このページのリンクには広告が含まれています。 仮想通貨

ピアツーピア(P2P)経済とは?仕組みやリスクなどを解説

P2Pとは アイキャッチ画像

ピアツーピア(P2P)って何?

Web3で必要なの?

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • ピアツーピア(P2P)経済とは、第三者がほとんど介在することなく、個人同士が直接取引や生産協力を行う経済
  • P2P経済活動と仲介型経済活動のどちらが効率的か判断する要因には、規模の経済取引コスト経営者や起業家の専門性リスクと不確実性などがある

【仮想通貨取引を始めるには】

コインチェックの口座開設をして、仮想通貨を準備しましょう。

\たったの5分で申請完了!無料でできます!/

コインチェックで口座開設する

ピアツーピア(P2P)経済とは?

ピアツーピア(P2P)経済とは?

ピアツーピア(P2P)経済とは、中央集権型ではない、分散型のモデルです。

このモデルでは、個人同士が直接、商品やサービスの売買を行ったり、共同で商品やサービスを生産したりします。

その際、仲介者や法人、ビジネス会社を介さずに取引が行われます。

この経済システムでは、生産者は、個人または個人経営者であり、自らの生産手段や自社商品を持っているのがほとんどです。

このモデルにより、生産者と消費者はより直接的な関係を持ち、中間者を介さずに経済活動を行うことが可能になります。

ピアツーピア(P2P)経済を理解する

ピアツーピア(P2P)経済を理解する資本主義経済との違い

P2P経済は、従来の資本主義に代わる形態と言われています。

伝統的な資本主義では、組織化された会社が生産手段と商品を所有しています。

これらの会社は中央集権型の仲介者として機能し、製品やサービスを顧客に販売し、生産プロセスを実行するために必要に応じて労働力を雇用します。

P2P経済は、資本主義経済の中で存在することができます。

例えば、オープンソースソフトウェア(P2Pの一形態)は、小売や商業ソフトウェアと共存しています。

また、UberやAirbnbのようなサービスは、それぞれタクシー、ホテルや旅館に代わる選択肢として機能しています。

これらの企業は、仲介サービスを提供することで、伝統的な資本主義企業と真のP2P活動の中間的な役割を果たしています。

彼らは顧客と販売者を結びつけ、決済を処理するネットワークを提供しますが、サービスの直接提供にはプライベートな請負業者を利用しています。

P2Pでは、取引に第三者が関与しないため、提供者が約束を守らないリスク、期待される品質の商品が提供されないリスク、または購入者が支払いを行わないリスクがあります。

一方で、P2P経済はオーバーヘッドコストの削減により低価格を実現し、これらのリスクを補う可能性があります。

P2P商品やサービスの提供者が自らの商品と生産手段を所有することは、産業革命以前の自給自足的な経済生産システムに似ています。

このシステムは、生産性と富を提供するより効率的な経済システムに置き換えられました。

しかし、インターネットとIT革命により、現代においてP2P経済は復活を遂げることになりました。

また、P2P商品やサービスの直接的な生産に関与しないものの、P2P取引をより目に見える、安全で効率的なものにするサービスプロバイダへの投資を促進しています。

現代のP2P経済の新たな展開は、インターネットが消費者に提供する価値の最新の例です。

インターネットを活用した自給自足型の資本主義モデルは、規制当局や企業が注目するほどに重要で破壊的なものとなっています。

これは、今後の革新的なビジネスモデルにとって大きな可能性を秘めていることを示しています。

資本主義経済とP2P経済

資本主義経済とピア・ツー・ピア(P2P)経済には、それぞれ特徴があります。

資本主義経済

資本主義では、労働者は生産手段を所有せず、製造した製品に対する権利も持っていません。

代わりに、企業の生産活動への貢献に対して賃金を受け取ります。そして、その企業は製品を顧客に販売します。

資本主義のシステムは、規模の経済、取引コストの管理、労働と管理能力の分業、リスクと不確実性のビジネスオーナーへの転嫁など、P2P経済に比べて生産性や効率性において一般的に優れています。

P2P経済

一方、P2Pシステムは、生産を効率の低い規模に限定したり、情報や他の取引コストが高くなったり、ビジネスマネージャー、起業家、労働者、顧客間の労働分割が限定されたり、リスクと不確実性の効率的な分配が制限されたりすることで、伝統的な資本主義企業よりも効率が低くなる可能性があります。

この程度は、経済における物理的技術、社会制度、人口の特性に基づいています。

規模の経済

大量生産することで、一部の商品やサービスの生産がより効率的かつコストが低くなることがあります。

資本主義経済における企業の存在理由の一つは、大規模生産に必要な資本財と労働力を一つの場所や運営に統合し、これらの規模の経済を活用することにあります。

しかし、3現代の技術は、特定の商品を小規模で効率的に生産することを可能にし、これによってP2P活動がその市場で採用されやすくなっています。

このように、規模の経済は生産効率とコスト削減に大きな影響を与えますが、新しい技術の導入により、小規模ながら効率的な生産も可能になり、P2P経済がより実現可能になっているのです。

取引コスト

伝統的な資本主義企業の組織は、生産プロセスに関わる様々な取引のコストに大きく影響されます。

品質、数量、商品やサービス、生産入力のコストに関する情報の収集、共有、伝達、契約の設計、交渉、執行、そして特定の資産に関する制御の分配は、取引コストの例です。

これらのコストは、経済内の個々の活動を別々のビジネス企業に配置することで削減できます。

しかし、技術、社会的機関、または人口の特性がこれらの取引コストを削減するのに役立つ場合、ビジネス企業はそれほど必要とされず、個人はP2Pの基盤で効率的にビジネスを行うことができます。

例えば、他の購入者や売り手に関するデータを収集、共有、フィルタリングするのを容易にする情報技術(検索エンジンやオンラインマーケットプレイスプラットフォームなど)は、P2P活動を促進する明白な方法です。

また、契約や不法行為法の信頼できるシステムのような正式な機関も、個人がビジネス契約を結び、執行する能力を高めたり、大企業が市場力を行使して小規模な相手方から譲歩を強要する能力を制限する反トラスト法のようなものです。

信頼と公正に対する社会的好みが高い購入者と売り手の集団も、情報の非対称性、プリンシパル・エージェント問題、関係特有資産に関するホールドアップといった取引コストを克服するためにビジネス企業を組織することに依存する可能性が低くなります。

専門化と分業

経済の仲介者として機能するビジネス企業は、経営スキルと起業家精神の判断を効率的に活用します。

これにより、これらの能力を持つ人々はそれらを生産的に応用することに特化し、持たない人々は賃金や給料をもらう従業員として他の活動に特化することができます。

一方、P2P経済は、個人が自分のビジネスや仕事の管理を容易にし、専門化の相対的な利点を減少させる技術的ツールがある場合により成功することがあります。

管理スキルや起業家精神の判断に優れた程度を持つ個人の集団は、P2P経済から恩恵を受ける可能性がより高いかもしれません。

管理技術や起業家精神において優れた能力を持つ人々が多い集団は、P2P経済から恩恵を受けやすいです。

その理由はどうあれ、これらのスキルを持つ個人は、P2P経済に適した環境で活動することが可能になります。

リスクと不確実性の負担

未来の経済状況は常に不確実であり、リスクを伴います。

消費者の好みは変わり、自然災害が発生し、経済はビジネスサイクルや不況を経験します。

伝統的な資本主義経済におけるビジネス企業は、事業の利益や損失に責任を持つことでこれらのリスクと不確実性を負担します。

これにより、労働者には安定した賃金を、消費者には一貫した製品を提供しています。

一方、P2P経済活動では、ビジネス企業が仲介者として行動しないため、個人は自分自身のビジネスを運営する際の直接的なリスクをより多く負担し、不確実な経済状況が悪化すると直接的に損失を受ける可能性があります。

ベーシックインカムやシングルペイヤー医療制度、その他の社会的安全網のような社会制度があれば、個人が自分自身のビジネスでリスクを負担する能力を高め、P2P経済活動をより促進することができます。

また、不確実性に対して寛容で、より大きなリスクを取る意欲がある人々の集団は、P2P経済に適している可能性が高くなります。

まとめ

P2P(ピアツーピア)技術では、端末間で直接ファイルを交換することができ、これにはいくつかの利点があります。サーバーを使用しないため、サーバーダウンによる通信の中断が起こらず、より安定した接続が可能です。また、ネットワークシステムを低コストで構築することもできます。

この技術は、LINEやビットコインなど、既に多くの場面で利用されており、その効果が認められています。P2Pは新しい通信手段として多くの業界で注目を集めており、今後さらに多くの分野での活用事例が増加することが期待されています。

まずはコインチェックの口座開設をして、仮想通貨の準備から始めましょう。

\たったの5分で申請完了!無料でできます!/

コインチェックで口座開設する

  • この記事を書いた人
ponoblog

ともさか

web3関連ライター兼ブロガー。「web3でFIRE」を目指し中。仮想通貨・NFT・メタバース・AIで稼ぐを実験。海外の最新情報を常に追いかけ、初心者にも分かる解説してます。仮想通貨を7桁運用。NFTコレクター。ブログ開始3か月で0→1達成。 ※当ブログで使用している「仮想通貨」は「暗号資産」の事を指します。

-仮想通貨