このページのリンクには広告が含まれています。 NFT

【初心者向け】NFTアートの作り方から販売までをわかりやすく解説

2023年2月23日

【初心者向け】NFTアートの作り方から販売までをわかりやすく解説

NFTアートの作り方から販売までの方法を知りたい!

こんな要望にお答えします。

本記事の内容

  • NFTがアートの世界で重要である理由
  • NFTアートの作り方6ステップ
  • NFTアートに関するよくある質問

NFTは、音楽やビデオ、ツイートやデジタルアートなど、あらゆるものを表現できるユニークなデジタル資産です。

アーティストとして、NFTアートを制作・販売することは、自分の作品を展示し、才能を収益化するための新効果的な方法となります。

この記事では、NFTを50種以上収集し、自らもNFTアートを作成しているポノが、独自のNFTアートを作成する手順を説明します。

適切なツールやプラットフォームの選択から、NFTとしての作品のミント・販売まで、幅広くご紹介します。

【NFTアートを始めるには】

NFTアートを作って販売するには仮想通貨が必要になります。

コインチェックの口座開設をして、仮想通貨を準備しましょう。

\たったの5分で申請完了!無料でできます!/

コインチェックで口座開設する

NFTとは?

NFTとは、ブロックチェーン技術を使用して所有権と真正性を証明するデジタルトークンです。

アート作品から音楽、ツイートまであらゆるものを表現できます。

アーティストが作品を収益化する新しい方法として近年爆発的に人気が高まっていますね。

なぜNFTがアートの世界で重要なのか?

NFTは、ギャラリーやオークションハウスを介さずにコレクターに直接作品を販売する新しい方法をアーティストに提供し、従来のアート界を完全に混乱させました。

また、従来の美術品販売では不可能だった、作品の販売から継続的にロイヤリティを受け取る方法をアーティストに提供します。

アート界におけるNFTの重要性を理解したところで、さっそくNFTアートの制作に取りかかりましょう。

NFTアートの作り方

作り方6ステップ

  • コンセプトの選択
  • NFTアートの制作
  • 作品をデジタル形式に変換する
  • NFTをmint(ミント)する
  • NFTを販売するために出品する
  • NFTを宣伝する

①コンセプトの選択

NFTアート制作の最初のステップは、コンセプトを決めることです。

  • デジタルドローイング、イラストレーション
  • 3Dモデル、アニメーション
  • 写真とデジタルコラージュ
  • ジェネレーティブアートとアルゴリズム
  • オーディオと音楽

絵画、デジタルドローイング、写真など、どのようなタイプのアートでもかまいません。

重要なのは、ユニークでオリジナルなものを作ることです。

②NFTアートの制作

コンセプトが決まったら、いよいよ作品制作です。

伝統的なアーティストであれば、絵の具や鉛筆など、自分の好きなメディアを使って作品を作ることができます。

デジタルアーティストの場合は、Adobe PhotoshopやProcreateなどのソフトウェアを使ってアートワークを作成します。

③作品をデジタル形式に変換する

アートワークをNFTに変換するためには、デジタルフォーマットに変換する必要があります。

従来のアーティストであれば、スキャナーやデジタルカメラを使って、また、デジタルアート作品をJPEGやPNGなどのファイル形式で保存することで変換できます。

④NFTをMINT(ミント)する

アートワークをデジタル形式で保存したら、いよいよNFTをミントする番です。

ミンティングとは、イーサリアムなどのブロックチェーン・ネットワーク上で一意のトークンを作成するプロセスです。

このトークンはアートワークを表し、所有権と真正性を確認します。

NFTの造幣・販売に使用するNFTプラットフォームを選択する必要があります。

NFTのマーケットプレイスには、次のような人気のあるものがあります。

  • OpenSea
  • Niftyゲートウェイ
  • SuperRare
  • Rarible

プラットフォームを選択したら、NFTを造幣する番です。

NFTを造幣するためには、選択したプラットフォームの特定のガイドラインに従う必要があります。

一般的には、アートワークのアップロード、エディションサイズ(NFTの販売部数)の選択、各コピーの価格設定が必要です。

また、プラットフォームによって異なりますが、NFTを造幣するための手数料を支払う必要があります。

⑤NFTを販売するために出品する

NFTが鋳造されたら、マーケットプレイスで販売することができます。

NFTの価格を設定する必要があり、マーケットプレイスは販売額の一定割合を手数料として受け取ります。

⑥NFTを宣伝する

NFTの販売機会を最大化するためには、ソーシャルメディアやその他のチャネルで宣伝することが重要です。

また、NFTのコミュニティに参加し、購入希望者と関わることで、作品への関心を高めることができます。

NFTアートに関するよくある質問

Q
NFTアートで儲けることはできますか?
A

はい、NFTを作成して販売したり、既存のNFTを購入して、値上がりによる価格差で稼ぐことができます。

ただし、NFTの価値は非常に不安定で投機的なため、よく調べて賢く投資することが重要です。

Q
NFTアートとして販売するのに十分な価値があるか、どう判断すればよいか?
A

作品は完璧である必要はありません。最終的に、NFTの価値は、誰かがその作品にいくら支払ってくれるかによって決まります。

Q
NFTを複数のプラットフォームで販売することは可能ですか?
A

同じNFTを複数のプラットフォームで販売することは推奨されません。

まとめ

AIの進歩により誰でも手軽にアート作品を作れるようになってきましたね。

素人でも簡単にNFTアートを出品できる時代になってきたわけです。

興味を持った方はまずはコインチェックの口座開設とメタマスクの作成から始めてみてはいかがでしょうか。

\たったの5分で申請完了!無料でできます!/

コインチェックで口座開設する

  • この記事を書いた人
ponoblog

ともさか

web3関連ライター兼ブロガー。「web3でFIRE」を目指し中。仮想通貨・NFT・メタバース・AIで稼ぐを実験。海外の最新情報を常に追いかけ、初心者にも分かる解説してます。仮想通貨を7桁運用。NFTコレクター。ブログ開始3か月で0→1達成。 ※当ブログで使用している「仮想通貨」は「暗号資産」の事を指します。

-NFT