このページのリンクには広告が含まれています。 NFT

NFTの保管方法:あなたのNFTを安全かつ効果的に守るために

2024年1月3日

NFTの保管方法:あなたのNFTを安全かつ効果的に守るために

NFTって盗まれるって本当?

安全な保管方法を教えて!

この記事ではこのような疑問にお答えます。

本記事の内容

  • NFTの保管方法
  • NFT購入・保管手順
  • NFTウォレットの設定方法
  • NFTウォレットの種類
  • NFTウォレットの費用
  • NFTウォレットの選び方

NFTを始める方はコインチェックの口座開設をして、仮想通貨の準備から始めましょう。

コインチェックのおすすめ理由3つ
4年連続 アプリダウンロード数No.1(2023年1月)
21種類の仮想通貨を取扱い(2023年5月)

スマホで最短1日

取引開始までたったの3ステップ

コインチェックで口座開設する

NFTの保存方法

NFTとは、唯一無二のものとして証明されたデジタルデータのことです。

NFTを買った後は、どこかに保存する必要があります。

そこで必要になるのがNFTウォレットです。

NFTをウォレットに保存するまでの流れは以下の通りです。

  • ステップ1:OpenSeaのようなNFTマーケットプレイスで、欲しいNFTを探します。マーケットプレイスは、人々がNFTを買ったり売ったりする場所です。
  • ステップ2:自分のデバイスのアプリストアからNFTウォレットをダウンロードします。ダウンロードするウォレットが、買いたいNFTに対応しているか確認してください。例えば、SolanaのNFTはメタマスクでは使えない場合があります。
  • ステップ3:選んだマーケットプレイスにウォレットを接続します。ほとんどのNFTマーケットプレイスは、WalletConnect機能で簡単にウォレットを接続できます。
  • ステップ4:ダミーの取引をして、購入時にかかるガス代(取引手数料)を確認します。ガス代が足りないと、NFTを取得できないため、このステップは重要です。
  • ステップ5:正しいガス代をウォレットに持っていることを確認します。足りなければ、必要なガス代(と少し余分に)をウォレットに送り、購入ボタンを押します。
  • ステップ6:ウォレットにNFTが入っていることを確認し、購入が完了したことを確認します。

NFTウォレットの設定方法

NFTウォレットを設定するのは、仮想通貨ウォレットを設定するのと同じです。

その手順を簡単に説明しましょう。

  1. NFTウォレットのダウンロード まず、好きなNFTウォレットをダウンロードまたは購入します。
  2. プロファイルの設定 次に、プロファイルを設定します。ホットウォレット(インターネットに接続されているウォレット)を選んだ場合は、KYC(Know Your Customer:本人確認)プロトコルに従って設定します。プロファイルを完了するために必要な書類は通常、以下のものです。
    • 政府発行のID(身分証明書)
    • ウォレット内の自撮り写真
    • 住所証明(公共料金の請求書のコピーなど)

コールドウォレット(インターネットに接続されていないウォレット)は通常、本人確認を必要としません。

なので、本人確認は嫌だな…という方に適しています。

コールドウォレットを設定するには、デバイスに接続して構成します。

  1. 個人情報の提供 初めてホットNFTウォレットを使う場合、KYC目的で基本的な個人情報を提出する必要があります。金融サービスを提供する企業は、法的な理由から、またウォレットを使う悪い人を特定するために、KYC手続きを実施しなければなりません。NFTウォレット会社は通常、個人情報を識別以外の目的には使いません。提供する必要がある個人情報には以下のものが含まれます。
    • 名前と苗字
    • 住所
    • 生年月日
    • 電話番号
    • メールアドレス

特に電話番号とメールアドレスは正しい情報を入力することが大切です。

この情報は二段階認証にも使われるからです。

以上がNFTウォレットを設定するための基本的な手順です。

安全にNFTを楽しむために、これらのステップをしっかりと踏みましょう。

ウォレットの種類

「ウォレット」には、大きく分けて二種類があります。

ホットウォレット

まず、「ホットウォレット」です。

これは、インターネットに常に接続されているデジタルウォレットで、頻繁に取引を行いたい人にとって便利です。

このウォレットは、ダウンロードすれば使えます。

さらに、買ったNFTを無料で保管できるのが利点です。

ただし、常にインターネットに繋がっているため、ハッキングやサイバー攻撃を受けやすく、セキュリティ面では「コールドウォレット」よりも劣ると言えます。

コールドウォレット

次に、「コールドウォレット」です。

これは、物理的なデバイスで、インターネットから切り離された場所にデジタル資産を保管します。

これにより、無許可のアクセスから守ることができます。

プライベートキー(ウォレットの秘密の鍵)はデバイス内にのみ保管されるので安心です。

高価なNFTや、観賞用NFTを保管するのに最適です。

セキュリティ面では、プライベートキーまたはコールドストレージデバイスを失うと、ウォレット内のNFTを取り戻すことができなくなる可能性があります。

コールドウォレットは物理的なデバイスを購入する必要があります。

NFTウォレットの価格

NFTウォレットには、大きく分けて「ホットウォレット」と「コールドウォレット」の2種類があります。

ホットウォレットはインターネットに接続されているのが最大の特徴です。

ネット接続している分、使いやすいですが、セキュリティの面では少し心配です。

ホットウォレットは無料で使えるのが特徴です。

なお、NFTを買ったり売ったりする時には、その取引のための料金が別途必要になりますのでご注意を。

一方で、コールドウォレットはインターネットから切り離されているため、安全です。

金庫にしまってるイメージですね。

ただし、このコールドウォレットは有料です。価格は15,000円から45,000円ほどします。

そして、大切なのは、すべてのコールドウォレットがNFTに対応しているわけではないということ。

購入時はそのモデルがNFTに対応しているかどうかをしっかりと確認しましょう。

NFTウォレットを選ぶときに考えるべきこと

NFTウォレットを選ぶときに大切なことがいくつかあります。

  1. 安全性:NFTウォレットを選ぶときに大切なのは安全性です。パスコードや二段階認証のようなロックが付いているウォレットを選びましょう。
  2. 使いやすさ:使いやすいインターフェースのウォレットを選びましょう。特に初心者の方は、NFTを一目で見ることができ、探しやすいウォレットがおすすめです。
  3. 接続性:ウォレットがスマートフォンやパソコンのソフトウェアと簡単につながるかも大事な点です。これにより、NFTの取引がスムーズになります。
  4. 設定時間:ほとんどの「ホットウォレット」は5分から10分で設定できます。本人確認手続きに少し時間がかかることもあります。「コールドウォレット」は設定にもっと時間がかかりますが、安全です。
  5. 手数料:ホットウォレットは基本無料ですが、NFTの送付や売買時は手数料がかかります。
  6. カスタマーサポート:ウォレットを選ぶときは、困ったときにすぐサポートセンターに相談できるか確認しておきましょう。
  7. 保存と管理:自分だけがNFTにアクセスできるコールドウォレットが一番安全です。ホットウォレットは取引が早いですが、セキュリティのリスクがあります。

これらのポイントを考えながら、自分に合ったNFTウォレットを選びましょう。

よくある質問

Q
NFTとは何ですか?
A

NFT(ノンファンジブルトークン)は、ブロックチェーンネットワーク上のトークンによって支えられた、唯一無二のデジタルアートや物理的な資産の表現です。

Q
NFTはどのように機能しますか?
A

NFTを所有するためには、それを支えるトークンを購入する必要があります。ほとんどのNFTは暗号通貨で売られており、これはNFTのブロックチェーンに依存します。例えば、イーサリアムブロックチェーン上のNFTは、イーサリアムコインであるEther(ETH)で購入されます。NFTは、組織の運営への参加権や、保持して売ることによる収益のチャンスなど、特別な所有者権利を与えることがあります。

まとめ

この記事のまとめ

  • NFTの保管方法
  • NFTの保管は簡単: 経験があれば特に、暗号通貨ウォレットと同様にNFTを保管することができます。
  • NFTウォレットの利用: NFTウォレットは、NFTをサポートするように修正された暗号通貨ウォレットです。
  • IPFSの利用: プロジェクト作成者は、IPFS(InterPlanetary File System)を使ってNFTを保管することもあります。
  • NFT購入・保管手順
  • 市場を検索: 特定のNFTがなければ、OpenSeaなどの市場でNFTを探します。
  • ウォレットのダウンロード: 対応するNFTウォレットをアプリストアからダウンロードします。
  • 市場との接続: WalletConnect機能を使って、市場にウォレットを簡単に接続します。
  • ダミー取引: ガス料金を確認するためにダミー取引を行います。
  • ガス料金の確認: 正しいガス料金を持っていれば、NFTを購入できます。
  • ウォレット内のNFT確認: ウォレットにNFTがあることを確認し、購入を完了します。
  • NFTウォレットの設定
  • KYCプロトコルに従いプロフィール設定: 政府発行のID、ウォレットセルフィー、住所証明などが必要です。
  • 基本情報の提出: 名前、住所、生年月日、電話番号、メールアドレスなどの情報を提供します。
  • NFTウォレットの種類
  • ホットウォレット: インターネットに常に接続されており、取引に便利ですが、セキュリティリスクがあります。
  • コールドウォレット: 物理的なデバイスで、インターネットから切り離された安全な保管が可能です。
  • NFTウォレットの費用
  • ホットウォレットは通常無料ですが、トランザクションには料金がかかります。
  • コールドウォレットは、$140~$400の範囲で、NFT対応であることを確認が必要です。
  • NFTウォレット選択時の考慮点
  • ウォレットの品質と安全性、ユーザーインターフェース、接続性、設定時間、料金、カスタマーサポート、保管と管理などを考慮します。

まずはコインチェックの口座開設をして、仮想通貨の準備から始めましょう。

スマホで最短1日

取引開始までたったの3ステップ

コインチェックで口座開設する

コインチェックのおすすめ理由3つ
4年連続 アプリダウンロード数No.1(2023年1月)
21種類の仮想通貨を取扱い(2023年5月)
  • この記事を書いた人
ponoblog

ともさか

web3関連ライター兼ブロガー。「web3でFIRE」を目指し中。仮想通貨・NFT・メタバース・AIで稼ぐを実験。海外の最新情報を常に追いかけ、初心者にも分かる解説してます。仮想通貨を7桁運用。NFTコレクター。ブログ開始3か月で0→1達成。 ※当ブログで使用している「仮想通貨」は「暗号資産」の事を指します。

-NFT