このページのリンクには広告が含まれています。 仮想通貨

Meme Coin(ミームコイン)とは?初心者でも分かる簡単解説

Meme Coin(ミームコイン)とは?初心者でも分かる簡単解説

ミームコインっていったい何?ミームコインって稼げるの?

ミームコインを買うのにおすすめの取引所はどこ?

この記事ではこのような疑問にお答えます。

本記事の内容

  • ミームコインとは
  • 有名なミームコイン
  • ミームコインは稼げるか

まずはコインチェックの口座開設をして、仮想通貨の準備から始めましょう。

コインチェックのおすすめ理由3つ
4年連続 アプリダウンロード数No.1(2023年1月)
21種類の仮想通貨を取扱い(2023年5月)

スマホで最短1日取引開始までたったの3ステップ

コインチェックで口座開設する

ミームコインとは?

ミームコインとは、キャラクターや個人、動物、アート作品など、模倣できるものにちなんで名付けられた仮想通貨のことを指します。

たとえば、ドージコインやシバイヌコインなどがありますね。

これらは、オンラインで活動する熱心なトレーダーやファンによって支持されていて、基本的には楽しく、軽快な雰囲気を意図しています。

では、どうして重要なのか?これらのコインは、確かに面白いかもしれませんが、非常にリスクが高い投資であり、ほとんど、または全く内在価値を持たない可能性があります。つまり、ミームコインを購入または取引する際には、予期せぬ価格の変動や損失を避けるために、そのリスクを理解することが非常に重要です。

ミームコインは、エンターテインメントとしての価値はあるかもしれませんが、実用性よりも娯楽性が高いと言えます。

投資を検討する際には、そのリスクをしっかりと把握し、慎重に行動することが大切です。

ミームコインの特徴

ミームコインは、アニメのキャラクターや動物のミーム画像などで表されることが多いです。

ドージコインやシバイヌなど、いくつかの通貨はミームコインとして知られています。

また、ボンク、ペペ、フロキ、メメコイン、ベイビードージ、ドージロンマーズなど、あまり知られていない通貨もありますが、これらもかなりの市場価値を持っています。

では、ミームコインの特徴は何かというと、他の暗号通貨と同じように、ブロックチェーン技術に依存しています。これは、暗号通貨や非代替性トークン(NFT)などの仮想資産を追跡するために使用される分散型データベースの一種です。

しかし、ミームコインは大抵の場合、トレーディングのためのツールであり、特定のブロックチェーン機能に関連するユーティリティ(実用性)を持つイーサリアムなどの主要な暗号通貨とは異なります。ビットコイン、イーサリアム、USDコイン、XRP、カルダノ、ソラナ、ポリゴン、ポルカドットなどの主要な暗号通貨は、一般的にミームコインとは見なされません。

つまり、ミームコインは実用性をあまり持たないことが多いです。例えば、イーサリアムのブロックチェーン上で取引を検証するためには、イーサ(ether)が使用されます。一方、ミームコインは他のブロックチェーンを使用することが多く、例えば人気のあるミームコインの一つであるシバイヌは、イーサリアムのブロックチェーン上で動くERC-20トークンです。

ミームコインは面白いかもしれませんが、イーサリアムのような他の暗号通貨とは違い、特定の用途に使われることが少ないのが特徴なんですね。

ミームコインのリスクと変動性

CoinMarketCap(暗号通貨の情報サイト)によると、ミームコインのセクションには1300以上の通貨が掲載されていますが、その中の約9ページ分のコインは実際にはほとんど取引されておらず、事実上価値がありません。

では、どうして重要なのか?

ドージコイン、シバイヌ、ボンク、ペペなど、わずか50種類ほどのコインだけが、ミームカテゴリーで1日に100万ドル以上の取引量を持っています。

これらのコインは、一般的にリスクが高く、価格が大きく変動する取引資産と見なされています。

さらに、メディアや投資の世界の中には、ミームコインを複雑な「ポンプアンドダンプ(価格をつり上げて売り逃げる)」スキームとみなす人もいます。実際、これらのコインはしばしばそのようなものです。しかし、時には単なる冗談として始まったものが、フォロワーや投資を望む人々を引き付けることもあります。

ミームコインは面白いものかもしれませんが、大きなリスクと価格変動を伴うことを理解しておきましょう。。

ミームコインのメリットとデメリット

メリットデメリット
暗号通貨やブロックチェーン技術について学ぶための楽しい資産タイプリスクが高く、価格の変動性も大きい
価値が上がれば利益を得る可能性もあります「ポンプアンドダンプ(価格をつり上げて売り逃げる)」詐欺の疑いがある
活発な投資や取引コミュニティに参加する機会も提供されます

ミームコインのよくある質問

Q
ミームコインをどうやって買うのか?
A

ミームコインを買うには、暗号通貨の取引所を使います。コインベース、ジェミニ、バイナンス、FTX、クラーケンなどの中央集権型取引所では、オンラインマーケットプレイスを通じて他のユーザーと直接取引できます。一方で、パンケーキスワップのような分散型取引所を利用する場合、取引所の外で通貨を保管できる暗号通貨ウォレットが必要になります。

Q
自分でミームコインを作ることはできる?
A

必要な技術的知識があれば、誰でも暗号通貨を作ることは可能です。しかし、コインやトークンを人気のあるミームコインにすることは複雑で、数十回しか成功していません。

Q
最も人気のあるミームコインは何ですか?
A

CoinMarketCapによると、市場資本化でトップ5のミームコインはドージコイン、シバイヌ、ボンク、ペペ、フロキです。

まとめ

この記事のまとめ

  • ミームコインとは、暗号通貨の一種で、非常に投機的な性質を持ち、特定の熱心なオンラインコミュニティに支持されています。
  • ミームコインの例には、ブロックチェーンベースのコインやトークンが含まれ、その中でもドージコインやシバイヌが有名です。
  • ミームコインや他の仮想通貨の取引では、短期間で大きな利益を得たり、大きな損失を被ったりする可能性があります。

まずはコインチェックの口座開設をして、仮想通貨の準備から始めましょう。

スマホで5分取引開始までたったの3ステップ

コインチェックで口座開設する

コインチェックのおすすめ理由3つ
4年連続 アプリダウンロード数No.1(2023年1月)
21種類の仮想通貨を取扱い(2023年5月)
  • この記事を書いた人
ponoblog

ともさか

web3関連ライター兼ブロガー。「web3でFIRE」を目指し中。仮想通貨・NFT・メタバース・AIで稼ぐを実験。海外の最新情報を常に追いかけ、初心者にも分かる解説してます。仮想通貨を7桁運用。NFTコレクター。ブログ開始3か月で0→1達成。 ※当ブログで使用している「仮想通貨」は「暗号資産」の事を指します。

-仮想通貨