このページのリンクには広告が含まれています。 仮想通貨

イーサリアム(ETH)とは何か?その仕組みと基本をわかりやすく解説

2023年12月29日

イーサリアムのアイキャッチ画像

イーサリアムってよく聞くけどどんな仮想通貨?

ビットコインと何が違うの?

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • イーサリアムとはブロックチェーンという技術を使ったプラットフォームです。「イーサ」という仮想通貨があります。
  • ビットコインとイーサリアムのは将来の目標や制限が違います。
  • 証明方式の変更:イーサリアムは「プルーフ・オブ・ワーク」から「プルーフ・オブ・ステーク」へと変更しました。これは、イーサリアムがどのように動くかを決める重要なルールの変更です。
  • テクノロジーの基盤:イーサリアムは、ブロックチェーンを使った新しい技術の基礎となっています。

【イーサリアム(ETH)を購入するには】

イーサリアム(ETH)を購入するには仮想通貨が必要になります。

4年連続 アプリダウンロード数No.1(2023年1月)のコインチェックの口座開設をして、仮想通貨を準備しましょう。

\たったの5分で申請完了!無料で開設できます!/

コインチェックで口座開設する

イーサリアムって何?

イーサリアムは、ブロックチェーン技術を使った世界中でつながるソフトウェアプラットフォームです。

一番よく知られているのは、イーサリアムの仮想通貨「イーサ(ETH)」です。

イーサリアムは、誰でも安全なデジタル技術を作るために使えます。

このプラットフォームでは、ブロックチェーンを支えるための作業に対して報酬を払うためのトークン(お金のようなもの)があります。
実際の商品やサービスを買うためにも使えます。

イーサリアムは、拡張性が高く、プログラム可能で、安全で、分散型(一つの場所に集中せずに、たくさんの場所で管理されること)になっています。

多くの開発者や企業がこのブロックチェーンを使って、さまざまな業界の仕組みを変えたり、私たちの日常生活を改善したりしています。

イーサリアムは、「スマートコントラクト」という重要な機能を持っています。

スマートコントラクトとは、自動的に取引を実行するプログラムのことで、分散型アプリケーションの背後にある主要なツールです。

多くの分散型金融(DeFi)や他のアプリケーションが、このスマートコントラクトをブロックチェーン技術と組み合わせて使っています。

イーサリアムやそのトークンETHについてもっと知ると、NFT、分散型金融、分散型自律組織、メタバース(仮想空間)など、現代の新しい技術や仕組みにどう関わっているのかがよくわかります。

イーサリアムはどうやって動くの?

まず、イーサリアムを考えたのはヴィタリック・ブテリンという人です。

彼は2014年に「ホワイトペーパー」と呼ばれる書類を作って、イーサリアムを世界に紹介しました。

ホワイトペーパーとは、新しい計画や技術について詳しく書かれた報告書のようなものです。

2015年には、ブテリンジョー・ルービン(ブロックチェーンソフトウェア会社ConsenSysの創業者)によって、イーサリアムプラットフォームが始まりました。

イーサリアムを作った人たちは、ブロックチェーン技術が単に安全な仮想支払い方法を提供するだけでなく、もっと大きな可能性を持っていると初めて考えました。

ブロックチェーン技術とは、情報を安全に保つための特別な方法です。まるで、データをいろいろな場所に分けておくことで、誰かに盗まれにくくするようなものです。

イーサリアムが始まってから、その中の仮想通貨「イーサ」は、市場価値で世界で2番目に大きい仮想通貨になりました。

1番目はビットコインです。

このように、イーサリアムはブロックチェーン技術を使って、世界中で安全にデータをやり取りする新しい方法を提供しているのが、大きな特徴ですね。

ブロックチェーン技術とは

ブロックチェーンとは、簡単に言うと、たくさんのブロックがつながっている長いチェーンのようなものです。

イーサリアムや他の暗号通貨も、この技術を使っています。

それでは、このブロックにはどんな情報が入っているのでしょうか。

実は、新しいブロックが作られるたびに、前のブロックの情報が次のブロックにも加えられるんです。

そして、このブロックチェーンのコピーはネットワーク全体に分けられています。

さて、ブロックチェーンはどうやって正しいか確かめるのでしょう。

ここで重要なのが「自動プログラムのネットワーク」です。

このネットワークは、取引の情報が本当に正しいかどうかをみんなで確認するんです。

ここでは全員が同じ意見にならないと、ブロックチェーンを変えることはできません。

これがブロックチェーンをとても安全にしています。

もう一つ大切なことがあります。

それは、どうやってこの「合意」に達するかです。

これには「コンセンサスメカニズム(合意形成メカニズム)」と呼ばれる方法が使われます。

イーサリアムでは、「プルーフ・オブ・ステーク」というアルゴリズムを使っています。

これは、ネットワークの参加者たち(バリデーターと呼ばれます)が新しいブロックを作り、その情報が正しいかどうかを一緒に確かめる仕組みです。ブロックには、ブロックチェーンの状態、バリデーターの署名やブロックの正当性に対する投票(証明)など、さまざまな情報が含まれています。

このように、ブロックチェーン技術はとても複雑ですが、これがどうやって動いているかを理解することは、これからのデジタル社会でとても役に立ちますよ。

プルーフ・オブ・ステークとは?

ここでは、プルーフ・オブ・ステークという大切な仕組みについて学びましょう。

この仕組みは、ブロックチェーンを守るためにとても重要です。

まず、「プルーフ・オブ・ステーク」とは、別の方法「プルーフ・オブ・ワーク」と違って、たくさんの電力を使う「マイニング」という計算作業が必要ありません。

この仕組みでは、Casper-FFGという最終確認プロトコルと、LMD Ghostというアルゴリズムを組み合わせて、「Gasper」と呼ばれる合意形成メカニズムを使います。

Gasperは合意を監視し、バリデーターがどのように報酬を受け取るか、または不正行為に対してどう罰されるかを決めます。

バリデーターになるためには、32イーサリアム(ETH)を賭ける必要があります。

少ないETHを持っている人は、バリデーションプールに参加して、他の人たちと報酬を分け合うことができます。

バリデーターは新しいブロックを作り、その情報が正しいと証明する「証言」というプロセスを行います。

このブロックは他のバリデーター、つまり「委員会」に送られ、彼らがそれを確認して有効性に投票します。

不正を行うバリデーターは、プルーフ・オブ・ステークの下で罰されます。

ネットワークを攻撃しようとするバリデーターはGasperによって特定され、どのブロックを受け入れ、拒否するかの投票に基づいて判断されます。

不正なバリデーターは、賭けたETHが焼却され(つまり、取り出せない財布に送られて、使えなくなること)、ネットワークから削除されます。

ウォレットについて

ウォレットは、イーサリアムを持っている人が、自分のイーサリアム(Ether)を保存するために使うものです。

ブロックチェーン上にあるイーサリアムにアクセスするためのデジタルなインターフェース(操作画面)の役割を果たします。

ウォレットにはアドレスがあります

これは、メールアドレスのようなもので、他の人がイーサリアムを送る先です。

でも、イーサリアムは実際にはウォレットに保存されているわけではありません。

ウォレットは「秘密鍵」というものを持っています。

これは、取引を始めるときに使うパスワードのようなものです。

イーサリアムを一つ持つごとに、一つの秘密鍵が与えられます。

この鍵はイーサリアムにアクセスするのに必要なので、とても大切です。

だから、違う保存方法を使って鍵を守ることがとても大事だとよく聞くんです。

このように、イーサリアムのウォレットは、私たちのイーサリアムを守るための重要な役割を果たしています。

イーサリアムの歴史

今日は「イーサリアムの歴史の中で重要な出来事」についてお話ししますね。イーサリアムの歴史には、「ハードフォーク」や「分裂」という大きな出来事があります。

これはイーサリアムとイーサリアムクラシックの分離のことです。

2016年に、あるグループがイーサリアムのネットワークをコントロールして、約5,000万ドル分のイーサリアムを盗むという事件がありました。
このお金は「The DAO」というプロジェクトのために集められたものでした。

この盗難の成功は、新しいプロジェクトのための第三者の開発者が関与していたためだとされています。

イーサリアムコミュニティの大多数は、盗まれたイーサリアムを取り戻すために、既存のイーサリアムのブロックチェーンを無効にし、歴史を変更した新しいブロックチェーンを承認しました。

しかし、コミュニティの一部は、元のイーサリアムのブロックチェーンを維持することを選びました。

この変更されていないバージョンのイーサリアムは、恒久的に分裂して「イーサリアムクラシック(ETC)」という暗号通貨になりました。

このように、イーサリアムの歴史には、大きな変化があったんです。

イーサリアムとビットコインの違い

イーサリアムとビットコインはよく比較されますが、いくつか重要な違いがあります。

ビットコイン
イーサリアム
  • 様々なアプリケーションが使える
  • 最大供給量は2,100万枚
  • 取引手数料(ガス代)がかからない
  • プルーフ・オブ・ワーク
  • ビットコインという仮想通貨をサポートするためだけに作られた
  • 供給量に上限がない
  • 取引手数料(ガス代)がかかる
  • プルーフ・オブ・ステーク

まず、イーサリアムは「プログラマブルなブロックチェーン」と呼ばれ、電子的でプログラム可能なネットワークとして位置づけられています。
これは、さまざまなアプリケーションが使えることを意味しています。

一方、ビットコインのブロックチェーンは、ビットコインという暗号通貨をサポートするためだけに作られました。

ビットコインの最大供給量は2,100万枚に限られています。

イーサリアムの場合、作成できるETH(イーサ)の量には上限がありません。

ただし、ETHのブロックを処理するのにかかる時間によって、毎年作られるイーサの量には制限があります。
流通しているイーサリアムのコインは、1億22百万枚以上あります。

イーサリアムとビットコインのもう一つの大きな違いは、取引手数料の扱い方です。

イーサリアムネットワークでは、これらの手数料は「ガス」と呼ばれ、イーサリアムの取引に参加する人たちが支払います。

ビットコインの取引手数料は、広いビットコインネットワークによって吸収されます。

2022年9月現在、イーサリアムは「プルーフ・オブ・ステーク」という合意形成メカニズムを使用しています。

一方、ビットコインはエネルギーを多く消費する「プルーフ・オブ・ワーク」を使用しており、マイナーたちが報酬を競い合います。

イーサリアムの未来

イーサリアムは大きな変化を遂げています。

それは、「プルーフ・オブ・ステーク」という新しいプロトコルへの移行です。

これにより、ユーザーは自分のイーサリアムを使って取引を承認し、新しいETHを作ることができます。

この変化は、以前「Eth2」と呼ばれていたアップグレードの一部ですが、今は単に「イーサリアム」と呼ばれています。

イーサリアムには今、二つの層があります。

  • 一つ目の層は「実行層」で、ここで取引や承認が行われます。
  • 二つ目の層は「合意層」で、ここでは証明や合意のチェーンが維持されます。

このアップグレードにより、イーサリアムネットワークの容量が増え、成長を支えることができるようになりました。

これは、ガス料金を高騰させていたネットワークの混雑問題にも対処する助けになるでしょう。

さらに、イーサリアムは「シャーディング」という開発を進めています。

シャーディングは、イーサリアムのデータベースをネットワーク全体に分割する考え方です。

これはクラウドコンピューティングに似ていて、多くのコンピュータが作業を処理して計算時間を短縮します。

これらの小さなデータベースの部分を「シャード」と呼び、ETHを賭けた人たちが作業します。

シャードによって、より多くのバリデーターが同時に作業できるようになり、合意に達するための時間を「シャーディング合意」というプロセスで短縮できます。

このシャーディングは、2023年に導入される予定です。

イーサリアムの未来はとても明るく、これらの技術的な進化が、イーサリアムをさらに便利で使いやすいものにしてくれるでしょう。

ゲームの世界でのイーサリアム

イーサリアムは、ゲームやバーチャルリアリティ(仮想現実)の世界でも使われています。

例えば、「デセントラランド」というゲームがあります。

これは、イーサリアムの技術を使って、ゲームの中の土地やキャラクター、服装、建物などを本当に自分のものにすることができるんです。

他には「アクシー・インフィニティ」というゲームもあります。

このゲームでは、イーサリアムの技術を使って、ゲーム内で特別なお金「スムース・ラブ・ポーション(SLP)」を使います。

このお金は、ゲーム内でのご褒美や、物を買う時に使うんですよ。

NFTについて

NFTとは、2021年に人気になったデジタル上の特別なアイテムです。

これらは「イーサリアム」という技術を使って作られます。

「トークン化」とは、デジタルのものに特別な記号を付けることを言います。

これにより、そのアイテムが何であるかを特定し、ブロックチェーンという記録帳に保存します。

これが大切なのは、暗号化されたデータが持ち主の情報を保存しているからです。

NFTは売買ができ、その取引はブロックチェーン上で見ることができます。取引はネットワークによって確認され、所有権が移ります。

NFTは様々なアイテムに使われています。
例えば、スポーツファンは好きな選手のファン・トークンを買うことができます。

これはトレーディングカードのようなものです。

これらのNFTは、トレーディングカードに似た絵や、選手のキャリアの思い出深い瞬間のビデオなどがあります。

分散型自律組織(DAO)の発展について

分散型自律組織、つまりDAOは、いろいろな人がインターネットを通じて、一緒に決定をする方法です。

このシステムは今、発展しています。

例えば、あなたがベンチャーキャピタル、つまり新しい会社にお金を出すファンドを作ったとしましょう。

そして、お金を集めるために資金調達を行いました。
でも、あなたは決定をみんなで分散して行いたいし、お金の配分も自動的で透明な方法がいいと考えています。

DAOは、スマートコントラクトというプログラムを使って、ファンドのメンバーからの投票を集め、多数決で投資する会社を決めます。

そして、得られた利益を自動的に分配します。

この取引は全員が見ることができ、お金の管理に第三者は関与しません。

暗号通貨が将来どんな役割を果たすかはまだはっきりしません。

しかし、イーサリアムという技術は、個人や会社の財務管理や、私たちの生活の多くの面で重要な役割を果たすと考えられています。

イーサリアムのよくある質問

Q
イーサリアムをどうやって買えますか?
A

イーサリアムは、コインベース(Coinbase)、クラーケン(Kraken)、ジェミニ(Gemini)、バイナンス(Binance)など、多くの暗号通貨取引プラットフォームで買うことができます。

また、ロビンフッド(Robinhood)のような証券会社でも取り扱っています。

Q
イーサリアムはどうやってお金を稼ぎますか?
A

イーサリアムは中央集権の組織ではなく、お金を直接稼ぐわけではありません。イーサリアムネットワークに参加する検証者たちは、貢献の対価としてETHという報酬をもらいます。

Q
イーサリアムは暗号通貨ですか?
A

イーサリアムは、暗号通貨や他の多くの分散型アプリケーション(dApps)をサポートするブロックチェーン技術のプラットフォームです。

イーサリアムの暗号通貨は「イーサ」または「ETH」と呼ばれますが、イーサリアム自体はプラットフォームであり、ETHはその暗号通貨です。

Q
イーサリアムを現金に変えることはできますか?
A

はい、できます。ETHを持っている投資家は、コインベース、クラーケン、ジェミニなどのオンライン取引所を利用して、ETHを売り、現金に換えることができます。取引所にアカウントを作り、銀行口座をリンクし、イーサリアムウォレットからETHを取引所のアカウントに送ります。そこでETHを売り、売った後に米ドルで受け取ったお金をリンクされた銀行口座に送ります。

イーサリアム(ETH)を購入するには、まずはコインチェックの口座開設をして、仮想通貨の準備から始めましょう。

\たったの5分で申請完了!無料でできます!/

コインチェックで口座開設する

  • この記事を書いた人
ponoblog

ともさか

web3関連ライター兼ブロガー。「web3でFIRE」を目指し中。仮想通貨・NFT・メタバース・AIで稼ぐを実験。海外の最新情報を常に追いかけ、初心者にも分かる解説してます。仮想通貨を7桁運用。NFTコレクター。ブログ開始3か月で0→1達成。 ※当ブログで使用している「仮想通貨」は「暗号資産」の事を指します。

-仮想通貨