このページのリンクには広告が含まれています。 仮想通貨

ビットコイン価格の歴史

2024年1月3日

ビットコインの価格の歴史

ビットコインのこれまでの価格の推移を知りたいな…

この記事ではこのような疑問にお答えます。

本記事の内容

  • ビットコインの価格推移の歴史
  • 価格影響要因と進化
  • 日常取引の通貨としての設計
  • 価値の保存とヘッジとしての利用
  • 他の暗号通貨の開発

この記事を読むと、コインチェックがどのように成長してきたか分かります。

まずはコインチェックの口座開設をして、ビットコインの準備から始めましょう。

コインチェックのおすすめ理由3つ
4年連続 アプリダウンロード数No.1(2023年1月)
21種類の仮想通貨を取扱い(2023年5月)

スマホで最短1日

取引開始までたったの3ステップ

コインチェックで口座開設する

ビットコインの価格変動の歴史

ビットコインの価格の推移

ビットコインの価格が変動する理由の一つに、人々のビットコインに対する関心度が挙げられます。

多くの人がビットコインを買い始めると、需要が増えて価格は上昇します。

反対に、売る人が多くなると価格は下がります。

要は、人々がビットコインで儲けようとする心理が大きく影響してくるわけです。

では、具体的に見ていきましょう。

2009–2015

2009年にビットコインは誕生しました。

最初は無料でした。

2010年には、1ビットコインが0.1ドルから0.2ドル(10円から20円くらい)に上がりました。

2011年には、1ビットコインが29.6ドル(約3,000円)になるほど高くなりましたが、その後価格は下がり、年末には4.7ドル(約500円)になりました。

2012年はあまり変わらなかったですが、2013年には大きく価格が上がり、年末には1,000ドル(約10万円)を超えました。

2016–2020

2016年から2020年にかけて、ビットコインの価格は少しずつ上がり、2017年の終わりには19,345.49ドル(約200万円)になりました。

その後、2018年と2019年は価格があまり変わらず、2020年にはCOVID-19のパンデミックの影響で、経済が停滞しましたが、ビットコインの価格はまた上がり始め、年末には約29,000ドル(約300万円)になりました。

2021–2023

2021年には、ビットコインの価格はさらに高くなり、4月には63,558ドル(約650万円)になりましたが、夏には半分の価格に下がりました。

しかし、その後また上がり、11月には68,789ドル(約700万円)に達しました。

2022年には価格が下がり始め、年末には20,000ドル(約200万円)以下になりました。

しかし、2023年にはまた価格が上がり始め、10月には34,154ドル(約350万円)になりました。

ビットコインの2016年から2022年までの価格の推移

2024年は、次の半減期を迎えるにあたり、大きく価格を伸ばしています。
これからも色々な変化があるので注意深く動向を確認しましょう。

ビットコインの価格に影響を与える要因

ビットコインの価格は、いくつかの要因によって変わります。

供給と需要

ビットコインの価格は、人々がビットコインにどれだけの価値を感じるか、そしてどれだけのビットコインが市場に出回っているかによって決まります。

多くの人がビットコインを買いたいと思ったら、価格は上がります。

逆に、需要が減れば価格は下がります。

ビットコインは、設計上、合計で2100万個しか作られません

2100万個に近づくほど、需要が同じか増える限り、価格は高ります。

ビットコインは「マイニング」という方法で作られますが、作られる速度は4年ごとに半分になります。(半減期)

これによって、新しく作られるビットコインの数が減り、価格に影響を与えます。

市場の原理は法定通貨と同じです。

需要が供給を上回る限り、価格は上昇し続けますし、反対に需要が減れば、供給が需要を上回り、価格は下がります。

新しいビットコイン証券

ビットコインは金融商品としても使われています。

投資家や金融機関が価値を保存したり、利益を得るためにビットコインを使います。

このために作られた金融商品がビットコインの価格に影響を与えます。

投資の噂や人気、投資家の恐怖や希望も、ビットコインの需要に影響を与え、価格を変動させます。

他の仮想通貨との競争

他の仮想通貨もビットコインの価格に影響を与えます。

他のコインがビットコインより価値があると思われると、ビットコインの需要と価格は下がります。

つまり、ビットコインの価格は、どれだけの人がビットコインを欲しいと思うか、そして市場にどれだけビットコインがあるかによって決まるというわけです。

まとめ

この記事のまとめ

  • ビットコインの価格推移の歴史: ビットコインは導入されて以来、不安定で変動の激しい取引の歴史を持っています。
  • 価格影響要因と進化: ビットコインは資産クラスとして、その価格に影響を与える様々な要因と共に進化を続けています。
  • 日常取引の通貨としての設計: ビットコインは日々の取引で使用される通貨として設計されました。
  • 価値の保存とヘッジとしての利用: ビットコインは暗号通貨でありながら、投資家によって価値の保存やインフレや市場の不確実性に対するヘッジ手段としても利用されています。
  • 他の暗号通貨の開発: 投資家、経済学者、政府のビットコインへの関心が高まる中、2017年頃から他の暗号通貨の開発が始まりました。

まずはコインチェックの口座開設をして、仮想通貨の準備から始めましょう。

スマホで最短1日

取引開始までたったの3ステップ

コインチェックで口座開設する

コインチェックのおすすめ理由3つ
4年連続 アプリダウンロード数No.1(2023年1月)
21種類の仮想通貨を取扱い(2023年5月)
  • この記事を書いた人
ponoblog

ともさか

web3関連ライター兼ブロガー。「web3でFIRE」を目指し中。仮想通貨・NFT・メタバース・AIで稼ぐを実験。海外の最新情報を常に追いかけ、初心者にも分かる解説してます。仮想通貨を7桁運用。NFTコレクター。ブログ開始3か月で0→1達成。 ※当ブログで使用している「仮想通貨」は「暗号資産」の事を指します。

-仮想通貨