このページのリンクには広告が含まれています。 NFT メタバース 仮想通貨

Web3とは?インターネットの未来への完全ガイド

2023年12月13日

Web3とは?インターネットの未来への完全ガイド

こんな質問をよくいただきます。

結局、Web3ってどういう意味なの?定義とかちゃんと教えてほしいな…

そこで今回は、Web3とは何か?その謎に迫ってみます。

インターネットの黎明期からWeb 3.0までの進化と、この先に待ち受ける現実世界での課題について知ることで、Web3.0への理解を深めていきましょう。

本記事の内容

  • Web3.0とは、分散型技術、特にブロックチェーンを基盤としたインターネットの進化版
  • DeFi、NFT、DAOのようなコア機能の理解が大切
  • 暗号資産への投資、分散型アプリの開発を通じて、Web 3.0に参加できる

【Web3.0を始めるには】

Web3.0を体験するにはするには仮想通貨が必要になります。

4年連続 アプリダウンロード数No.1(2023年1月)のコインチェックの口座開設をして、仮想通貨を準備しましょう。

\たったの5分で申請完了!無料でできます!/

コインチェックで口座開設する

Web3.0とは?

Web3.0とは?

Web3(Web 3.0)は、分散型技術、特にブロックチェーンを基盤としたインターネットの進化版です。

従来の中央集権的なWeb 2.0と異なり、Web3.0ではデータの所有権と管理がユーザーによりコントロールされ、トランザクションは透明かつ安全なブロックチェーン技術を通じて行われます。

これにより、中央集権的な仲介者が不要となり、より民主的でユーザー中心のインターネット体験が提供されることを目指しています。

つまり、Web3.0は、インターネットの新時代の到来を告げるものであり、テクノロジー大手からパワーを分散させ、かつてないほど個人に力を与えることを約束するものなのです。

と言われても、「それで結局何なの?」と言いたくなりますよね。

ブロックチェーン技術を活用したネットインフラ」、「巨大IT企業(GoogleAppleなど)の支配からの個人の解放」というキーワードと、NFTDAOメタバースなどもWeb3.0を定義する一つの要素だと覚えておけば十分です。

分散化の定義

分散化とは、銀行や政府といった中央集権的な主体からユーザーへと権限をシフトさせ、ユーザーが自分のデータをよりコントロールできるようにし、仲介者を介さない安全なピアツーピア取引を可能にする権限を与える形です。

Web3.0の文脈では、分散化によって分散型金融(DeFi)やdAppsのような革新的なサービスが可能になります。

分散型ネットワークはブロックチェーン技術により、中央集権的なコントロールを回避し、より安全で透明性の高いサービスに繋がります。

ブロックチェーン技術の役割

ブロックチェーン技術Web3.0の基盤であり、分散化、情報の安全な保存、取引における仮想通貨の使用を可能にします。

ブロックチェーンの機能性により、Web 3.0はインターネットや相互交流性に革命を起こそうとしているのです。

資産のトークン化からこのような分散型アプリ(dApps)の作成まで、ウェブ3.0におけるブロックチェーンの応用可能性は無限にあると言えるわけです。

インターネットの進化:Web1.0からWeb3.0へ

インターネットの進化:Web1.0からWeb3.0へ

インターネットは、ウェブページと限定的な双方向性のネットワーク(Web 1.0)として始まった時代から、ソーシャルメディア、ユーザー生成コンテンツ、パーソナライズされた体験(Web 2.0)の現在の時代まで、長い道のりを歩んできました。

Web 3.0への移行に伴い、ブロックチェーン技術を搭載し、ユーザーの所有権とプライバシーに焦点を当てた、より分散化された公平なインターネットが期待されています。

Web1.0:インターネットの誕生

Web 1.0はインターネットの草分け的な世代で、次のような特徴があります。

  • 限られた双方向性

最初のウェブサイトは1991年に開設され、Web1.0はインターネットの歴史における重要なマイルストーンであったが、それは驚くべきデジタル世界の始まりに過ぎませんでした。

Web2.0:ソーシャルメディアとユーザー生成コンテンツの台頭

Web2.0は、大きな変化をもたらし、インターネット・ユーザーは次のようなことが可能となりました。

  • コンテンツの読み書き、作成、交流
  • コンテンツに積極的に関わる
  • 自分の創作物を共有する
  • 他者とコラボレーションする

この時代は、Facebook、Twitter、YouTubeなどのソーシャルメディア・プラットフォームと、ユーザー生成コンテンツの爆発的な普及に象徴されます。

Web2.0は、インターネットを参加型のプラットフォームに変えたのです。

Web3.0:分散型の未来

Web3.0は、ユーザーにデータをコントロールする権限を与え、仲介者を必要としない安全なピアツーピア取引を可能にする分散型インターネットを想定しています。

この新時代のインターネットは、分散化、情報の安全な保存、暗号通貨の取引を促進するブロックチェーン技術によって支えられています。

分散型アプリ(dApps)、NFT、そしてメタバースの台頭により、Web 3.0はデジタル世界との関わり方にパラダイム・シフト(その時代に当然と考えられていた物の見方や考え方が劇的に変化すること)をもたらし、より公平で民主的なインターネット体験を生み出すことを約束するのです。

Web3.0の主な特徴とテクノロジー

Web3.0は、以下のようなコア技術によって特徴づけられます。すでにそれぞれがWeb3.0を表す言葉として定着していますよね。

  • セマンティック・ウェブ
  • 人工知能(AI)
  • 分散型金融(DeFi
  • 非代替性トークン(NFT)

これらのイノベーションは、インターネットの利用方法に革命をもたらしてきました。

革新的でパーソナライズされた体験を提供し、分散型ネットワークの成長を促進する可能性を秘めています。

セマンティック・ウェブと人工知能

セマンティック・ウェブ(Semantic Web)はWeb3.0の重要な特徴であり、ウェブ上のデータに意味を持たせることに焦点を当てた、インターネットの拡張形態です。

セマンティック・ウェブでは、データは単なるテキストではなく、「意味」を持った形で表現されます。これにより、コンピュータやアプリケーションがデータの背景にある意味を理解し、より賢く、関連性の高い情報を提供できるようになります。

また、AIはウェブコンテンツやユーザーコマンドの意味を理解し、より効率的でカスタマイズされた応答を提供することを可能にします。
MicrosoftのBingやGoogleのBardはまさに代表ですね

機械学習と人工知能により、Web3.0はニーズや好みに適応し、よりパーソナライズされた賢いインターネット体験を提供することができるわけです。

これは、検索エンジンやターゲット広告などの分野に革命をもたらし、よりシームレスでユーザーフレンドリーなウェブ体験を生み出す可能性を秘めているといえますね。

分散型金融(DeFi)

分散型金融(DeFi)は、銀行や決済処理機関などの中央当局を介さずに金融サービスにアクセスする新しい方法を提供するシステムです。

ブロックチェーン技術とスマートコントラクトを活用することで、安全で透明性の高い、権限のない金融取引を可能にします。

DeFiによりユーザーは金融取引をよりコントロールできるようになるのです。

非代替性トークン(NFT)

非代替性トークン(NFT)は、デジタルアート、コレクターズアイテム、ゲーム内アイテムなどの所有権を表すユニークなデジタル資産です。

ブロックチェーン上に安全に保管されるNFTは、デジタル資産の所有権確立、取引、収益化の新しい方法を提供し、ユーザーコントロールと分散化というWeb 3.0のビジョンに完璧に適合していると言えます。

NFTは、クリエイターとコレクターの双方に新たなチャンスをもたらす可能性を秘めているのです。

Web3.0の実世界での応用

Web 3.0のテクノロジーはすでにさまざまな実世界のアプリケーションで活用されています。

例えば、分散型自律組織(DAO)や仮想世界から、プライバシーやデータ管理の強化など…

これらのアプリケーションは、Web 3.0がデジタル世界との関わり方に革命をもたらし、個人、企業、政府を問わず新たな機会と課題を生み出す可能性を示しています。

ここでは、Web 3.0 の有望な実世界のアプリケーションをいくつか取り上げ、それらが私たちのデジタル交流に及ぼす可能性のある影響について解説します。

分散型自律組織(DAO)

分散型自律組織(DAO)は、Web 3.0の画期的なアプリケーションであり、ブロックチェーン上にエンコードされたルール、計画、目的によって、グループが共通の目的のために集まることを可能にします。

DAOはメンバーによって管理され、ユーザーが保有する暗号トークンの数に関連して投票が行われる民主的な構造に基づいて運営され、より効率的で透明性の高いシステムを可能にします。

組織構造や意思決定プロセスを再構築する可能性を秘めたDAOは、分散型インターネットにおけるガバナンスとコラボレーションの未来を垣間見せてくれます。

メタバースと仮想世界

メタバースと仮想世界は、Web 3.0のもう一つのアプリケーションです。

人々がアバターを通じて自己表現し、様々な活動に従事できる没入型の3D環境を提供します。

ブロックチェーンやNFTのようなWeb3.0テクノロジーは、これらの仮想世界において、安全な取引、デジタル資産の検証可能な所有権、仮想経済を可能にします。

メタバースが成長と進化を続けるにつれ、デジタルコンテンツとの関わり方に革命をもたらし、社会化、コラボレーション、エンターテインメントの新たな機会を生み出す可能性を秘めています。

プライバシーとデータ管理の強化

Web3.0テクノロジーは、ユーザーのプライバシーと個人データの管理を大幅に改善する可能性も秘めています。

ブロックチェーン技術と分散型ネットワークを活用することで、Web3.0では以下の事が可能になります。

  • データの安全な保存
  • オンライン・アイデンティティ(ネット上での性格)の管理
  • 自分のデータをより管理しやすくなる
  • 自分の情報がいつ、どのように使用され、共有されるかを決めることができる

これにより、ユーザーは自分のデータをよりコントロールできるようになり、自分の情報がいつ、どのように使用され、共有されるかを決定できるようになるのです。

データ・プライバシーに関する懸念が高まり続ける中、Web3.0は、より安全で透明性の高いデジタル体験のための有望なソリューションを提供できると言えます。

Web3.0の課題と批判

Web3.0が大きな可能性を秘めている一方で、課題や批判もあります。

技術的な複雑さや規制のハードル、アーリーアダプターに権力やリソースが集中するなど、分散型インターネットへの道はまだ道半ばと言えます。

ここでは、Web3.0の開発と導入に関連するいくつかの注目すべき課題と批判について紹介するとともに、これらの問題に対する機会と可能な解決策についての洞察を提供していきます。

技術的複雑性

Web3.0が直面する主な課題のひとつは、とにかくムズい!

これに尽きると思います。

ブロックチェーン、分散型ネットワーク、スマートコントラクトなど、その基盤となるシステムの技術的な複雑さは圧倒的です。

この複雑さは、開発者にとってもユーザーにとっても険しい学習曲線となり、Web3.0の機能を完全に把握し活用することを難しくしています。

この課題を解決していければ道は開けてくるでしょう。

規制と法的問題

規制と法的問題は、Web 3.0が直面するもう一つの課題です。

テクノロジーの非中央集権的な性質が、管轄権、コンプライアンス、執行に関する問題を引き起こしているからです。

国や州によってブロックチェーンや暗号通貨に関する法律や規制が異なるため、開発者と利用者の双方にとって法的な状況を把握するのが難しくなっています。

Web3.0の普及が進むにつれ、政府や規制当局は透明性のあるフレームワークやガイドラインを作成し、誰にとっても安全で安心なデジタル環境を保証する必要があります。

権力と資源の不平等な分配

Web3.0は権力を分散させ、より公平なインターネットを実現することを目的としています。

しかし、アーリーアダプター(新しいサービスや商品を比較的早期の段階で使う人)や投資家がテクノロジーの発展や方向性に対して不釣り合いな影響力や支配力を行使することが懸念されています。

これは、分散化と民主化の目標を損なう権力と資源の集中につながる可能性がある。

このような懸念に対処し、よりバランスの取れたパワーとリソースの配分を保証することは、Web 3.0の可能性を最大限に活用する上で重要な鍵となります。

Web 3.0に参加するには

もしあなたがWeb3.0の可能性に触発され、参加したい!と思ったら、簡単に参加し、サポートする様々な方法があります。

じつは、Web 3.0の成長と成功に貢献する機会は無数にあります。

ここでは、デジタルのエコシステムに参加し、積極的に貢献する方法についてお教えします。

仮想通貨とデジタル資産への投資

Web 3.0に参加する一つの方法として、デジタルアートやNFT(non-fungible tokens)などの暗号通貨やデジタル資産への投資があります。

ビットコインやイーサリアムなどの暗号通貨は成長するデジタル経済へのエクスポージャーを提供し、デジタルアートやNFTはデジタル資産の世界でユニークな投資機会を提供します。

他の投資と同様、入念な調査を行い、ファイナンシャル・アドバイザーに助言を求めることは、特定の状況に最も適した行動を決定するために不可欠です。

仮想通貨やデジタル資産への投資を始めるには、まずはコインチェックの口座開設をして、仮想通貨の準備から始めましょう。

\たったの5分で申請完了!無料でできます!/

コインチェックで口座開設する

分散型アプリ(dApps)の開発

分散型アプリ(dApps)の開発は、ブロックチェーン技術と分散型ネットワークを活用した革新的なアプリケーションを作成する機会を提供し、Web3.0に参加するもう一つの方法です。

Solidity、Python、Javaなどのプログラミング言語を学び、Ethereum、Hyperledger Fabric、IBM Blockchainなどのブロックチェーンプラットフォームに精通することで、分散型インターネットの成長に貢献するdAppsを開発することができます。

ウェブ3.0の採用をサポート

最後に、Web 3.0の採用をサポートすることは、この新しい時代のインターネットの成功と成長に不可欠です。

Web 3.0の普及を促進し、インターネットの未来を形作るために、あなたができることをいくつかご紹介します。

  • Web 3.0の利点と課題について、自分自身と他人を教育する。
  • 分散型テクノロジーの開発と利用を支持する
  • デジタル経済への参加

これらの行動を取ることで、Web 3.0の導入に貢献し、インターネットの未来を形作る手助けをすることができます。

分散型台帳技術の可能性を活用し、より分散化され、公平な世界を共に目指しましょう。

Web3に関するよくある質問

Q
Web3.0とは何か?
A

Web3.0は、分散化、オープンアクセス、ブロックチェーンやセマンティックウェブなどの先進技術の活用を特徴とする、次世代のワールド・ワイド・ウェブです。Web3.0は、ユーザーに対し、より賢く、つながりを重視した体験を提供することを目的としています。

Q
Web3へのアクセス方法は?
A

Web 3.0へのアクセスは、MetaMaskブラウザ拡張機能をインストールし、アカウントを作成するだけで簡単にできます。Coinbaseアプリからweb3ウォレットをダウンロードし、セットアップすることで、今すぐ始めることができます。

Q
Web 2とWeb3の違いは?
A

Web2はウェブ・アプリケーションを特徴とし、Web3はMLやAIの特性を利用したスマート・アプリケーションの開発を奨励しています。また、Web2は中央集権的なプラットフォームに依存していますが、Web3は仲介者なしでピアツーピアのやりとりを可能にし、ユーザーに権限を提供しています。

Q
ブロックチェーン技術はWeb3.0でどのような役割を果たすのか?
A

ブロックチェーン技術はWeb3.0の基盤技術であり、権限、プライバシー、セキュリティを提供し、分散型アプリやデジタル経済を可能にします。また、データの安全な保存システムを構築し、暗号通貨を使った取引を容易にします。

Q
Web 3.0テクノロジーの実際の活用例は?
A

分散型自律組織(DAO)、メタバースと仮想世界、プライバシーとデータ管理の強化といった活用例があります。

まとめ:Web3.0の世界に飛び込もう

Web3.0は、個人に力を与え、デジタルの状況を民主化する分散型インターネットを提供することがお分かりいただけましたでしょうか。

Web3.0は、ブロックチェーン、AI、セマンティックウェブのような革新的な技術によって、デジタル世界との関わり方を変革する可能性を秘めているのです。

課題や批判が存在する一方で、機会と潜在的な解決策は障害をはるかに凌駕しています。

Web 3.0に参加することで、あなたも一緒にデジタルの未来を共に創ることができるのです。

Web 3.0に参加したいと思ったら、まずはコインチェックの口座開設をして、仮想通貨の準備から始めましょう。

\たったの5分で申請完了!無料でできます!/

コインチェックで口座開設する

  • この記事を書いた人
ponoblog

ともさか

web3関連ライター兼ブロガー。「web3でFIRE」を目指し中。仮想通貨・NFT・メタバース・AIで稼ぐを実験。海外の最新情報を常に追いかけ、初心者にも分かる解説してます。仮想通貨を7桁運用。NFTコレクター。ブログ開始3か月で0→1達成。 ※当ブログで使用している「仮想通貨」は「暗号資産」の事を指します。

-NFT, メタバース, 仮想通貨