このページのリンクには広告が含まれています。 NFT

NFTとは?:その意味と仕組み

NFTとは アイキャッチ画像

NFTって最近よく聞くけど、なんなの?

初心者にもわかるように意味や仕組みを教えて!

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • NFTとは、ブロックチェーン上に存在する、ユニークな暗号トークンです。
  • NFTコピーすることができません。
  • NFTは、デジタルアートや不動産など、デジタルのものや実世界のものを表すことができます。
  • 「トークン化」というのは、これら実世界の「触れることができる」資産をデジタル化することを意味します。これにより、購入や販売、交換がより効率的になり、かつ詐欺の可能性も減ります。
  • NFTは個人のアイデンティティ(身元)や財産権などを表すこともできます。
  • もともとは、コレクターや投資家がNFTに興味を持ち始めたのですが、最近ではその人気が少し落ち着いてきています。

今日は「NFT(ノン・ファンジブル・トークン)って何?」という話をしましょう。

NFT、これは最近よく聞く言葉ですが、一体何なのでしょうか?

【NFTを始めるには】

NFTの取引を行うには仮想通貨が必要になります。

4年連続 アプリダウンロード数No.1(2023年1月)のコインチェックの口座開設をして、仮想通貨を準備しましょう。

\たったの5分で申請完了!無料で開設できます!/

コインチェックで口座開設する

NFTとは?

「NFT」とは「Non-Fungible Token」の略で、直訳すると「非代替性トークン」です。

これは、ブロックチェーン技術(インターネット上で情報を安全に保存する技術)を使って作られた、ユニークなデジタル資産のことを指します。

NFTは、それぞれに固有の識別コードとメタデータ(データについてのデータ)があり、他のトークンとは区別されます。

つまり世界に一つだけの存在ということです

NFTは、お金や他の暗号通貨、または他のNFTと交換したり、売買したりすることができます。

その価値は、市場や所有者がどれだけの価値を見いだすかによって決まります。

例えば、バナナの画像のトークンを作ったとして、そのNFTに数百万円の価値をつける人もいれば、価値がないと考える人もいます。

仮想通貨もトークンの一種ですが、NFTとの大きな違いは「代替可能性」です。

同じブロックチェーンから生まれた暗号通貨は、お互いに交換可能です(これを「ファンジブル」と言います)。

しかし、同じブロックチェーンから生まれたNFTは、見た目が同じでも、交換可能ではありません。

つまり、それぞれが唯一無二の存在なんです。

NFTの歴史

では、NFTの歴史を一緒に見ていきましょう!

まず、NFTは一般的になる前から存在していました。

最初に販売されたとされるNFTは「クアンタム」という名前で、ケビン・マッコイによって2014年にNamecoin(これはブロックチェーンの一種です)上でデザインされ、トークン化されました。

その後、2021年にイーサリアム(これもまたブロックチェーンの一種です)上で「ミント(つまり、作成)」され、販売されました。

NFTは、ERC-721(イーサリアム・リクエスト・フォー・コメント#721)という基準に従って作られています。

この基準は、所有権の移転方法、取引の確認方法、安全な転送を扱うアプリケーションの方法などを定めています。

また、ERC-721の6ヶ月後に承認されたERC-1155という基準は、ERC-721を改善しています。

この基準では、複数のNFTを一つの契約にまとめることができ、取引コストを削減することができるんです。

NFTがどのように機能するか

では、NFTがどうやって作られるのか見てみましょう。

まず、NFTは「ミント」というプロセスを通じて作られます。

これは、NFTの情報をブロックチェーンに記録することを意味します。

ミントのプロセスは、新しいブロックの作成、NFT情報の検証、そしてブロックの閉鎖を含んでいます。

このプロセスには、所有権を割り当てたり、NFTの移転可能性を管理するスマートコントラクト(特定の条件が満たされたときに自動的に実行される契約のこと)が含まれることが多いです。

トークンがミントされると、それぞれにユニークな識別子が割り当てられ、一つのブロックチェーンアドレスに直接リンクされます。

各トークンには所有者がいて、所有者情報(つまり、ミントされたトークンがあるアドレス)は公開されています。

たとえ同じアイテムのNFTが5,000個ミントされたとしても(映画の一般入場券のように)、各トークンにはユニークな識別子があり、他と区別することができます。

伝統的なNFTと同様に、Bitcoin Ordinal(これは、ビットコインのブロックチェーンにおけるNFTの一種です)も買ったり、売ったり、取引したりすることができます。

違いは、NFTがアート作品や音楽にシリアル番号を刻印するのに対し、Bitcoin Ordinalsはサトシ(ビットコインの最小単位)に識別子を刻印することです。

NFTの活用例

NFTはどんなものに使えるのでしょうか?一緒に見ていきましょう!

まず、NFTの有名な例として「クリプトキティーズ」があります。

これは2017年11月に始まり、イーサリアムのブロックチェーン上にユニークな識別子を持つデジタルの猫を表しています。

それぞれのキティは独特で、異なる価格がつけられています。彼らは「繁殖」して、親とは異なる特徴や価値を持つ新しい子孫を生み出します。

クリプトキティーズは、発売から数週間で大きなファンベースを獲得し、ファンたちは合計で2000万ドル相当のイーサリアムを使って、これらを購入し、育てました。

中には10万ドル以上を使う熱心なファンもいました。

最近では、「Bored Ape Yacht Club」も注目されています。

これは、高額な価格や有名人のファン、そしてその10,000個のNFTの中のいくつかが盗まれたことで物議を醸しています。

最初はデジタルアートやコレクタブルが中心だったNFT市場ですが、今ではもっと多様な形に進化しています。例えば、人気のNFTマーケットプレイス「OpenSea」には、以下のようなカテゴリーがあります。

  • 写真:写真家が作品をトークン化し、全体または一部の所有権を提供する。例えば、OpenSeaユーザーのerubes1は「Ocean Intersection」という美しい海とサーフィンの写真コレクションを持っており、いくつかの販売と所有者がいます。
  • スポーツ:有名人やスポーツ選手に基づいたデジタルアートのコレクション。
  • トレーディングカード:デジタルのトレーディングカードをトークン化したもの。いくつかはコレクタブルで、他はビデオゲームで取引可能。
  • ユーティリティ:会員権や特典を解除するNFT。
  • バーチャルワールド:アバターのウェアラブルからデジタルプロパティまで、あらゆるものの所有権を与えるバーチャルワールドのNFT。
  • アート:ピクセルアートから抽象アートまで、さまざまなアートを含むNFTの一般的なカテゴリー。
  • コレクタブル:Bored Ape Yacht Club、Crypto Punks、Pudgy Pandaなど、このカテゴリーのNFTの例。
  • ドメイン名:ウェブサイトのドメイン名の所有権を表すNFT。
  • 音楽:アーティストが音楽をトークン化し、購入者にアーティストが望む権利を付与。

NFTの利点

NFTの一番の利点は「市場の効率性」です。

実物の資産をトークン化することで、販売プロセスがスムーズになり、仲介者を省くことができます。

例えば、デジタルや実物のアートワークをブロックチェーン上でNFTとして表現すると、代理人の必要がなくなり、売り手は直接ターゲットのお客様と繋がることができます(もちろん、アーティストが自分のNFTを安全に扱う方法を知っている場合ですが)。

ここでは、NFTがもたらすこのような市場の効率性について詳しく説明しています。

投資

NFTは投資を効率的にすることができます。

例えば、コンサルティング会社のアーンスト・アンド・ヤングは、高級ワインの投資家のためにNFTソリューションを開発しました。

彼らはワインを安全な環境に保管し、NFTを使ってその出所(どこから来たか)を保護しています。

不動産もトークン化することができます。

例えば、ある物件をいくつかのセクションに分け、それぞれに異なる特徴を持たせることができます。

一つのセクションは湖のそばにあり、別のセクションは森に近いかもしれません。

その特徴によって、それぞれの土地はユニークで、異なる価格がつけられ、NFTによって表されることができます。

通常複雑で事務的な不動産取引も、関連するメタデータをユニークなNFTに組み込むことで簡素化されるかもしれません。

さらに、NFTはビジネスの所有権を表すこともでき、これは株式と似ています。

実際、株式の所有権は台帳に記録されており、株主の名前、発行日、証明書番号、株数などの情報が含まれています。

ブロックチェーンは分散型で安全な台帳なので、株式を表すためにNFTを発行することは、株式を発行するのと同じ目的を果たします。

株式台帳の代わりにNFTとブロックチェーンを使用する主な利点は、スマートコントラクトを使って所有権の移転を自動化できることです。

NFT株が売られると、ブロックチェーンが他のすべてを処理することができます。

安全性

NFTは個人情報の安全にとても役立ちます。

例えば、変更できないブロックチェーンに保存された個人情報は、鍵を持っていない人にはアクセスされたり、盗まれたり、使われたりすることはありません。

また、NFTは不動産などの物理的な資産を分割して投資を民主化することもできます。

デジタルの不動産資産を複数の所有者に分けるのは、物理的なものを分けるよりもずっと簡単です。

このトークン化の考え方は不動産に限らず、アートワークなど他の資産にも拡張できます。

つまり、絵画は常に一人の所有者である必要はありません。

代わりに、複数の人がその一部を購入し、物理的な絵画の一部の所有権を移転することができます。

このような取り決めは、高価なアートの一部を購入できる人が多いため、その価値と収益を高めることができます。

NFTに関するよくある質問

Q
NFTはどうやって買うの?
A

NFTを買うためには、まず「イーサリアム(ETH)」という暗号通貨を持っていることが必要です。
この暗号通貨をデジタルウォレット(これは、暗号通貨を保管するためのデジタルの財布のようなものです)に入れておきます。
そして、OpenSea、Rarible、SuperRareなどのオンラインNFTマーケットプレイスでNFTを購入できます。

Q
NFTは安全?
A

NFTはブロックチェーン技術を使っており、この技術は暗号通貨と同じように、一般的にはハッキングされることはありません。
しかし、ブロックチェーンの弱点はNFTの鍵です。

鍵を保存するソフトウェアはハッキングされる可能性があり、鍵を保持しているデバイスは失われたり壊れたりすることもあります。
だから、「鍵がなければ、コインもない」というブロックチェーンの格言はNFTにも当てはまります。鍵を適切に保護している限り、NFTは安全です。

Q
「非代替性」とはどういう意味?
A

「非代替性」とは、物が互換可能であることを意味します。

例えば、同じ絵が描かれた3枚の紙切れがあるとしましょう。
そのうちの1枚をトークン化すると、その紙切れは他の2枚とは区別されます。つまり代替不可能です。
残りの2枚の紙切れは見分けがつかないので、互いに代わり合えます。

まとめ

今回は「NFTがどのように現代の金融システムを変えていくか」について学んできました。

NFTは、比較的シンプルな暗号通貨の概念を進化させたものです。

現代の金融システムは、不動産から貸し付け契約、アートワークまで、さまざまな資産タイプの複雑な取引や貸し出しシステムから成り立っています。

NFTは、これらの資産のデジタル表現を可能にすることで、このインフラの再発明への一歩を踏み出しています。

この記事を読んで、NFTについてもっと学びたいと思いませんか?もしNFTの世界に興味があるなら、ぜひ新しい技術の可能性を一緒に探りましょう!

まずはコインチェックの口座開設をして、仮想通貨の準備から始めましょう。

\たったの5分で申請完了!無料でできます!/

コインチェックで口座開設する

  • この記事を書いた人
ponoblog

ともさか

web3関連ライター兼ブロガー。「web3でFIRE」を目指し中。仮想通貨・NFT・メタバース・AIで稼ぐを実験。海外の最新情報を常に追いかけ、初心者にも分かる解説してます。仮想通貨を7桁運用。NFTコレクター。ブログ開始3か月で0→1達成。 ※当ブログで使用している「仮想通貨」は「暗号資産」の事を指します。

-NFT