このページのリンクには広告が含まれています。 仮想通貨

ビットコインキャッシュ(BCH)って何?仕組みをわかりやすく解説!

ビットコインキャッシュ(BCH)って何?仕組みをわかりやすく解説!

ビットコインキャッシュって何?ビットコインと何が違うの?

投資する価値があるのか知りたい!

この記事ではこのような疑問にお答えます。

本記事の内容

  • ビットコインキャッシュの誕生秘話
  • ビットコインキャッシュの目的は取引の向上
  • ビットコインとの共通点
  • ビットコインキャッシュの分岐
  • ビットコインキャッシュの現状

ビットコインキャッシュ(BCH)とは、仮想通貨の世界にもう一度「分散化」をもたらすために作られ、始動された通貨です。この通貨は2017年にビットコインから生まれた「ハードフォーク」という出来事によって誕生しました。ハードフォークとは、既存のブロックチェーンが二つに分かれることを意味します。ビットコインキャッシュはビットコインよりも多くの取引を1つのブロック内で処理できるため、手数料が下がり、取引時間も短くなるはずです。

ビットコインキャッシュについてもっと知りたいですか?ビットコインとはどう違うのか、どこで利用できるのか、そしてこのプロジェクトが成功しているのか、詳しく説明します。

まずはコインチェックの口座開設をして、仮想通貨の準備から始めましょう。

コインチェックのおすすめ理由3つ
4年連続 アプリダウンロード数No.1(2023年1月)
21種類の仮想通貨を取扱い(2023年5月)

スマホで最短1日取引開始までたったの3ステップ

コインチェックで口座開設する

ビットコインキャッシュとは?

ビットコインキャッシュは、2017年にビットコインのブロックチェーンから「ハードフォーク」という特別な方法で生まれた仮想通貨です。ハードフォークとは、ブロックチェーンが2つに分かれることで、新旧のブロックチェーンが互換性を持たなくなる大きな変化です。これにより、以前は無効だったブロックや取引が有効になることもあります。ハードフォークでは、すべてのユーザーやノード(ネットワークの一部)が最新のソフトウェアに更新する必要があります。

ビットコインキャッシュは、元々ビットコインが目指していたように、安い支払いシステムとして使われるように設計されています。取引手数料はたいてい0.01ドル以下で、ビットコインよりも取引の確認時間がかなり短いです。

ビットコインキャッシュは、積極的な開発者コミュニティによって作られており、今も維持されています。

これらの開発者は、ビットコインキャッシュをビットコインに対する必要な代替と見なしています。彼らの見解では、ビットコインは支払いシステムとしてではなく、投資ツールとしての役割を強めているからです。ビットコインキャッシュは、金融取引から規制当局や他の第三者を排除するピアツーピアの支払いシステムとして設計されました。

ビットコインキャッシュは、ビットコインキャッシュノードというエコシステム上で動作します。これはビットコインキャッシュで取引を行うための基盤です。ビットコインキャッシュノードは、ビットコインキャッシュのブロックチェーンであり、ネットワークを動かし、取引を可能にする仮想マシンのようなものと考えることができます。

ビットコインキャッシュを理解する

ビットコインキャッシュは、2017年にビットコインの発展の道筋について開発者たちが意見の不一致を持った時に作られました。2009年から2016年の間に、マイナー(ビットコインを生成する人たち)への報酬としての取引手数料は上昇し続けました。2017年12月には、手数料は取引あたりほぼ0.03ドルにまで上昇しました。2017年6月には手数料が5.56ドルに達し、7月に再び下降した後、年末には54.64ドルまで急騰しました。

一般的に、「ハードフォーク」とは、マイナーや開発者のグループが特定のデジタルトークンを管理するソフトウェアの更新について合意できない時に起こります。結果として、一方のグループは同じルールの下で運用を続け、もう一方は分岐し、更新されたソフトウェア設定を持つ新しいブロックチェーンを生成します。この過程で、第二のデジタル通貨が生まれるのです。 ビットコインのブロックチェーンには拡張性の問題がありました。これは、取引数の増加に対応できなかったためです。ビットコインのブロックチェーン上での取引の確認時間と手数料は急増しました。これは主に、ビットコインの1MBブロックサイズ制限によるものでした。取引が増えたため、ブロックが取引のサイズ増加に対応できず、確認を待つ取引が列をなしました。

ビットコインキャッシュ自体もいくつかのフォークを経験しました。ビットコインサトシビジョン(BSV)はビットコインキャッシュからフォークし、ビットコインキャッシュは2018年にビットコインキャッシュABC(BCHA)になりました。そして2021年にはeCashと名前を変更しました。

ビットコインキャッシュのよくある質問

Q
ビットコインキャッシュはビットコインとどう違う?
A

ビットコインキャッシュは、1ブロックに処理できる取引数を増やすために作られました。ブロックのサイズを8MBから32MBに増やして、1ブロックあたりの取引数を増加させることが目的です。ビットコインキャッシュが提案された時点で、ビットコインの1ブロックあたりの取引数は1,000から1,500でした。

また、ビットコインキャッシュは「Segregated Witness(SegWit)」を採用していません。これは1ブロックあたりの取引数を増やす別の解決策で、取引に関連する情報のみをブロックに保持します。通常、取引に関するすべての詳細はブロック内に保存されます。

ビットコインキャッシュは、ブロックチェーンのブロックサイズを歴史的に増やしてきました。2018年には8MB、2022年6月には32MBに増加しました。

Q
ビットコインキャッシュはまだ利用できるの?
A

ビットコインキャッシュは取引可能です。2023年5月末時点で、ビットコインキャッシュは約1940万枚のコインが流通しており、暗号通貨市場で28位にランクインしています。市場価値は22億ドルで、当時の取引価格は約114.52ドルでした。ビットコインSVは65位で、市場価値が6億5500万ドル強、取引価格が33.99ドルでした。

Q
ビットコインキャッシュは成功しているの?
A

ビットコインキャッシュは、BCHが許可なく、手頃な価格で使えるようにすることで、"世界で最高のマネー"になることを目指して作られました。短期的には、高速で信頼性があり、低手数料のネットワークを提供することに集中しています。しかし、ビットコインキャッシュはより大きなブロックサイズと取引容量を目指していましたが、暗号通貨市場の不安定性があり、広範な消費者採用はまだ見られていません。

Q
ビットコインキャッシュはなぜビットコインより安いの?
A

2023年初めの時点で、ビットコインキャッシュはビットコインの一部の価格で取引されていますが、市場での需要が少ないため取引量もかなり低いです。ビットコインキャッシュは送金手数料が安いので、BTCを使うよりも取引にかかるコストが少なくなります。ただし、ビットコインとビットコインキャッシュの価値は、人々が価値があると考えているからこそ存在します。

Q
ビットコインキャッシュはどこで買えるの?
A

ほとんどの主要な暗号通貨取引所でBCHが提供されています。取引アカウントを設定し、購入に必要な初回預金を行うことで、取引を開始できます。

まとめ

この記事のまとめ

  • ビットコインキャッシュの誕生秘話:
    • ビットコインキャッシュは、2017年8月にビットコインのハードフォークによって生まれました。
  • ビットコインキャッシュの目的は取引の向上:
    • 1ブロック内でより多くの取引ができるように作られ、理論上手数料と取引時間を減少させる目的があります。
  • ビットコインとの共通点:
    • ビットコインキャッシュとビットコインは、いくつかの技術的な類似点を持っています。両方とも同じ合意形成メカニズムを使用し、供給量を2100万コインに制限しています。
  • ビットコインキャッシュの分岐:
    • ビットコインキャッシュ自体も2018年11月にフォークし、ビットコインキャッシュABCとビットコインキャッシュSV(サトシビジョン)に分かれました。
    • 2021年には、ビットコインキャッシュABCが名称をeCashに変更しました。
  • ビットコインキャッシュの現状:
    • ビットコインキャッシュは引き続き取引されていますが、ビットコインの価格の一部でしかなく、まだ広範な消費者による支払い方法としての受け入れは実現していません。

仮想通貨に興味が湧いた方は、まずはコインチェックの口座開設をして、仮想通貨の準備から始めましょう。

スマホで最短1日取引開始までたったの3ステップ

コインチェックで口座開設する

コインチェックのおすすめ理由3つ
4年連続 アプリダウンロード数No.1(2023年1月)
21種類の仮想通貨を取扱い(2023年5月)
  • この記事を書いた人
ponoblog

ともさか

web3関連ライター兼ブロガー。「web3でFIRE」を目指し中。仮想通貨・NFT・メタバース・AIで稼ぐを実験。海外の最新情報を常に追いかけ、初心者にも分かる解説してます。仮想通貨を7桁運用。NFTコレクター。ブログ開始3か月で0→1達成。 ※当ブログで使用している「仮想通貨」は「暗号資産」の事を指します。

-仮想通貨