このページのリンクには広告が含まれています。 NFT 仮想通貨

ブロックチェーンとは?仕組みや特徴を分かりやすく解説

2023年12月19日

ブロックチェーン アイキャッチ画像

ブロックチェーンって何なの?

一体どんな仕組みなの?特徴を教えてほしい!

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • ブロックチェーンの仕組み
  • ブロックチェーンは色々な情報を保存できる
  • ビットコインでは分散化されている
  • 分散化されたブロックチェーンは変更できない

【ビットコイン始めるには】

コインチェックの口座開設をして、ビットコインを準備しましょう。

\たったの5分で申請完了!無料でできます!/

コインチェックで口座開設する

目次

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンは、コンピュータネットワークのノード間で共有される分散型のデータベースまたは台帳です。

暗号通貨システムにおける取引の安全で分散化された記録を維持するための重要な役割で最もよく知られていますが、その用途は暗号通貨に限定されていません。

ブロックチェーンは、任意の業界のデータを不変にするために使用できます。

「不変」とは、変更されることがないという意味です。

ブロックを変更する方法がないため、信頼が必要なのは、ユーザーやプログラムがデータを入力する時点だけです。

この特性により、通常は追加のコストがかかり、間違いを犯す可能性のある監査人や他の人間といった信頼された第三者の必要性が減少します。

2009年のビットコインの導入以来、様々な暗号通貨、分散型金融(DeFi)アプリケーション、非代替性トークン(NFT)、スマートコントラクトを通じて、ブロックチェーンの使用は急速に拡大しました。

ブロックチェーンの仕組み

出典:コインテレグラフジャパン(COINTELEGRAPH JAPAN)「ブロックチェーン (Blockchain)とは|仕組みや技術、種類など解説」

みなさんは、スプレッドシートやデータベースは聞いたことがありますか?

ブロックチェーンも、情報を入力して保存するデータベースのようなものです。

しかし、従来のデータベースや表計算ソフトとブロックチェーンの大きな違いは、データの構造とアクセス方法にあります。

ブロックチェーンは、「スクリプト」と呼ばれるプログラムで構成されていて、これらがデータベースで行うような作業(情報の入力やアクセス、保存や保管)を行います。

ブロックチェーンは分散型で、多くの機器に同じデータの複数のコピーが保存され、それらが一致していないと有効とはみなされません。

ブロックチェーンは取引情報を収集し、それをブロックに入力します。

これは、表計算ソフトのセルに情報を入れるようなものです。

ブロックがいっぱいになると、その情報は暗号化アルゴリズムを通して処理され、「ハッシュ」と呼ばれる16進数の数字が生成されます。

このハッシュは、次のブロックのヘッダーに入力され、ブロック内の他の情報とともに暗号化されます。

これにより、連なった一連のブロックが作られます。

取引のプロセス

取引は、それが行われるブロックチェーンによって特定のプロセスに従います。

例えば、ビットコインのブロックチェーンでは、暗号通貨ウォレット(ブロックチェーンのインターフェースを提供するアプリケーション)を使って取引を開始すると、一連のイベントが始まります。

ビットコインでは、取引はメモリプールに送られ、マイナーやバリデーターによって取り上げられるまで保管され、キューに入れられます。

ブロックに入力され、取引でいっぱいになると、ブロックは閉じられ、暗号化されます。その後、マイニングが始まります。

ネットワーク全体が同時に動作し、「ハッシュ」を「解決」しようとします。

それぞれがランダムなハッシュを生成しますが、「ノンス」(1回限りの数字)を除いています。

各マイナーはゼロのナンスから始め、ランダムに生成されたハッシュに追加されます。

その数が目標のハッシュ以下ではない場合、ナンスに1を加え、新しいブロックハッシュが生成されます。

これは、マイナーが有効なハッシュを生成し、レースに勝ち、報酬を受け取るまで続きます。

ブロックが閉じられると、取引は完了します。

しかし、そのブロックが確認されるまでには、他の5つのブロックが検証される必要があります。

確認には、ネットワークで約1時間かかります(あなたの取引が含まれる最初のブロックとその後に続く5つのブロックを10分で掛けると約60分になります)。

すべてのブロックチェーンがこのプロセスに従うわけではありません。

例えば、イーサリアムネットワークでは、イーサを賭けた全ユーザーの中からランダムに1人のバリデーターが選ばれ、ブロックを検証し、その後ネットワークによって確認されます。

これは、ビットコインのプロセスよりもはるかに速く、エネルギー効率も良いです。

ブロックチェーンの分散化

ブロックチェーンを使うと、データベースのデータをネットワークの複数のノード(ブロックチェーンのためのソフトウェアを実行するコンピューターやデバイス)に分散して保存できます。

これらのノードはさまざまな場所にあります。

これにより、データの重複が生じるだけでなく、データの正確さも保たれます。

例えば、誰かがデータベースの1つの記録を変更しようとしても、他のノードがそれを防ぎます。

このように、ネットワーク内の単一のノードでも情報を変更することはできません。

この分散と、仕事が行われたという暗号化された証拠のために、情報や履歴(暗号通貨での取引のような)は不可逆になります。

その記録は、取引のリスト(暗号通貨の場合のように)かもしれませんが、ブロックチェーンは法的契約、国の識別情報、会社の在庫など、他のさまざまな情報を保持することも可能です。

ブロックチェーンの透明性

ビットコインのブロックチェーンは分散型であるため、全ての取引は透明に見ることができます。

自分のノードを持っている人も、ブロックチェーンエクスプローラー(ブロックチェーン上で起こっている取引を誰でも見ることができるツール)を使っている人も、リアルタイムで取引を見ることが可能です。

各ノードは、新しいブロックが確認され追加されると、そのチェーンのコピーが更新されます。

これは、もしあなたが望むなら、ビットコインがどこへ行くかを追跡できるということです。

例えば、過去には取引所がハッキングされ、大量の暗号通貨が失われる事件がありました。

ハッカーは匿名かもしれませんが、彼らのウォレットアドレスは知られています。

そして、暗号通貨はブロックチェーン上でウォレットアドレスが公開されているため、簡単に追跡できます。

もちろん、ビットコインのブロックチェーン(他の多くのブロックチェーンも同様)に保存されている記録は暗号化されています。

これは、アドレスが割り当てられた人だけが自分の身元を明らかにできるということです。

その結果、ブロックチェーンのユーザーは匿名性を保ちながら透明性を維持できます。

ブロックチェーンは安全か?

ブロックチェーン技術は、いくつかの方法で分散型の安全性と信頼を実現しています。

まず、新しいブロックは常に線形に、そして時間順に保存されます。

つまり、常にブロックチェーンの「最後」に追加されるんです。ブロックがブロックチェーンの最後に追加されると、以前のブロックは変更できなくなります。

ブロック内のデータが変わると、そのブロックのハッシュ(特定の数字の組み合わせ)も変わります。

各ブロックは前のブロックのハッシュを含んでいるので、1つが変わると次のブロックも変わります。ネットワークはハッシュが一致しない変更されたブロックを拒否します。

例えば、ハッカーがブロックチェーンネットワークのノードを運営し、ブロックチェーンを改ざんして他の人から暗号通貨を盗もうとするとしましょう。

彼らが自分のコピーを変更した場合、他のノードを説得して、自分のコピーが有効だと納得させる必要があります。

これを実行するには、ネットワークの過半数をコントロールし、ちょうど良いタイミングで挿入する必要があります。

これは51%攻撃として知られています。なぜなら、試みるためにはネットワークの50%以上をコントロールする必要があるからです。

このタイプの攻撃ではタイミングが全てです。

ハッカーが何か行動を起こす頃には、ネットワークは彼らが変更しようとしていたブロックを既に通り過ぎている可能性が高いです。

これは、これらのネットワークがハッシュを生成する速度が非常に速いためです。

例えば、2023年4月21日には、ビットコインネットワークは348.1エクサハッシュ(18桁の数字)毎秒の速度でハッシュを生成していました。

ブロックチェーンとビットコイン

ブロックチェーン技術は、最初に1991年にスチュアート・ハーバーとW・スコット・ストーネッタという2人の研究者によって概説されました。

彼らは文書のタイムスタンプが改ざんされないシステムを実装したかったんです。

しかし、ブロックチェーンが実際の世界で使われ始めたのは、ほぼ2十年後のこと。

2009年1月にビットコインが登場した時です。

ビットコインのプロトコルはブロックチェーン上に構築されています。

デジタル通貨を紹介する研究論文で、ビットコインの匿名の創設者であるサトシ・ナカモトは、「信頼された第三者がいない完全なピアツーピア(個人間直接の取引)の新しい電子現金システム」として言及しました。

理解する重要なことは、ビットコインが取引や他の取引に関する台帳を透明に記録する手段としてブロックチェーンを使用しているということです。

ブロックチェーンと銀行

ブロックチェーンは金融分野で、特に支払いや銀行の機能において、革新的な力として注目されています。

銀行とブロックチェーンの違いを理解するために、ビットコインのブロックチェーンの仕組みと銀行システムを比較してみましょう。

銀行は、お金を管理したり、貸したりする場所です。

一方、ビットコインのブロックチェーンは、インターネットを使って直接人と人がお金のやり取りをするシステムです。

このようにブロックチェーンと銀行は、お金の扱い方が全く違うんです。
これらの違いをしっかり理解して、将来のお金の使い方に役立てましょう。

以下で、両者の違いを簡単に表にまとめてみました。

銀行
ビットコイン
  • 平日の日中のみ利用可能
  • 銀行側が手数料を決定する
  • 送金や振込の反映に数日かかる
  • 取引に本人確認が必要
  • 24時間、365日いつでも利用可能
  • ユーザーに手数料の額を決定する権限がある(ただし手数料は変動あり)
  • 最短で15分程度で取引が完了する(ネットワークの混雑状況に次第)
  • 取引に本人確認は不要

ブロックチェーンってどう使われてるの?

ブロックチェーンは、ビットコインのような仮想通貨の取引を記録するために使われています。

今では、ビットコイン以外にも23,000以上の仮想通貨システムがブロックチェーンを使っています。

でも、ブロックチェーンは仮想通貨だけじゃなくて、他のいろんな取引の記録にも使えるんです。

大手企業でもブロックチェーンを試しているところがあります。

例えば、ウォルマート、ファイザー、AIG、シーメンス、ユニリーバなどがそれにあたる。

IBMという会社は、食品がどこから来て、どこを経由して届くのかを追跡するために「Food Trust」というブロックチェーンを作ったことで知られます。

では、なぜこんなブロックチェーンを作ったのでしょうか?

それは、食品業界での食中毒が原因なんです。

食品業界では、E.コリ、サルモネラ、リステリアなどの食中毒がたくさん発生しているんだ。

時には、食品に危険な物質が入ってしまうことも。

これまでは、食中毒の原因や発生源を見つけるのに、何週間もかかっていました。

でも、ブロックチェーンを使うと、食品がどこから来て、どこを通って、どこに届いたのかを追跡できるんだ。

それだけじゃなくて、その食品が途中で何に触れたかもわかるようになる。

これによって、問題の原因をもっと早く見つけることができるんだ。
これは命を救うことにもつながるよ。

ブロックチェーンは、これだけじゃなくて、他にもいろんな使い方があるんだよ。

ブロックチェーンと銀行

実は、ブロックチェーン技術を銀行の仕事に取り入れると、すごく便利になるんです。

銀行間のお金のやり取りも速くなるよ

ブロックチェーンを使えば、銀行同士でお金をやり取りするのも、もっと早くて安全にできるようになります。

大きなお金が動くとき、少しの時間でも銀行には大きなコストやリスクがあるから、これはすごく助かるんだよ。

株の売買をするときも、今は処理に数日かかることがありますが、ブロックチェーンを使えば、それもずっと短くなります。

ブロックチェーンと通貨

日本円のように、普通の通貨は中央銀行や政府によって管理されています。

このシステムでは、銀行や政府の判断でユーザーのデータやお金が影響を受ける可能性があります。

例えば、銀行がハッキングされたら、顧客の個人情報が危険にさらされることがあります。

銀行が倒産したり、政府が不安定な国に住んでいる場合、その通貨の価値が危険にさらされることもあります。

過去には銀行が経済的に困って、税金を使って救済されたことが実際にありました。

ビットコインは、こうした心配から生まれ、開発されたんです。

ブロックチェーンは、多くのコンピュータのネットワークを使って運営されるので、ビットコインや他の仮想通貨は、中央の権力機関なしで動くことができます。

これによって、リスクが減少するだけでなく、処理や取引の手数料も低くなります。

また、特に身分証明書がない人たちにとって、仮想通貨のウォレット(財布)を貯蓄口座や支払い手段として使うことは重要です。

戦争が続いている国や、しっかりした身分証明システムがない政府を持つ国では、市民は貯蓄口座や証券口座にアクセスできないかもしれません。

そのため、安全に財産を保管する方法がないのです。

ブロックチェーンと医療

ブロックチェーンは、患者さんの医療記録を安全に保管するのに役立つ技術なんです。

医療記録って知っていますか?

これは、病院での診察や治療の情報が書かれた大切な記録です。

医療記録はどうやって保管されるの?

医療記録が作成され、署名されたら、それをブロックチェーンに書き込むことができます。

これによって、その記録は変更できないという証拠が得られ、患者さんは安心できます。

これは、記録が一度ブロックチェーンに追加されると、後から編集や変更ができないためです。

これらの個人の健康記録は、特定の個人だけがアクセスできるように、秘密の鍵で暗号化されてブロックチェーンに保存されます。これにより、プライバシーが保護されます。

この方法の利点は、患者さんの大切な健康情報が安全に保管され、しかもプライバシーがしっかり守られることです。

病院や医師だけでなく、患者さん自身も自分の健康記録に安心してアクセスできるようになります。

ブロックチェーンと不動産登記

不動産記録って、家や土地の所有権を証明する大切な書類のことです。

現在、不動産登記事務は,不動産の所在地を管轄する法務局等が行うことになっており(不動産登記法 6 条 1 項),不動産登記にあたっては,管轄法務局へ原則出向いて,申請を行い,登記官の確認を経て登記記録が作成されることになります(同11条他)。

また、登記申請から登記記録が公開されるまで2 週間程度の時間がかかっているのが実情であり,その間は当該不動産の権利関係が分かりません。

今の方法にはどんな問題があるの?

現在、職員が該当の不動産の情報をデータベースに手作業で入力しているため、コストがかかるだけでなく、時間もかかります。

さらに、人が手作業で行うことで、ミスが発生しやすく、所有権の追跡が難しくなることがあります。

ブロックチェーンでどう改善できるの?

ブロックチェーンを使えば、書類をスキャンしたり、物理的なファイルを探したりする必要がなくなります。

もし不動産の所有権がブロックチェーンに保存されるようになったら、所有者は自分で、記録を確認で切るようになります

特に、戦争が続いている国や、政府や財政インフラがほとんどない地域では、不動産の所有権を証明することがほぼ不可能です。

そんな地域の人々がブロックチェーンを利用できれば、透明で明確な不動産所有の経歴が確立される可能性があります。

ブロックチェーンとスマートコントラクト

「スマートコントラクト」とは、ブロックチェーンに組み込まれた特別なコンピューターコードのことです。

このコードは、あらかじめ決められた条件に基づいて動きます。

条件が満たされると、合意された内容が自動的に実行されます。

例えば、賃貸アパートをスマートコントラクトで借りたい人がいるとします。

家主は、保証金が支払われたら、ドアの暗証番号を提供することに同意します。

スマートコントラクトは、保証金が支払われたときに自動的にその暗証番号を借り手に送ります。

また、家賃が支払われない場合などには、コードを変更するようにプログラムすることもできます。

ブロックチェーンサプライチェーン

サプライチェーンでは、ブロックチェーンを使って購入した素材の起源を記録することができます。

これにより、企業は自社製品の本物であることや、「オーガニック」「ローカル」「フェアトレード」といったラベルの正当性を確認することができます。

たとえば、IBMの「Food Trust」の例では、食品業界はブロックチェーンを使って、農場からユーザーまでの食品の経路と安全性を追跡しています。

ブロックチェーンと投票

投票にブロックチェーンを使うと、選挙詐欺を排除し、投票率を高めることができます。

2018年のアメリカ・ウェストバージニア州の中間選挙で実験的に行われたことがあります。

ブロックチェーンをこのように使用すると、投票を改ざんするのがほぼ不可能になります。

また、ブロックチェーンプロトコルは選挙プロセスの透明性を保ち、選挙を行うための人員を削減し、ほぼ瞬時に結果を得ることができます。

ブロックチェーンのメリット・デメリット

ブロックチェーンは、記録を保つ方法として、たくさんの可能性を持っていますが、いくつかのデメリットもあります。

ブロックチェーンのメリット

  1. 人の手を介さないことによる精度の向上
    人が介入しないので、ミスが減ります。
  2. 第三者の確認が不要になることでのコスト削減
    中間者がいなくなるので、手数料が安くなります。
  3. 分散型により改ざんが難しい
    多くのコンピューターで管理されるので、データを改ざんするのが難しくなります。
  4. 取引が安全でプライベートかつ効率的
    個人情報が守られ、取引もスムーズになります。
  5. 透明性が担保された技術
    どのように動いているかがわかりやすいです。
  6. 不安定な政府を持つ国の市民にとっての銀行代わりや、個人情報の保護になる
    信頼できる銀行システムがない場所でも、安全にお金や情報を管理できます。

ブロックチェーンのデメリット

  1. 一部のブロックチェーンでは技術コストが高い
    導入や運用にお金がかかることがあります。
  2. 1秒あたりの取引数が少ない
    大量の取引をすぐに処理するのが難しいです。
  3. 違法な活動への利用の歴史(例えばダークウェブでの使用)
    悪い目的で使われることもあります。
  4. 管轄地域によって異なる規制、不確実性がある
    法律がまだ確立していないことが多く、地域によってルールが違います。
  5. データ保存の制限
    すべての情報を保存するのには限界があります。

以降で、それぞれ詳しく解説しますね。

ブロックチェーンの利点:正確で安全、そして便利

ブロックチェーンって正確なの?

ブロックチェーンの取引は、何千ものコンピューターが承認するので、ほとんど人の手を介さずに進みます。

これにより、人間のミスが減り、情報の正確な記録が保たれます。

もしネットワーク上のコンピューターが計算ミスをしても、そのミスはブロックチェーンの一部のコピーにだけ影響し、他の部分は影響を受けません。

コストは減るの?

普通は、銀行が取引を確認したり、公証人が書類にサインしたりするためにお金がかかります。

しかし、ブロックチェーンでは、こうした第三者の確認が不要になり、それに伴うコストも削減されます。

例えば、ビジネスオーナーはクレジットカードの支払いを受け付けるとき、処理会社に手数料を払う必要がありますが、ビットコインのようなブロックチェーンでは中央機関がなく、取引手数料も限られています。

分散化って何?

ブロックチェーンは、情報を一つの場所に保存せず、ネットワーク上の多くのコンピューターにコピーして広げます。

新しいブロックがブロックチェーンに追加されるたびに、ネットワーク上のすべてのコンピューターがその変更を反映します。

このように情報を分散して保存することで、改ざんが難しくなります。

取引は効率的?

中央機関を通じた取引は数日かかることがありますが、ブロックチェーンは年中無休で動いているので、取引は24時間365日いつでも行えます。

ブロックチェーンの一部では、取引が数分で完了し、数回確認されるだけで安全と見なされます。

これは、特に時間差のある国境を越えた取引に便利です。

プライバシーは保たれるの?

多くのブロックチェーンネットワークは公開されていますが、取引の詳細は見えても、取引を行うユーザーの個人情報は見えません。

ビットコインのようなネットワークは完全に匿名ではなく、実際には仮名性があります。

つまり、取引先のアドレスが見えるけれど、情報が漏れない限り、ユーザーを特定することはできません。

取引は安全?

取引が記録されると、ブロックチェーンネットワークによってその真正性が確認されます。

確認された後、その取引はブロックチェーンのブロックに追加されます。

ブロックチェーン上の各ブロックには独自のハッシュと前のブロックのハッシュが含まれているので、ネットワークによって確認されると、変更ができなくなります。

透明性って大切?

ほとんどのブロックチェーンはオープンソースソフトウェアで、誰でもそのコードを見ることができます。

これにより、監査人はビットコインなどの仮想通貨をセキュリティ面で評価できます。

しかし、ビットコインのコードを誰が管理し、どのように編集するかについては正式な権限がありません。

そのため、誰でもシステムへの変更やアップグレードを提案できます。

ネットワークのユーザーの多数が新しいコードバージョンを合理的で価値があると判断すれば、ビットコインは更新されることがあります。

銀行口座がない人たちにとってのメリットは?

ブロックチェーンと仮想通貨の最も深い意義は、人種、性別、居住地、文化的背景に関係なく、誰でもそれを使えることです。

世界銀行によると、約13億人の大人が銀行口座を持っていないか、お金や財産を保管する手段がありません。

これらの人々のほとんどは、経済が未発達で現金依存の発展途上国に住んでいます。

仮想通貨は、盗難のリスクを減らし、こうした人々が財産を安全に保管する手段を提供します。

ブロックチェーンの欠点:技術コスト、速度、違法活動、規制

ブロックチェーンの技術コストって高いの?

ブロックチェーンを使うと、取引手数料が安くなることはありますが、技術そのものは無料ではありません。

例えば、ビットコインネットワークの取引を確認するための「プルーフ・オブ・ワーク」システムは、膨大な計算パワーを必要とします。

現実世界で、ビットコインネットワークに接続された数百万台のデバイスが消費するエネルギーは、パキスタンが1年間に消費するエネルギーよりも多いです。

解決策として、太陽光発電や風力発電を利用したビットコインマイニングファームが設置されています。

速度とデータの非効率性はどうなの?

ビットコインは、ブロックチェーンの非効率性の良い例です。

ビットコインのシステムでは、新しいブロックをブロックチェーンに追加するのに約10分かかります。

この速度では、ブロックチェーンネットワークは1秒あたり約3回の取引しか処理できないと推定されています。

他の仮想通貨、例えばイーサリアムはビットコインよりも性能が良いですが、ブロックチェーンによる限界があります。

対照的に、Visaは1秒あたり65,000回の取引を処理できます。

この問題の解決策は、数年間開発されており、現在では1秒あたり30,000回以上の取引を誇るブロックチェーンもあります。

イーサリアムのアップグレードにより、1秒あたり最大100,000回の取引が可能になると予測されています。

違法活動への利用は?

ブロックチェーンネットワーク上の秘密性は、ユーザーをハッキングから守り、プライバシーを保護しますが、違法取引や活動にも利用されています。

例えば、シルクロードは、ダークウェブ上で違法薬物やマネーロンダリングのマーケットプレイスとして運営されていました。

ダークウェブでは、トールブラウザを使って違法品を購入・販売でき、ビットコインなどの仮想通貨で支払いを行うことができます。

これは、アメリカの金融サービス業者が顧客に関する情報を収集し、テロリストのリストに載っていないことを確認する必要がある規制とは対照的です。

仮想通貨への規制はどうなの?

仮想通貨スペースの多くの人々は、政府による仮想通貨への規制に懸念を表明しています。

ビットコインのような分散型ネットワークを終わらせることは難しくなっていますが、理論的には、政府が仮想通貨の所有やネットワークへの参加を違法にすることも考えられます。

しかし、PayPalのような大企業がEコマースプラットフォームでの仮想通貨の使用を許可するようになるにつれて、この懸念は小さくなっています。

ブロックチェーンに関するよくあるFAQ

Q
ブロックチェーンって簡単に言うと何?
A

ブロックチェーンは、みんなで共有するデータベースや台帳のようなものです。データは「ブロック」と呼ばれるデータ構造に保存され、ネットワークの各ノード(コンピューター)がデータベース全体のコピーを持っています。誰かが台帳の一部を編集したり削除しようとしても、大多数がその変更を受け入れない限り、安全が保たれます。

Q
ブロックチェーンはどれくらいあるの?
A

ブロックチェーンの数は、毎日増え続けています。2023年現在、23,000以上のアクティブな仮想通貨がブロックチェーンに基づいており、それ以外にも何百もの非仮想通貨ブロックチェーンが存在します。

Q
プライベートとパブリックブロックチェーンの違いは?
A

パブリック(公開または許可なし)ブロックチェーンは、誰でも自由にネットワークに参加し、ノードを設置できるタイプです。オープンな性質のため、暗号化とプルーフ・オブ・ワーク(PoW)のような合意形成システムで保護されています。一方、プライベート(許可が必要な)ブロックチェーンでは、ネットワークに参加する前に各ノードが承認される必要があります。ノードが信頼されていると見なされるため、セキュリティ層はそれほど厳重である必要はありません。

Q
ブロックチェーンの未来は?
A

ビットコインや仮想通貨のおかげで、ブロックチェーンは名前を広めつつあり、実用的な応用が実施され、探求されています。投資家の間で話題となっているブロックチェーンは、ビジネスや政府の運営をより正確で効率的、安全かつ安価にし、中間業者を減らす可能性を持っています。

次の数十年はブロックチェーンにとって重要な成長期となるでしょう。

まとめ:10年の正解のためにあなたは今何をしますか?

この記事のまとめ

  • ブロックチェーンの仕組み
    ・ブロックチェーンは情報を「ブロック」という小さな箱に入れて保存し、「暗号化」という鎖(チェーン)でつなげる。暗号化とは、情報を特別な方法で変えて安全にすること。
  • 色々な情報を保存できる:
    ブロックチェーンには様々種類の情報を保存できるが、一番よく使われるのは取引の記録。これは「台帳」と呼ばれる。
  • ビットコインでは中央集権ではない:
    ビットコインのブロックチェーンは個人や特定のグループが管理しているわけではない。代わりに、ユーザー全員が一緒に管理している。これを「分散化」と言う。
  • 分散化されたブロックチェーンは変更できない:
    ブロックチェーンに書かれたデータは、後で変えることができない。これを「不変」と言う。ビットコインの場合、取引はずっと記録され、誰でも見ることができる。

ブロックチェーンが始まってから20年以上が経ち、今では「もうすぐ大手企業がこの技術を使い始める」というフェーズではなく、「いつ使い始めるか?」「今でしょ!」というフェーズになっています。

現在、NFT(デジタル上の唯一無二のアイテム)や資産のトークン化(デジタル形式での資産表現)が増えてきています。

これからの数十年は、ブロックチェーンにとって大きな成長の時期になるでしょう。

何したらいいか分からない!という方は、まずはコインチェックの口座開設をして、仮想通貨の準備から始めましょう。

\たったの5分で申請完了!無料でできます!/

コインチェックで口座開設する

  • この記事を書いた人
ponoblog

ともさか

web3関連ライター兼ブロガー。「web3でFIRE」を目指し中。仮想通貨・NFT・メタバース・AIで稼ぐを実験。海外の最新情報を常に追いかけ、初心者にも分かる解説してます。仮想通貨を7桁運用。NFTコレクター。ブログ開始3か月で0→1達成。 ※当ブログで使用している「仮想通貨」は「暗号資産」の事を指します。

-NFT, 仮想通貨