このページのリンクには広告が含まれています。 メタバース

【2024年最新】注目のメタバース15選

2024年1月12日

【2024年最新】注目のメタバース15選

注目のメタバースを教えてほしい!

この記事ではこのような疑問にお答えます。

本記事の内容

  • 注目のメタバースを15個紹介

メタバースは、実はかなり前からある概念です。

ゲームや映画でしか見ることのなかった世界が今や現実のものになろうとしています。

ユーザーは自分のアバター(仮想の姿)を作り、実世界とオンライン世界の様々なデジタル活動に参加できます。

2023年には、メタバースに対する人々の理解や知識が大きく変わりました。

もはや「流行語」ではなく、多くのブランドや企業がこの空間に参入する方法を採用しています。

仮想現実が日常生活の一部になる時代はすぐそこまで来ています。

メタバース初心者の方はコインチェックの口座開設をして、仮想通貨の準備から始めましょう。

コインチェックのおすすめ理由3つ
4年連続 アプリダウンロード数No.1(2023年1月)
21種類の仮想通貨を取扱い(2023年5月)

スマホで最短1日取引開始までたったの3ステップ

コインチェックで口座開設する

メタバース・プラットフォームとは?

メタバースプラットフォームは、インターネット上の大きな仮想世界です。

たとえば、Robloxというオンラインゲームは、この1ヶ月で2億人以上のユーザーが利用しています。

これは、メタバースプラットフォームの人気度を示しています。

この仮想世界では、会社がバーチャルな店を出したり、アーティストやコミュニティがデジタルな収集品を提供したりしています。

世界中の人々がこのプラットフォームにアクセスし、様々なツールやオプションを使って互いに交流することができます。

✔️ 常にアクセス可能

メタバースのプラットフォームは、いつでもアクセスできることが大切です。例えば、誰も使っていないときでも、オンラインでアクセスできる状態になっています。これにより、人々はいつでもメタバースに入ったり出たりでき、楽しむことができます。

✔️ 没入感がある

メタバース内の仮想世界は、とてもリアルに感じられるように作られています。VR(仮想現実)やAR(拡張現実)のヘッドセットを装着してプラットフォームに参加すると、本当にそこにいるかのようにすべてのものと触れ合うことができます。この没入感は、様々な視聴オプション、デジタルアバター、空間オーディオなどによってさらに高められます。

✔️ 相互運用性がある

メタバースは、さまざまなプラットフォーム間での移動が可能です。これにより、ユーザーは自由に異なるプラットフォームに移動でき、デジタル資産を失ったり置き去りにしたりすることなく移動できます。多くのプラットフォームには、独自の仮想通貨やトークンがありますが、これにより一つの大きなメタバース空間が実現します。

✔️ 拡張性がある

メタバースのプラットフォームは、新しい環境、資産、ユーザーを含むように拡張することができます。現在はサーバーの容量によってユーザー数が制限されている場合もありますが、プラットフォームの設計は将来的に新しい機能やより多くのユーザーを受け入れることができるようになっています。

これらは、メタバースプラットフォームを定義する重要な特徴の一部です。現在、独自の特徴を持つさまざまなプラットフォームや仮想世界が存在しています。それらは独自のエコシステムやマーケットプレイスを持ち、投資家や利害関係者のための様々な活動をサポートしています。

技術が進化するにつれて、共有の仮想空間や経済で共存するプラットフォームが見られるようになる可能性もあります。これらの特徴によって、メタバースはより魅力的なものになっています。

トップ15のメタバースプラットフォーム

今日、誰もが自分のメタバースプラットフォームを作り始めることができます。コミュニティで利用可能なオープンソースのツールのおかげで、この夢は現実になりつつあります。

また、専門のメタバースサービスを利用して、自分たちのバーチャル空間の一部を開発し、夢を現実にすることも可能です。

しかし、メタバースプラットフォームを作る際には、どの業界や分野に焦点を当てるかを明確にすることが重要です。選択肢はたくさんありますから。

ここでは、バーチャル空間の未来を形作る、トップクラスのメタバースプラットフォームをいくつか紹介します。

1:ロブロックス

Robloxは、インターネット上でとても人気のあるメタバースプラットフォームです。何年もの間、たくさんの改善と新しい機能が追加されてきました。毎日何百万人ものユーザーが使っていて、月に何時間も遊んでいる人がたくさんいるんです。

Robloxの楽しいコミュニティとは?

Robloxには、たくさんのゲームとソーシャルなやり取りを求める人たちがいます。アクションゲームやRPG、シューティングゲーム、障害物競走など、いろんなジャンルのゲームがあります。一人用のゲームもあれば、友達と遊べるマルチプレイヤーゲームもあるんです。

VRとクロスプラットフォームの特徴

RobloxはVRも楽しめるし、PC、Mac、iOS、Android、Xboxなど、いろいろな機器で使えるんです。

Robloxの便利な技術と機能

Robloxには、Roblox Studioという特別なゲームエンジンがあります。これを使えば、コーディングやスクリプティングの知識がなくても、ゲームやバーチャル体験を作ることができます。ユーザーは、アバターやアクセサリーを作って売ることもできます。

  1. Roblox Studio: 3Dゲームを作るための特別なゲームエンジンです。
  2. バーチャルエコノミー: ゲーム内通貨「Robux」を使って、アイテムを手に入れたり、開発者をサポートしたりできます。
  3. カスタマイズ可能なプロフィール: アバター、服、アニメーション、アクセサリーを自分の好みに合わせて変更できます。
  4. クロスプラットフォーム対応: PCだけでなく、Mac、iOS、Android、Xboxなど、さまざまなプラットフォームで利用できます。

2:Decentraland

Decentralandは、メタバースの世界で有名なプラットフォームです。メタバースでの結婚式が話題になった時にも、このDecentralandが使われました。ここでは、仮想の土地や不動産を買うことができるんです。

Decentralandでは、「LAND」と呼ばれる仮想の土地をユーザーが購入できます。その土地は、ユーザーが望む通りに開発することができるんです。つまり、自分だけの特別な場所を作ることができるということです。

Decentralandでは、ゲームやアプリ、カスタムされた場所を作るための開発キットが提供されています。これを使って、ユーザーは色々なものを作れるんです。

Decentralandでのお金のやり取りは、イーサリアムという仮想通貨を使って行われます。このプラットフォームは、ブロックチェーン技術と「スマートコントラクト」と呼ばれる技術を組み合わせて作られていて、LANDなどの資産の所有権に関連する事柄もこれを使って管理されています。

3:Edverse

Edverseは、とてもダイナミックなメタバースのプラットフォームです。ここでは、ユーザーが物理的な境界を超えて、共有の仮想世界で互いに交流したり、協力したり、作成したりできるんです。

Edverseは、オンライン学習に最適な場所です。没入型の学習を促進が特徴です。

それだけでなく、オンライン会議のための柔軟なプラットフォームとしても機能し、関係性の構築やコミュニティの発展を助けます。

Edverseは、大企業でも新興のスタートアップ企業でも、協力とエンゲージメントを向上させるためのスケーラブルなソリューションを提供します。教育者が創造的な教育技術を解き放ち、ビジネスの目標を達成し、イベント主催者が忘れられない体験を作ることができる場所なんです。

4:Fortnite

Fortniteは、ゲーマーやエンターテイメント業界で大人気のゲームです。このゲームに「メタバース」という要素が加わって、プレイヤーにとってさらに楽しい体験ができるようになりました。

Fortniteのメタバースプラットフォームでは、たくさんの仮想空間の基本要素が備わっています。ユーザーは、いろいろなゲームモードを遊び、没入感のある環境を探検できるんです。

このビデオゲームプラットフォームを使うと、世界中の新しい人たちに出会えます。プラットフォームのソーシャル機能を使って、さまざまな場所の人々と交流できるんです。

Fortniteでは、プレイヤーがカスタマイズ可能なアバターとして参加できます。これにより、開発者が定期的に公開する新しい場所や「マップ」にシームレスに接続できるんです。

5:Somnium Space

Somnium Spaceは、VR(仮想現実)を使ったメタバースプラットフォームとして、とても優れていると言われています。Unityエンジンで作られていて、手のジェスチャーや身体の動きを追跡できるんです。それに、特別なハードウェアがなくても、デスクトップユーザーは接続できます。

Somnium Spaceでは、Decentralandと同じように、人々がイーサリアムを使って、仮想不動産などのさまざまな仮想資産を購入し、所有することができます。

さらに、このプラットフォームでは「Somnium Space World Builder」というツールを使って、カスタム体験を作ることもできます。これは、Somniumの開発者が提供するツールで、コミュニティの他の人たちも複雑な操作をせずにメタバースプラットフォームを一緒に成長させることができるんです。

6:Upland

Uplandはメタバースの中で、特に「バーチャル不動産」と「バーチャルプロパティ」にフォーカスしている点で、Decentralandと似ているんです。これがなにを意味するかというと、ユーザーは自分の好きな都市のオプションを購入できるんですよ。とても興味深いですよね。

さらに、Uplandはスマートフォンアプリかウェブブラウザ版で使うことができます。だから、手軽にアクセスできるんです。これは使い勝手がいいですね。

次に、不動産の売却やアップグレードを考えたときの話です。Uplandには、ユーザー同士で交流できるマーケットプレイスがあるんです。つまり、自分のプロパティを売ったり、交換したりする選択肢があるわけです。これはとても便利な機能です。

そして、Uplandの主なコンセプトは、メタバース設定の中でバーチャルプロパティを商業化することですが、それだけではありません。Uplandには、ユーザーが遊べるミニゲームもあるんです。これらのミニゲームは、プラットフォーム上のバーチャルワールドを基にしていて、探検者に報酬や「宝物」をもたらします。

7:The Sandbox

コミュニティ主導型のメタバースプラットフォームは、今の状況ではとても重要です。なぜかというと、これは分散型プラットフォームの全体的な考え方を強化しているからです。

「The Sandbox」は、その流れを汲むコミュニティ主導型のメタバースプラットフォームです。ブロックチェーン技術を使用しており、ユーザーが経済に参加することを可能にしています。ゲームモード、ビルダーモード、さらにはマーケットプレイスも備えています。

ユーザーは新しい体験を作ったり、アセットを開発したりする自由があり、それを販売したり、利益を得ることもできます。

彼らの経済は「SAND」と呼ばれる独自の暗号通貨によって運営されており、マーケットプレイスでの販売や購入に使用されます。

Sandbox Metaverseの特徴的な側面は、「VoxEdit」という機能です。これにより、人々はボクセルスタイルを使ってプラットフォーム用のさまざまなアセットを作成することができます。

8:Horizon Worlds

Metaによって作られたHorizon Worldsは、VRヘッドセットと本格的なバーチャル体験を初めから利用しています。これは、FacebookのQuestヘッドセットが、Metaのプラットフォームを体験するための人気の方法だからです。このヘッドセットは、グラフィックや音響の忠実さをしっかりと示しています。

多くのメタバース体験と同様に、Horizon Worldsもユーザーにクリエイターモードのオプションを提供し、プラットフォームの経済の一部になることを促しています。つまり、人々はイベントに参加したり、ゲームをしたり、他のユーザーが作成したコンテンツを利用したり、閲覧したりすることができます。

Facebookがメタバースに取り組む公式の形として、Horizon Worldsは、拡大する風景と創造的なツールのおかげで、たくさんのことをすることができます。

9:Illuvium

Illuviumはメタバースプラットフォームから少し離れて、異なるプロジェクトや複数のゲームに焦点を当てる代わりに、オープンワールドRPGとして特化しています。このゲームの主な目的は、バトルをして、コミュニティが「イルビアル」と呼ぶ様々な生き物を捕まえることです。

開発者たちはイーサリアムブロックチェーンを使用してこのゲームを作りました。さらに、独自の暗号通貨トークン「ILV」もあります。このトークンは、プラットフォーム上のさまざまな金融取引に使われています。例えば、ゲームのマーケットプレイスで、イルビアルの「NFT」バージョンを購入したり販売したりするときに使われます。

10:Nike Metaverse

ファッションブランドの中でも人気のNikeが、メタバースプラットフォームで注目を集めています。彼らは、RTFKTスタジオと協力してから、バーチャル空間への進出を始めました。

これにより、デジタルコレクションの靴を発売することができました。これらの限定版のデジタルバージョンの靴は、カスタマイズ可能な異なるスキンを持っています。

メタバースでのショッピングに興味があるユーザーは、Nikeのプラットフォームに入って、製品をバーチャルな形で全面的に探索することができます。

また、彼らのショールームでは、他の取り組みも展示しています。その中には、彼らの観客のアバターと連動するARジェネシスフーディーなどが含まれています。

さらに、ユーザーはNikeから実際の、物理的なフーディーも受け取ることができます。これは、メタバースを真の意味で体現しており、リアルとデジタルを融合させています。

11:Axie Infinity

多くのメタバースプラットフォームが、本格的なゲームタイトルやミニゲームをユーザーに提供しています。その中でも、Axie Infinityは、メタバースゲームシーンの「OG」(元祖)と呼ばれているものです。

ゲームのプレイシステムは広範囲にわたり、プレイヤーは「Axies」と呼ばれるデジタル生物を育成し、繁殖させることができます。

これらの生物は、その後、プレイヤーによって戦いやゲームによって許可された他の状況で使用されます。

偶然にも、このメタバースプラットフォームは、ゲーム内の資産の所有権をプレイヤーに提供し始めた最初のプラットフォームの1つです。これは、こうしたプラットフォームのための分散型経済にとって重要なことです。

12:Microsoft Mesh

様々な業界の人々のために、Microsoft Meshは教育やビジネスのためのバーチャル空間を提供する重要なメタバースプラットフォームです。これは非常に意義深いことです。

Microsoft Meshの共有スペースで、リアルタイムで協力し、一緒に作業することのできる力は、様々な活動に適しています。つまり、人々はこれらのバーチャル空間で会議を行うことができます。

学生たちは、メタバースのトレーニングセッションを受けて、学術的な役割を体験できます。また、医療従事者は、このバーチャル空間を使用して、遠隔地から患者に個人的なケアを提供することもできます。

13:Nvidia Omniverse

製造業や作業運用業界に特に焦点を当てているメタバースプラットフォームがNvidiaの「Omniverseプラットフォーム」です。このプラットフォームは、クラウドサービスに依存して運営され、ビジネスの創造と協力に役立つツールです。製造業、エンジニアリング、建築業界などの会社が利用しています。ビジネスのさまざまな要件、特に3Dシミュレーションを活用する場合に使用されています。ビジネスは、どの業界であっても、従業員のトレーニング、新しいプロトタイプのチェック、製品のデザインなどに大きな可能性を秘めています。

14:Metahero

Wolf Digital Worldの才能あるチームによって作られた「Metahero」は、3Dスキャンとモデリングを利用するメタバースプラットフォームです。スキャン技術を実装することにより、ゲーム内アセットやアバターを備えた没入型のバーチャル空間を作り出しています。また、取引、アバターの作成、デジタルアイテムの収集などに使用される独自の暗号通貨トークン「HERO」トークンもあります。

15:Star Atlas

宇宙をテーマにしたゲームやバーチャルワールドが好きで、宇宙の広がりの中で惑星や星を探索したい方には、「Star Atlas」がおすすめです。これは、宇宙のデザインや手がかりに頼りながらナビゲートするブロックチェーンゲームを含むメタバースプラットフォームです。ゲーミングメタバースプラットフォームとしては大きなコミュニティを持ち、財務プロセスにはソラナブロックチェーンネットワークを使用しています。

オンラインコミュニティや業界向けのトップメタバースプラットフォームを探索してきたわけですが、メタバース革命はここにとどまることはないということが明らかです。これは、すぐに話題から消える一時的な流行ではなく、これらのプラットフォームの人気が高まっていることがその証拠です。

まとめ

メタバースに興味を持った方はコインチェックの口座開設をして、仮想通貨の準備から始めましょう。

スマホで最短1日取引開始までたったの3ステップ

コインチェックで口座開設する

コインチェックのおすすめ理由3つ
4年連続 アプリダウンロード数No.1(2023年1月)
21種類の仮想通貨を取扱い(2023年5月)

  • この記事を書いた人
ponoblog

ともさか

web3関連ライター兼ブロガー。「web3でFIRE」を目指し中。仮想通貨・NFT・メタバース・AIで稼ぐを実験。海外の最新情報を常に追いかけ、初心者にも分かる解説してます。仮想通貨を7桁運用。NFTコレクター。ブログ開始3か月で0→1達成。 ※当ブログで使用している「仮想通貨」は「暗号資産」の事を指します。

-メタバース