかを自分で確かめるんです。そうすると、変な文章やおかしな言い回しに気づけるようになります。

音読は、とても簡単で、すぐにできる方法です。ライティングスキルをアップしたいなら、ぜひ試してみてくださいね。

音読をすることで、自然なリズムや読みやすさを感じ取れるようになります。

SEOにも効果的で、読者がスムーズに読める文章が書けるようになりますよ。

ブログ記事を書く時は、このチェック方法を忘れずに使ってみてくださいね。

まとめ

この記事のまとめ

  • ブログ記事の種類:
    • 情報提供・マニュアル記事: 読者が知りたい情報や手順を提供する。
    • 一次情報記事: 自分の経験や視点を元にした記事。
  • 情報提供・マニュアル記事の特徴:
    • ユーザー目線で考え、シンプルに伝える。
    • 具体例を用いて分かりやすく説明。
  • 一次情報記事の特徴:
    • 自分ならではの視点で新しい価値観を提供。
    • 読者が著者のファンになることを目指す。
    • 重要なのは、個人のものの見方を大事にすること。
  • 導入部分(イントロダクション)の重要性:
    • 読者が記事に興味を持つかどうかを決める。
    • 読者が自分のために書かれたと感じるようにする。
  • 文章にリズムを付けるコツ:
    • ワンパターンを避け、変化をつける。
    • 文の長さや装飾、小見出し、箇条書きを活用。
  • 文章を短くシンプルにする方法:
    • 接続詞の使い方を工夫する。
    • 文章を短く切るための読点の活用。
  • 指示語の使用を控える理由:
    • スマホで読む時の読者の流し読みに配慮。
    • 文章とのつながりを考える負担を減らす。
  • 書いた文章の音読の重要性:
    • 視覚だけでなく、聴覚も使ってチェック。
    • 不自然な言い回しに気付くために有効。
  • この記事を書いた人
ponoblog

ともさか

web3関連ライター兼ブロガー。「web3でFIRE」を目指し中。仮想通貨・NFT・メタバース・AIで稼ぐを実験。海外の最新情報を常に追いかけ、初心者にも分かる解説してます。仮想通貨を7桁運用。NFTコレクター。ブログ開始3か月で0→1達成。 ※当ブログで使用している「仮想通貨」は「暗号資産」の事を指します。

-ブログ