このページのリンクには広告が含まれています。 NFT 仮想通貨

ブロックチェーン上のスマートコントラクトとは?その仕組みと機能解説

スマートコントラクトアイキャッチ画像

スマートコントラクトってどういう仕組み?

機能を詳しく教えてほしい!

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • スマートコントラクトは自動で動く特別なプログラム(スクリプト)
  • スマートコントラクトには、法的な文言や条件、契約は含まれず、指定された条件が満たされたときにアクションを実行するコードのみが含まれる。
  • スマートコントラクトの定義をしたのはアメリカのコンピュータ科学者のニック・サボ

コインチェックの口座開設をして、仮想通貨の準備を始めましょう。

\たったの5分で申請完了!無料でできます!/

コインチェックで口座開設する

スマートコントラクトとは?

スマートコントラクトとは?

スマートコントラクトは、自動で実行されるプログラムで、契約や合意に必要な行動を自動化します。

この仕組みが完了すると、取引は追跡可能で、取り消すことができなくなります。

例えば、ある商品をインターネットで購入するとき、支払いが完了すれば商品が自動的に発送されるようなシステムです。
ここでの「スマートコントラクト」は、支払いと商品発送のプロセスを自動で結びつける役割を果たします。

スマートコントラクトによって、離れた場所にいる人同士が、中央の機関や法律に縛られることなく、信頼できる取引や合意を行うことが可能になります

つまり、お互いに会ったことがなくても、安心して取引ができるわけです。

ブロックチェーン技術は聞いたことがありますか?

ブロックチェーンは、データを連鎖させて記録する技術で、この技術がスマートコントラクトを可能にしているのです。

スマートコントラクトの歴史

スマートコントラクトがどのように始まったか知っていますか?
今からスマートコントラクトの誕生とその発展について解説します。

スマートコントラクトは、1994年にニック・サボというアメリカのコンピュータ科学者によって初めて提案されました。

彼は1998年に「ビットゴールド」という仮想通貨を作った人で、これはビットコインが登場する10年前のことです。

実は、サボさんはビットコインの発明者である「サトシ・ナカモト」という人物ではないかと噂されていますが、彼はそれを否定しています。

さて、サボはスマートコントラクトを「契約の条件を実行するコンピューター化された取引の手順」と定義しました。

彼は、電子取引の方法、例えば店頭での販売(POS)の機能をデジタルの世界に広げたいと考えていました。

彼の論文では、派生商品や債券のような合成資産に関する契約の実行も提案されています。

彼は、「これらの新しい証券は、債券(借金を証明する証券)と派生商品(オプションや先物など)を様々な方法で組み合わせて作られます。非常に複雑な支払い条件が今、標準化された契約に組み込まれ、これら複雑な条件のコンピューターによる分析のおかげで、低い取引コストで取引されるようになりました」と書いています。

サボさんの論文での予測の多くは、ブロックチェーン技術が登場する前に実現しました。

例えば、現在の派生商品の取引は、複雑な条件を使ってコンピュータネットワークを通じて行われています。

このように、スマートコントラクトの歴史は、デジタル技術の進化とともに発展してきたんですね。

これからも、私たちの生活にどのように影響を与えていくのか、とても楽しみです。

スマートコントラクトの使い方

みなさん、スマートコントラクトがどんな場面で使われるか、知っていますか?
ここでは、スマートコントラクトの色々な使い方について、わかりやすく説明しますね。

まず、スマートコントラクトは合意を実行するために使われます

これは、二つの当事者の間で取引が行われることを保証するという、とてもシンプルな使い方です。

例えば、ある製造業者が原材料を必要としている場合、スマートコントラクトを使って支払いを設定し、供給者は出荷を設定できます。

そして、二つのビジネス間の合意に基づいて、出荷または配送時に自動的に資金が供給者に移されます。

スマートコントラクトは、不動産取引、株式や商品の取引、貸付、企業統治、サプライチェーン、紛争解決、医療など、多くの分野で使われています。

例えば、不動産取引では、購入者と売り手の間で、物件の支払いや引き渡しの条件をスマートコントラクトで自動的に管理できます。

また、株式や商品の取引では、購入条件や売却条件を設定し、それに基づいて自動的に取引が行われます。

スマートコントラクトの長所と短所

まず、スマートコントラクトの大きな利点は、ブロックチェーン技術の利点と似ています。

それは、第三者(別の人や機関)が必要なくなることです。この技術の他の利点には以下のようなものがあります。

  1. 効率性:契約の実行を速めます。
  2. 正確性:人間によるミスが入る余地がありません。
  3. 不変性:プログラムは変更できません。

しかし、スマートコントラクトにはいくつかの欠点もあります。

  1. 恒久性:間違いがあっても変更できません。
  2. 人間要因:プログラマーが契約の条件を正しくコードに反映させる必要があります。
  3. 抜け穴:コーディングに抜け穴がある場合、不誠実な方法で契約が実行される可能性があります。

例えば、効率性については、スマートコントラクトを使えば、紙の契約書を作成し、郵送する時間が不要になり、すぐに契約が完了します。

しかし、恒久性に関しては、契約に誤りがあった場合、それを後から修正することはできません。

スマートコントラクトについてのよくある質問

Q
スマートコントラクトの簡単な例って何ですか?
A

スマートコントラクトの一番シンプルな例は、消費者とビジネスの間の取引です。ここでの売買が行われるんです。スマートコントラクトは、顧客の支払いとビジネスによる商品の発送や所有権の移転を実行します。

例えば、インターネットで商品を購入するとき、お金を払ったら自動的に商品が発送されるシステムです。ここでの「スマートコントラクト」は、お金の支払いと商品の発送を自動でつなげる役割をします。

Q
スマートコントラクトを持つブロックチェーンは何ですか?
A

イーサリアムは、そのブロックチェーンに本来的にスマートコントラクトの機能が備わっています。ビットコインのブロックチェーンは、タップルートアップグレード後にスマートコントラクトの能力を受け取りました。これにより、スマートコントラクトが有効になっている他のブロックチェーンと通信できるようになりました。

Q
スマートコントラクトって簡単に言うと何ですか?
A

スマートコントラクトは、お互いが約束したことを自動的に行うようにする便利な仕組みです。

まとめ

スマートコントラクトについて解説してきました。

まずはコインチェックの口座開設をして、仮想通貨の準備から始めましょう。

\たったの5分で申請完了!無料でできます!/

コインチェックで口座開設する

  • この記事を書いた人
ponoblog

ともさか

web3関連ライター兼ブロガー。「web3でFIRE」を目指し中。仮想通貨・NFT・メタバース・AIで稼ぐを実験。海外の最新情報を常に追いかけ、初心者にも分かる解説してます。仮想通貨を7桁運用。NFTコレクター。ブログ開始3か月で0→1達成。 ※当ブログで使用している「仮想通貨」は「暗号資産」の事を指します。

-NFT, 仮想通貨