このページのリンクには広告が含まれています。 仮想通貨

【初心者向け】仮想通貨の基礎と投資のメリット・デメリットを解説

2024年2月3日

【初心者向け】仮想通貨の基礎と投資のメリット・デメリットを解説

仮想通貨って実際にお金として使えるの?

「暗号資産に投資するメリットって何?リスクは?」

この記事ではこのような疑問にお答えます。

本記事の内容

  • 暗号資産とは
  • ブロックチェーンの影響
  • 暗号資産の利点
  • 暗号資産の欠点

仮想通貨に投資する前に知っておくべきことをまとめました。

まずはコインチェックの口座開設をして、仮想通貨の準備から始めましょう。

コインチェックのおすすめ理由3つ
4年連続 アプリダウンロード数No.1(2023年1月)
21種類の仮想通貨を取扱い(2023年5月)

スマホで最短1日取引開始までたったの3ステップ

コインチェックで口座開設する

仮想通貨とは?

仮想通貨は、暗号技術によって保護されたデジタル通貨です。

この技術のおかげで、偽造したり、二重に使ったりすることはほぼ不可能になります。

ほとんどの仮想通貨は、ブロックチェーン技術を使用した分散型ネットワーク上に存在しています。

ブロックチェーン技術とは、多くのコンピューターのネットワークによって強化された、分散型の帳簿のことを指します。

仮想通貨の特徴の一つは、中央当局によって発行されていないことです。

これは、政府の干渉や操作を受けないことを意味します。

誰かが管理するのではなく、世界中の多くのコンピューターが支えているため、より自由で公平な取引が期待できるのです。

仮想通貨の仕組み

ブロックチェーン技術

暗号通貨の魅力と機能の核心にあるのが、ブロックチェーン技術です。ブロックチェーンとは、インターネット上の台帳に似たもので、情報のブロックが連なっている形をしています。各ブロックには、独立して検証された取引のセットが含まれています。新しいブロックが生成されるたびに、そのブロックはネットワーク上の検証者によって検証され、取引の歴史を偽造することがほぼ不可能になっています。オンライン台帳の内容は、その台帳を維持するコンピューターのネットワークによって合意される必要があります。

ブロックチェーン技術の応用

専門家によると、ブロックチェーン技術は多岐にわたる産業やサプライチェーン、オンライン投票やクラウドファンディングなどのプロセスに利用できます。例えば、JPMorgan Chase & Co.(JPM)のような金融機関が、支払い処理を効率化することで取引コストを下げるためにブロックチェーン技術を使用しています。

このように、暗号通貨とブロックチェーン技術は、安全なオンライン支払いを可能にし、さまざまな業界での革新を促進しています。

仮想通貨の種類

暗号通貨には、いろいろな種類があります。それぞれの暗号通貨は、特定の目的のために作られています。例えば、イーサリアムの「イーサ」は、取引を確認したり、ブロックを開くための支払いとして使われるように設計されています。そして、2022年9月にブロックチェーンが「プルーフ・オブ・ステーク」に移行したとき、イーサはブロックチェーンのステーキング機能としての新しい役割も担うようになりました。

リップルのXRPは、異なる地域間の送金を助けるために、銀行が使用することを目的として設計されています。

暗号通貨を理解することの重要性

市場にはたくさんの暗号通貨があるため、それぞれの種類を理解することが大切です。あなたが見ているコインが目的を持っているかどうかを知ることは、投資する価値があるかどうかを判断するのに役立ちます。目的を持った暗号通貨は、使用目的がないものよりもリスクが低い可能性があります。

暗号通貨の種類とその例

暗号通貨の種類について話すとき、通常はコインの名前が出てきます。しかし、コインの名前とコインの種類は異なります。ここにいくつかの種類と、そのカテゴリーに属するトークンの名前を紹介します。

  • ユーティリティ:XRPとETHは、ユーティリティトークンの例です。それぞれのブロックチェーン上で特定の機能を果たします。
  • トランザクショナル:支払い方法として使われるトークン。ビットコインが最も有名です。
  • ガバナンス:ブロックチェーン上での投票や他の権利を表すトークン、例えばユニスワップなど。
  • プラットフォーム:ブロックチェーンを使用するアプリケーションをサポートするトークン、例えばソラナなど。
  • セキュリティトークン:資産の所有権を表すトークン、例えばトークン化された株式(ブロックチェーンに移行された価値)。MSトークンは、セキュリティトークンの一例です。これを購入すると、ミレニアムサファイアの一部の所有権を得ることができます。

これらのカテゴリーに当てはまらない暗号通貨を見つけたら、新しいカテゴリーを発見したか、それが正当なものであるかを調べる必要があるかもしれません。

暗号通貨は法的に認められているのか?

暗号通貨は、公的機関や私的機関によって価値が裏打ちされているわけではありません。そのため、世界中の異なる金融管轄区域で、暗号通貨の法的地位について明確にするのが難しかったんです。さらに、暗号通貨は主に、既存の金融インフラの外で機能してきました。これが、状況をさらに複雑にしています。

つまり、暗号通貨が法的に認められているかどうかは、世界のどの国や地域によっても異なるということです。暗号通貨は新しいタイプのお金であり、その法的な扱いについてはまだ発展途上なんですね。

アメリカ

アメリカでは、仮想通貨の使い方や売買に関するルールが、少しずつ決まってきています。

アメリカでは、仮想通貨を使った取引や売買は、特定のルールに従う必要があるんです。2019年6月には、国際的な組織である金融活動作業部隊(FATF)が、仮想通貨の送金についても、通常の銀行振込と同じように、ルールを守る必要があると勧告しました。これには、マネーロンダリング防止のルールが含まれます。

2023年7月、アメリカの裁判所は、仮想通貨が機関投資家によって買われるときは「証券」とみなされるけど、一般の人が取引所で買った場合はそうではないと判断しました。仮想通貨のファンにとっては、これは勝利のようなものです。

でも、仮想通貨取引所や、機関投資家向けのコインの売り出しは、SEC(証券取引委員会)によって規制されています。つまり、アメリカでは仮想通貨は合法ですが、徐々に規制が強まっているという状況です。

アジア

アジアの国々では、ビットコインやその他の暗号資産(仮想通貨)に対する取り扱いがさまざまです。ここでは、日本、中国、インドの3国に焦点を当て、それぞれの国がどのように暗号資産を扱っているかを見ていきましょう。

まず、日本では、ビットコインは「法的な財産」として定義されています。これは、日本の「資金決済法」によって定められているものです。日本で暗号資産の取引所を運営する場合、顧客についての情報や送金に関する詳細を集めることが義務付けられています。つまり、日本ではビットコインをはじめとする暗号資産を合法的に扱うことができ、安全な取引を促進するためのルールが設けられています。

次に、中国の状況を見てみましょう。中国では、暗号資産の交換所や取引、さらにはマイニング(新しい暗号資産を生成するプロセス)が禁止されています。しかし、中国は中央銀行デジタル通貨(CBDC)を持っています。このCBDCは、政府が支援しているデジタル形式の通貨で、従来の暗号資産とは異なるものです。中国政府は、国内での暗号資産の使用を制限しつつも、自らが管理するデジタル通貨の発展を進めています。

最後に、インドのケースを見てみましょう。インドでは、暗号資産に関する具体的な法律はまだ成立していませんが、それが制定されるまで、暗号資産は違法ではないとされています。このため、インドでは交換所が自由に暗号資産を提供することができます。インド政府は暗号資産に関する枠組みを検討していると報じられていますが、具体的な法律が施行されるまでは、現状のように比較的自由な状態が続くことになります。

ヨーロッパ

ヨーロッパでは、暗号資産(仮想通貨)は合法です。しかし、暗号資産を使った派生商品や他の商品を提供するには、「金融商品」としての資格が必要になります。2023年6月には、ヨーロッパ連合(EU)で大きな変化がありました。ヨーロッパ委員会が「暗号資産市場に関する規制」(MiCA)を実施したのです。この法律は、暗号資産を使って金融サービスを提供する企業や業者に対して、安全な取引を保証するためのルールや規制を設けています。

このMiCA規制によって、ヨーロッパで暗号資産を扱う際のルールが明確になりました。企業や業者は、顧客を守り、透明な取引を行うために、この新しい法律に従わなければなりません。これにより、暗号資産を使った金融サービスがより安全に、そして信頼できるものになることが期待されています。

この規制は、暗号資産をより広く受け入れるための重要な一歩です。ヨーロッパでは、暗号資産が合法でありながらも、安全で信頼できる取引のためのルールが設けられていることがわかります。これによって、暗号資産を使いたい人や企業は、どのような規制があるのかを理解し、安心して取引を行うことができるようになります。

簡単に言えば、ヨーロッパでは暗号資産が合法であり、新しいMiCA規制によって、暗号資産を使ったサービスを提供する企業や業者は、安全な取引のためのルールに従う必要があります。これは、暗号資産を使う人々にとって、より安心して取引を行える環境が整ったことを意味しています。

暗号資産(仮想通貨)は安全な投資か

暗号資産(仮想通貨)は、安全な投資かどうかという話題にはさまざまな意見があります。暗号資産は不安定な投資という評判を持っており、これは詐欺、ハッキング、バグ、そして価格の変動性が原因で多くの投資家が損失を被ったためです。暗号化技術やブロックチェーン自体は一般的に安全ですが、暗号資産の使用や保管の技術的な複雑さが、新しいユーザーにとって大きな危険をもたらす可能性があります。

暗号資産に投資する際には、投機的資産に関連する市場リスクのほかに、以下のリスクを認識しておくべきです。

  • ユーザーリスク:伝統的な金融と異なり、送信後に暗号資産の取引を取り消したり、逆転させる方法はありません。推定では、すべてのビットコインの約5分の1が、パスワードの紛失や送信先アドレスの誤りにより、今ではアクセス不可能になっています。
  • 規制リスク:一部の暗号資産の規制状況はまだ明確ではなく、多くの政府がそれらを証券、通貨、またはその両方として規制しようとしています。突然の規制強化が発生すると、暗号資産の売却が難しくなったり、市場全体の価格が下落する可能性があります。
  • 第三者リスク:多くの投資家や商人は、暗号資産を保管するために取引所や他の保管業者に依存しています。これらの第三者による盗難や損失が発生すると、投資全体を失う可能性があります。
  • 管理リスク:一貫した規制が欠如しているため、欺瞞的または非倫理的な管理実践に対する保護はほとんどありません。多くの投資家が、製品の提供に失敗した管理チームに大金を失っています。
  • プログラミングリスク:多くの投資および貸付プラットフォームは、ユーザーの預金の動きを制御するために自動化されたスマートコントラクトを使用しています。これらのプラットフォームを使用する投資家は、これらのプログラムのバグやエクスプロイトによって投資を失うリスクを負います。
  • 市場操作:市場操作は暗号資産において依然として大きな問題です。影響力のある人物、組織、取引所が不正に行動しています。

これらのリスクにもかかわらず、暗号資産は大きな価格上昇を見せ、総市場価値は約1.2兆ドルに上がりました。

投資の性質が投機的であるにもかかわらず、初期段階の暗号資産に投資するリスクを負った人々の中には、大きな財産を築いた人もいます。これらの情報を踏まえると、暗号資産への投資は慎重に考え、リスクを理解した上で行うべきです。これにより、投資家は自分の投資が直面する可能性のある危険をよりよく理解し、賢明な投資決定を下すことができます。

仮想通貨のメリット・デメリット

暗号資産(仮想通貨)は、金融インフラを革新する目的で導入されました。しかし、すべての革命のように、暗号資産もまた利点と欠点があります。現在の暗号資産の発展段階では、理想的な分散型システムとその実際の運用との間には、多くの違いがあります。

メリットデメリット
単一障害点の除去:暗号資産は分散型であるため、一箇所の障害が全体のシステムに影響を与えることが少なくなります。取引が擬似匿名性:取引は擬似匿名で行われるため、ユーザーの正体を特定することが難しい場合があります。
第三者の排除:取引に第三者が不要になるため、手数料が削減され、プロセスがスムーズになります。犯罪利用の可能性:擬似匿名性が犯罪行為に利用される可能性があります。
資金の移動が容易:当事者間での資金移動が容易になり、迅速かつ簡単に行えます。高度に中央集権化されている:理論上は分散型であるにもかかわらず、実際には多くの暗号資産が中央集権化されています。
収益生成の可能性:投資として利用することで収益を生み出すことができます。ネットワーク参加と収益化のコストが高い:ネットワークに参加し、収益を得るためのコストが高くなることがあります。
送金の効率化:海外への送金がより簡単かつ効率的に行えます。オフチェーンのセキュリティ問題:ブロックチェーン外のセキュリティ問題が発生することがあります。
価格の大きな変動性:暗号資産の価格は非常に変動しやすく、投資リスクが高くなります。

メリット

暗号資産は、新しい分散型のお金のパラダイムを代表しています。このシステムでは、銀行や金融機関のような中央集権的な仲介者が、二者間の取引の信頼を確保し監視する必要がありません。したがって、暗号資産を用いたシステムは、大手金融機関が引き起こす可能性のある一連の世界的な危機(2008年に米国の大手投資銀行の失敗によって引き起こされたものなど)のような、単一障害点の可能性を排除します。

暗号資産は、銀行やクレジットカード会社のような信頼できる第三者を必要とせずに、二者間で直接資金を移動させることを容易にします。このような分散型の移転は、公開鍵と秘密鍵の使用や、プルーフ・オブ・ワークやプルーフ・オブ・ステークなどの異なる形式のインセンティブシステムによって保護されます。

第三者の仲介者を使用しないため、暗号資産による二者間の転送は、標準的なお金の転送よりも速くなる可能性があります。分散型金融におけるフラッシュローンは、このような分散型転送の優れた例です。これらのローンは、担保なしで処理され、秒単位で実行可能であり、取引に使用されます。

暗号資産への投資は利益を生み出すことができます。過去10年間で暗号資産市場の価値は急上昇し、約2兆ドルに達しました。2023年11月時点で、ビットコインは暗号資産市場で6800億ドル以上の価値があります。

暗号資産の最も顕著な使用例の一つが、送金経済のテストです。ビットコインなどの暗号資産は、国境を越えた送金を効率化するための中間通貨として機能します。したがって、あるフィアット通貨はビットコイン(または他の暗号資産)に変換され、国境を越えて転送され、その後、第三者の関与なしに目的地のフィアット通貨に再変換されます。

デメリット

暗号資産は、新しい分散型のお金のシステムを代表しています。このシステムでは、銀行や金融機関のような中央集権的な仲介者が不要になります。これによって、二者間の取引に信頼をもたらし、単一障害点の可能性を排除します。たとえば、2008年にアメリカの大手投資銀行の失敗が引き起こしたような、大規模な金融機関が世界的な危機を引き起こすことがありません。

暗号資産は、銀行やクレジットカード会社のような信頼できる第三者を必要とせずに、二者間で直接資金を移動することを可能にします。このような分散型の転送は、公開鍵と秘密鍵、そしてプルーフ・オブ・ワークやプルーフ・オブ・ステークなどのインセンティブシステムによって保護されます。

第三者の仲介者を使わないため、暗号資産による転送は標準的なお金の転送よりも速くなることがあります。分散型金融のフラッシュローンは、このような分散型転送の優れた例です。これらのローンは担保なしで処理され、秒単位で実行され、取引に使用されます。

暗号資産への投資は利益を生み出す可能性があります。過去10年間で、暗号資産市場の価値は急激に上昇し、ほぼ2兆ドルに達しました。2023年11月時点で、ビットコインは暗号資産市場で6800億ドル以上の価値があります。

送金経済は、暗号資産の最も目立った使用例の一つを試しています。ビットコインなどの暗号資産は、国境を越えた送金を効率化するための中間通貨として機能します。つまり、あるフィアット通貨はビットコイン(または他の暗号資産)に変換され、国境を越えて転送され、その後、第三者の介入なしに目的地のフィアット通貨に再変換されます。

しかし、暗号資産ブロックチェーンは非常に安全である一方で、取引所やウォレットなどのオフチェーンの暗号関連キー保管リポジトリはハッキングされる可能性があります。年間を通じて多くの暗号資産取引所やウォレットがハッキングされ、時には数百万ドル相当のコインが盗まれることもあります。

公開市場で取引される暗号資産は価格の変動が激しく、投資には正確な価格監視が必要です。たとえば、ビットコインは価値の急激な上昇と下落を経験し、2021年11月には約65,000ドルに達したものの、その1年半後には20,000ドルをわずかに超えるまでに下落しました。

その結果、多くの人々は暗号資産を一過性の流行または投機的な泡と考えています。

仮想通貨のよくある質問

Q
暗号資産の購入方法は?
A

暗号資産は、コインチェックなどの人気の暗号資産取引所、Cash Appなどのアプリ、またはブローカーを通じて購入することができます。また、CMEのビットコイン先物などの金融派生商品や、ビットコイン信託、ETFなどの他の金融商品を通じて投資する方法も人気があります。

Q
暗号資産の目的は何ですか?
A

暗号資産は、お金のための新しいパラダイムです。既存の金融アーキテクチャを合理化し、より速く、より安価にすることを約束しています。さらに、その技術とアーキテクチャは既存の通貨システムを分散化し、取引する当事者が銀行などの中間機関を介さずに、価値やお金を交換することを可能にします。

Q
人気のある暗号資産は何ですか?
A

ビットコインが最も人気のある暗号資産であり、その後にEthereum、Binance Coin、Solana、Cardanoなどの他の暗号資産が続きます。

まとめ

この記事のまとめ

  • 暗号資産とは:多数のコンピューターに分散されたネットワークに基づくデジタル資産の一形態です。この分散型構造により、政府や中央権力の管理を離れて存在することができます。
  • ブロックチェーンの影響:一部の専門家は、ブロックチェーンや関連技術が金融や法律を含む多くの産業に大きな変革をもたらすと考えています。
  • 暗号資産の利点
    • 送金が安価で速い
    • 単一障害点で崩壊しない分散型システム
  • 暗号資産の欠点
    • 価格の変動性が高い
    • マイニング活動に伴う高いエネルギー消費
    • 犯罪活動での使用

まずはコインチェックの口座開設をして、仮想通貨の準備から始めましょう。

スマホで5分取引開始までたったの3ステップ

コインチェックで口座開設する

コインチェックのおすすめ理由3つ
4年連続 アプリダウンロード数No.1(2023年1月)
21種類の仮想通貨を取扱い(2023年5月)
  • この記事を書いた人
ponoblog

ともさか

web3関連ライター兼ブロガー。「web3でFIRE」を目指し中。仮想通貨・NFT・メタバース・AIで稼ぐを実験。海外の最新情報を常に追いかけ、初心者にも分かる解説してます。仮想通貨を7桁運用。NFTコレクター。ブログ開始3か月で0→1達成。 ※当ブログで使用している「仮想通貨」は「暗号資産」の事を指します。

-仮想通貨