このページのリンクには広告が含まれています。 仮想通貨

アルトコインとは?:メリット・デメリット、種類、そして将来性

2024年1月22日

アルトコインとは?:メリット・デメリット、種類、そして将来性

アルトコインって何ですか?

アルトコインへの投資を検討しているのですが、メリットとデメリット、将来性について詳しく知りたい!

この記事ではこのような疑問にお答えます。

本記事の内容

  • Altcoinとは何か?
  • 市場にあるAltcoinの数
  • Altcoinの種類
  • Altcoinの未来

まずはコインチェックの口座開設をして、仮想通貨の準備から始めましょう。

コインチェックのおすすめ理由3つ
4年連続 アプリダウンロード数No.1(2023年1月)
21種類の仮想通貨を取扱い(2023年5月)

スマホで最短1日取引開始までたったの3ステップ

コインチェックで口座開設する

Altcoin(アルトコイン)とは何か?

一般的にアルトコインは、ビットコイン(BTC)以外のすべての仮想通貨を指します。

アルトコインの特徴を見てみましょう。

これらのアルトコインは、ビットコインイーサリアムとは異なる取引の確認方法やブロックチェーンの仕組みを採用しています。

ビットコインやイーサリアムとの差別化を図っているわけです。

アルトコインの多くは、トークンや暗号通貨に対する異なるビジョンや使い道を持った開発者によって設計され、リリースされています。

次から、アルトコインについて詳しく学んでみましょう。

Altcoin(アルトコイン)の仕組み

「アルトコイン」という言葉は、「alternative(代替)」と「coin(コイン)」の2つの単語を組み合わせたものです。

この用語は、ビットコインではないすべての仮想通貨やトークンを含んでいます。

アルトコインは、それぞれ特別に設計されたブロックチェーンに属しています。

多くのアルトコインは、ビットコインやイーサリアムから派生したフォーク(ブロックチェーンの分岐)です。

これらのフォークは、開発者グループの間で意見の不一致が起きた時に多く見られます。

彼らは既存のチェーンとは互換性のない自分たちのコインを作るために離れていきます。

アルトコインの中には、特定のブロックチェーン内で何かを成し遂げるために使われるものもあります。

例えば、イーサリアムの内部で取引手数料を払うために使われる「イーサ」がそれです。

また、ビットコインと競合する支払い方法として再登場したビットコインフォークの開発者もいます。例えば、ビットコインキャッシュなどです。

他のアルトコインは、特定の産業やグループに魅力的なブロックチェーンやトークンを作るために、フォークされたり、ゼロから開発されたりしています。

例として、銀行業界に向けて速い支払いシステムを提供することを目指したリップルがあります。

アルトコインは、それらがフォークされたり、競合する暗号通貨やブロックチェーンの認識された限界を改善しようと試みます。

最初のアルトコインは、2011年にビットコインブロックチェーンからフォークされたライトコインでした。

ライトコインビットコインのSHA-256の作業証明(PoW)合意形態とは異なる、エネルギー消費が少なく、速いScrypt(スクリプト)という合意形態を使用しています。

イーサもまたアルトコインですが、ビットコインからフォークされたわけではありません。

イーサは、ヴィタリック・ブテリン、ギャビン・ウッド博士などによって設計され、世界最大のブロックチェーンベースのスケーラブル仮想マシンであるイーサリアムをサポートするために作られました。

イーサ(ETH)は、トランザクションの検証作業を行うネットワーク参加者への支払いに使用されます。

アルトコインはビットコインとは異なる特徴や目的を持っているんですね。

Altcoin(アルトコイン)の種類

アルトコインにはさまざまな種類があり、それぞれ異なる目的で使われます。以下に、いくつかの主なアルトコインのタイプを紹介します。

  1. 決済トークン 名前が示す通り、決済トークンは通貨として使われます。つまり、価値を交換するために使われるのです。ビットコインがこのタイプの代表例です。
  2. ステーブルコイン 暗号通貨の取引や使用は開始以来、変動が激しいです。ステーブルコインは、その変動を減らすために、価値を法定通貨や貴金属、他の暗号通貨などのバスケットに固定します。このバスケットは、暗号通貨に問題がある場合に持ち主を補償するためのものです。ステーブルコインの価格変動は、狭い範囲にとどまることが目的です。
  3. セキュリティトークン セキュリティトークンは、株式市場で提供されるトークン化された資産です。資産をトークンに変換し、投資家に提供することをトークン化と言います。不動産や株など、どんな資産でもトークン化できます。ただし、これを実現するためには、資産が保護され、保持されている必要があります。セキュリティトークンは証券として機能するように設計されているため、証券取引委員会によって規制されています。
  4. ユーティリティトークン ユーティリティトークンは、ネットワーク内でサービスを提供するために使われます。例えば、サービスの購入、ネットワーク手数料の支払い、報酬の引き換えなどに使われます。イーサリアムでトランザクションの支払いに使われるイーサ(ETH)もユーティリティトークンの一例です。
  5. ミームコイン ミームコインは、ジョークや他の有名な暗号通貨に対するおどけた見方に触発されています。通常、有名なインフルエンサーや投資家による短期間での利益追求のための宣伝によって、急速に人気を集めます。
  6. ガバナンストークン ガバナンストークンは、ブロックチェーン内で特定の権利を持つトークンです。たとえば、プロトコルの変更に対する投票権や、分散型自律組織(DAO)の意思決定における発言権があります。これらは一般的にプライベートブロックチェーンに固有で、ブロックチェーン目的で使用されるため、ユーティリティトークンとして認識されていますが、その目的のために別のカテゴリーとして受け入れられています。

Altcoin(アルトコイン)のメリット・デメリット

まず、アルトコインのメリットについて考えてみましょう。

利点:

  1. 他の暗号通貨の弱点を改善: アルトコインは、元となる暗号通貨の短所を改善することを目指しています。
  2. 生存率が高い: 例えば、イーサリアムイーサのように、より多くの実用性を持つアルトコインは生存率が高くなります。
  3. 選択肢が豊富: 投資家は、さまざまな機能を持つ多くのアルトコインから選ぶことができます。

次に、アルトコインの欠点を見てみましょう。

欠点:

  1. 人気と市場規模が小さい: アルトコインの投資市場はビットコインに比べて小さく、2021年5月以降、ビットコインは常にグローバルな暗号通貨市場の40%以上を占めています。
  2. 流動性が低い: アルトコイン市場は、投資家が少なく、活動も少ないため、流動性が低くなります。
  3. 利用例が難しい: 異なるアルトコインとそれぞれの利用ケースを区別するのは簡単ではなく、投資判断を複雑かつ混乱させることがあります。
  4. 多くのアルトコインが失敗: いくつかの「死んだ」アルトコインは、投資家の資金を消耗しました。

これで、アルトコインの良い点と悪い点についての基本的な理解が深まったはずです。アルトコインは魅力的な選択肢ですが、投資する際には注意が必要ですね。それぞれのアルトコインが持つ特性や市場の状況をよく理解して、慎重に判断することが大切です。

Altcoin(アルトコイン)の未来

アルトコインの未来を考えるには、過去を振り返ることが大切です。19世紀にアメリカで連邦政府が発行したドルについて考えてみましょう。その当時、アメリカでは様々な地域通貨が流通していました。それぞれが独自の特徴を持ち、異なるものに支えられていました。そして、地方の銀行も、時には架空の資金によって通貨を発行していたんです。

これは、現在のアルトコイン市場に似ています。今日の市場には何千ものアルトコインが存在し、それぞれが異なる目的や市場にサービスを提供すると主張しています。

しかし、この多様なアルトコイン市場が一つの暗号通貨に集約されることは考えにくいです。同時に、市場にリストされている何千ものアルトコインの大部分が生き残ることも難しいでしょう。アルトコイン市場は、強力な実用性、使用事例、しっかりとしたブロックチェーン目的を持つ多くのアルトコインを中心に統合される可能性が高いです。

暗号通貨市場に分散投資を考えているなら、アルトコインはビットコインよりも安価かもしれません。しかし、コインの種類にかかわらず、暗号通貨市場はまだ若く、変動が激しいです。暗号通貨はまだ世界経済での役割を見つけている途中ですから、すべての暗号通貨に対して慎重なアプローチを取ることがベストです。

Altcoin(アルトコイン)のよくある質問

Q
有名なアルトコイントップ3は何ですか?
A

市場シェアの割合では、トップ3のアルトコインはETH(イーサリアム)、USDT(テザー)、そしてBNB(バイナンスコイン)です。

まとめ

この記事のまとめ

  • Altcoinとは何か?
    • Altcoinは、ビットコインとイーサリアムを除く全ての暗号通貨を指します。
  • 市場にあるAltcoinの数
    • 市場には、何万ものAltcoinが存在します。
  • Altcoinの種類
    • Altcoinにはいくつかの種類があり、それぞれ異なる目的で設計されています。
  • Altcoinの未来
    • Altcoinの将来を予測することは不可能です。
    • ただし、それらが設計されたブロックチェーンが引き続き使用され、開発される限り、Altcoinも存在し続けるでしょう。

まずはコインチェックの口座開設をして、仮想通貨の準備から始めましょう。

スマホで最短1日取引開始までたったの3ステップ

コインチェックで口座開設する

コインチェックのおすすめ理由3つ
4年連続 アプリダウンロード数No.1(2023年1月)
21種類の仮想通貨を取扱い(2023年5月)
  • この記事を書いた人
ponoblog

ともさか

web3関連ライター兼ブロガー。「web3でFIRE」を目指し中。仮想通貨・NFT・メタバース・AIで稼ぐを実験。海外の最新情報を常に追いかけ、初心者にも分かる解説してます。仮想通貨を7桁運用。NFTコレクター。ブログ開始3か月で0→1達成。 ※当ブログで使用している「仮想通貨」は「暗号資産」の事を指します。

-仮想通貨