このページのリンクには広告が含まれています。 仮想通貨

ビットコイン(BTC)とライトコイン(LTC)の違い:2つの暗号通貨を徹底比較

2024年1月3日

ビットコイン(BTC)とライトコイン(LTC)の違い:2つの暗号通貨を徹底比較

ライトコインはビットコインとどう違うの?

初心者にもわかるように教えてほしい!

この記事ではこのような疑問にお答えます。

本記事の内容

  • ビットコインとライトコインの暗号アルゴリズムの違い
  • 共通のコンセンサスメカニズム
  • それぞれのコインの生産量
  • それぞれの市場規模の比較

この記事では、ビットコイン(BTC)とライトコイン(LTC)という2つの仮想通貨の違いを解説してきます。

仮想通貨初心者の方はコインチェックの口座開設をして、仮想通貨の準備から始めましょう。

コインチェックのおすすめ理由3つ
4年連続 アプリダウンロード数No.1(2023年1月)
21種類の仮想通貨を取扱い(2023年5月)

スマホで最短1日

取引開始までたったの3ステップ

コインチェックで口座開設する

ビットコインとライトコインの違い

ビットコインが作られて以来、何百もの仮想通貨がビットコインから派生したり、新しく作られたりしています。

ライトコイン(LTC)もその一つで、ビットコインから派生した仮想通貨です。

仮想通貨は、ビットコイン以外のものを「アルトコイン」と呼びます。

ライトコインはビットコインと同じブロックチェーン(データを一つの「ブロック」としてチェーンのようにつなげて保存する技術)と検証方法を使っていますが、決定的に異なる点が2つあります。

  1. ライトコインはビットコインよりも取引の確認が速い
  2. ライトコインはビットコインよりも多くのコインを発行できる

あなたが仮想通貨に何を求めるかで変わってきますね。

ビットコイン(BTC)について

ビットコインは、2009年に最初に作られた仮想通貨です。

それから、投資対象商品になったり、交換可能な通貨になったりと紆余曲折を経ながら進化してきました。

ビットコインは、一か所に集中しているデータベースではなく、たくさんの人々のコンピューターの力を使って、正しい情報を保つことに頼っています。

このデータベースのつながりのことを「ブロックチェーン」と呼びます。

ビットコインの特徴は2つあります。

  1. 「プルーフ・オブ・ワーク」と呼ばれる仕組み
  2. 「SHA-256」という暗号化方法を使っている

プルーフ・オブ・ワークは、ビットコインの取引やブロックチェーンの情報を正しいかどうかをチェックするために、コンピューターの計算能力を使う方法です。

SHA-256とは、入力されたデータを固定の長さの出力に変換して暗号化する機能です。

この2つの機能によって、ビットコインのブロックチェーンは安全に保たれているのです。

ライトコイン(LTC)について

ライトコインは、2011年にGoogleの元エンジニア、チャーリー・リーによって作られた仮想通貨です。

彼は、「ビットコインの軽いバージョン」としてライトコインを発表しました。

ライトコインは、ビットコインが集中化(少数の人や組織がコントロールする状態)に向かっていると感じたことへの危機感から作られました。

そのため、ビットコインのいいとこ取りをして作られた仮想通貨になっています。

ライトコインには、注目すべき特性が2つあります。

  • プルーフ・オブ・ワーク
  • スクリプトの使用

ライトコインはプルーフ・オブ・ワーク(作業証明)を使いますが、これは大量のメモリへのアクセスを必要とし、プロセッサの計算力だけに依存しない特徴があります。

また、ライトコインはスクリプト(ess-cryptと発音)というハッシュ関数を使用しています。

スクリプトはSHA-256を使用しますが、プルーフ・オブ・ワークにははるかに高いメモリ要件が必要になります。

ライトコインはビットコインに似ていますが、特にメモリの使用方法が異なるんですね。

ビットコインとライトコインの主な違い

  • ハッシユ関数の違い
  • 市場価値の違い
  • 流通量の違い
  • 取引速度の違い

一つ目はハッシユ関数の違いです。

「ハッシュ関数」というのは、デジタルデータを特定の長さの値に変換する方法です。

ビットコインは「SHA-256」というハッシュ関数を使っています。

これは、コンピュータのグラフィック処理ユニットや特殊なマシンで非常に速く処理できます。一方、ライトコインは別のハッシュ関数を使用しています。

次に、市場価値の違いです。

ビットコインは、大きなマイニングファーム(仮想通貨を生み出すためのコンピュータ設備)やマイニングプール(共同でマイニングを行うグループ)によって採掘され、高い需要と交換レートがあるため、市場価値が非常に高いです。

一方、ライトコインは、ビットコインよりも供給量が少なく、需要が低いため、市場価値が低くなっています。

3つ目に流通量の違いです。

ビットコインネットワークは最大で2,100万枚のコインしか生み出せません。

一方、ライトコインは8,400万枚まで生み出すことができます。

流通量は多ければいいというわけではありません。結局はよく使われたり、価値があるとみんなが思わなければ意味がないんです。

最後に、取引速度の違いです。

ビットコインもライトコインも、瞬時に取引が完了するように宣伝されていますが、実際にはネットワーク参加者による確認が必要です。ライトコインは取引速度を優先する目的で設立されました。ビットコインネットワークの平均取引確認時間(ブロックが検証されてブロックチェーンに追加されるまでの時間)は、約9分ですが、これはネットワークの混雑具合によって大きく変わります。ライトコインの場合、この時間は約2分半です。

それぞれに特徴があり、それぞれの利点があるので、これらの情報を知っておくことは大切ですね。

よくある質問

Q
ライトコインはビットコインより良いですか?
A

どちらが良いかは、あなたの目標やコインで何をしたいか、暗号通貨に対する考え方によります。ライトコインはビットコインよりも早く生成されますが、ビットコインの方が価値が高いです。

Q
残っているライトコインはいくつありますか?
A

ライトコインは最大8400万枚の制限があります。2023年11月1日時点で7383万枚が存在していたので、約1020万枚が残っています。

Q
ライトコインに未来はありますか?
A

ライトコインの未来は、消費者や投資家の気持ちによって変わります。政府の規制、経済状況、政府支援の暗号通貨なども影響します。

Q
なぜライトコインは安いのですか?
A

ライトコインは、他の暗号通貨に比べて供給が多く需要が低いため、LTC/USDの交換レートが低く、購買力が低いです。これは、消費者や投資家の見方に大きく依存しています。交換手段がより多くの商品を購入できる場合、その価値は高くなります。商品や投資が人々にとって高い価値を持つ場合、彼らはそれにより多くのお金を払います。現在、ビットコインはより価値ある資産と見なされているため、価値が高くなっています。

まとめ

この記事のまとめ

  • 暗号アルゴリズムの違い: ビットコインはSHA-256暗号アルゴリズムを使用していますが、ライトコインはScryptアルゴリズムを使用しています。
  • 共通のコンセンサスメカニズム: ビットコインとライトコインは、どちらも作業証明(proof-of-work)コンセンサスメカニズムを使用する暗号通貨です。
  • コインの生産量: ライトコインはビットコインよりも多くのコインを生産することが可能です。
  • 市場規模の比較: ビットコインの市場規模はライトコインのそれよりもかなり大きいです。

まずはコインチェックの口座開設をして、仮想通貨の準備から始めましょう。

スマホで最短1日取引開始までたったの3ステップ

コインチェックで口座開設する

コインチェックのおすすめ理由3つ
4年連続 アプリダウンロード数No.1(2023年1月)
21種類の仮想通貨を取扱い(2023年5月)
  • この記事を書いた人
ponoblog

ともさか

web3関連ライター兼ブロガー。「web3でFIRE」を目指し中。仮想通貨・NFT・メタバース・AIで稼ぐを実験。海外の最新情報を常に追いかけ、初心者にも分かる解説してます。仮想通貨を7桁運用。NFTコレクター。ブログ開始3か月で0→1達成。 ※当ブログで使用している「仮想通貨」は「暗号資産」の事を指します。

-仮想通貨