このページのリンクには広告が含まれています。 仮想通貨

ビットコインとは何か?マイニング方法、購入方法、そして使い方まで徹底解説

2024年1月3日

ビットコインとは何か?マイニング方法、購入方法、そして使い方まで徹底解説

ビットコインってなに?

買ってみたいけど少し不安…詳しく教えてください!

この記事ではこのような疑問にお答えます。

本記事の内容

  • ビットコインとは
  • ブロックチェーンとは
  • セキュリティの仕組み
  • 購入方法
  • 価値の変動

この記事を読んで、ビットコインの歴史、仕組み、どうやって手に入れるか、どんなことに使えるか学びましょう。

ビットコインに興味が湧いたら、コインチェックの口座開設をして、ビットコインを始める準備をしましょう。

コインチェックのおすすめ理由3つ
4年連続 アプリダウンロード数No.1(2023年1月)
21種類の仮想通貨を取扱い(2023年5月)

スマホで最短1日取引開始までたったの3ステップ

コインチェックで口座開設する

ビットコインとは?

「ビットコイン(BTC)」とは、「仮想通貨」の1つです。

仮想通貨とは、インターネット上で使われる仮想のお金のことで、普通のお金と同じように使えますが、誰か特定の人やグループ、組織に管理されていないのが特徴です。

つまり、銀行のような第三者がお金のやり取りに関わらないのです。

ビットコインは、お金の取引を確認する「ブロックチェーンマイナー」という人たちに報酬として与えられます。

それ以外では、「仮想通貨取引所」で買うこともできます。

ビットコインは、2009年に「サトシ・ナカモト」と名乗る人物またはグループによって公開されました。

それ以来、世界で最も有名な暗号通貨となり、他の多くの仮想通貨の開発に影響を与えました。

これらの競合他社は、ビットコインの代わりになる支払いシステムになろうとしたり、他のブロックチェーンや新しい金融技術で「ユーティリティトークン」や「セキュリティトークン」として使われたりします。

ビットコインの歴史

ビットコインについて学ぶ上で、2008年8月に「Bitcoin.org」という名前のウェブサイトが登録されたことをまずは知っておきましょう。

今日では、このウェブサイトは誰が登録したか公開されていません。

これは「WhoisGuard Protected」という保護がされているからです。

発表

次に、2008年10月の大切な出来事です。ある人物またはグループが、「サトシ・ナカモト」という偽名を使って、暗号技術についてのメーリングリストに「新しい電子マネーシステムを作っている」と発表しました。このシステムは、「信頼できる第三者がいない完全なピアツーピア」とされています。これは、ビットコインの仕組みについての重要な白書(詳しい説明書)がBitcoin.orgに公開されたことを意味します。

最初のブロック

そして、2009年1月3日には、最初のビットコインのブロック、つまり「ブロック0」または「創世記ブロック」と呼ばれるものが作られました。これには「2009年1月3日のタイムズ、銀行への第二の救済策」という文字が含まれていて、その日付以降に作られた証拠とされています。

報酬

ビットコインの報酬については、約21万ブロックごとに半分に減ります。たとえば、2009年には新しいブロックごとに50ビットコインの報酬がありましたが、2020年5月11日の第三回減少で、報酬は1ブロックにつき6.25ビットコインになりました。次の減少は2024年とされ、報酬は3.125ビットコインになるでしょう。

派閥

最後に、ビットコインの分割についてです。1ビットコインは8桁の小数点以下まで分割でき、最小単位は「サトシ」と呼ばれます。必要に応じて、マイナー(ビットコインを生成する人たち)が同意すれば、さらに細かく分割することもできるかもしれません。

このように、ビットコインはただのお金ではなく、新しい技術とシステムの一部です。
それぞれの部分がビットコインを形成しているんですね。

ビットコインのブロックチェーン技術

ビットコインはデジタル通貨の一種です。例えば、ビットコインを持っていれば、その一部を商品やサービスの支払いに使うことができます。しかし、ビットコインの仕組みを理解しようとすると、少し複雑になります。

ブロックチェーン
ビットコインは「ブロックチェーン」と呼ばれる技術によって成り立っています。ブロックチェーンは、データを保存する共有データベースのようなものです。このデータは暗号化されて保護されています。

ブロックチェーン上で取引が行われると、前のブロックの情報が新しいブロックにコピーされ、新しいデータと共に暗号化されます。そして、ネットワーク内の検証者(「マイナー」と呼ばれる人たち)によって取引が検証されます。取引が検証されると、新しいブロックが作られ、ビットコインが生成され、そのデータを検証したマイナーに報酬として与えられます。マイナーはそのビットコインを使ったり、持ったり、売ったりすることができます。

取引は、ネットワーク内のマイナーによって検証されるために待機列に入れられます。ビットコインのブロックチェーンネットワーク内のマイナーは、同時に同じ取引を検証しようとします。マイナーは特殊なソフトウェアとハードウェアを使って、「ナンス」と呼ばれる4バイトの数字を解決しようとします。

ブロックのヘッダーはハッシュ化(ランダムに生成)され、ブロックチェーンによって指定された目標数値に達するまでマイナーによって繰り返し生成されます。ブロックのヘッダーが「解決」されると、新しいブロックが作られ、さらに多くの取引が暗号化されて検証されるために使用されます。

暗号化
ビットコインは「SHA-256」というハッシングアルゴリズムを使って、ブロックチェーン上のブロックに保存されたデータを暗号化します。簡単に言うと、ブロックに保存された取引データは256ビットの16進数の数字に暗号化されます。その数字には、そのブロックの取引データと、そのブロックの前にあるブロックへのリンク情報が含まれています。

このようにして、ビットコインはブロックチェーンという特殊な技術を使って、取引を安全に保ちながら行うことができるのです。

ビットコインのマイニング方法

ビットコインを「マイニング」とは、特別なコンピューター機器やソフトウェアを使って、ビットコインを得る作業のことです。ビットコインが最初に登場したときは、個人のパソコンでも競争できました。しかし、ビットコインが人気になるにつれて、たくさんの「マイナー」(ビットコインを探す人たち)がこのネットワークに加わりました。それにより、成功する確率が低くなりました。

なぜかというと、今では世界中のマイナーが毎秒約444京(444エクサハッシュ)ものランダムな番号を生成しています。これは非常に大きな数字です。特別にビットコインマイニング用に作られた「ASIC」と呼ばれるマシンは、1秒間に最大335兆のハッシュを生成できます。これに比べると、最新のハードウェアを持つ普通のコンピューターは、1秒間に1億(100メガハッシュ)程度です。

ビットコインマイナーになるには、いくつかの方法があります。既存のコンピューターでビットコインに対応したマイニングソフトウェアを使うこともできますし、「マイニングプール」に参加することもできます。マイニングプールとは、いくつかのマイナーが力を合わせて、大きなASICマイニングファームに対抗するためのグループです。

また、資金があればASICマイナーを購入することもできます。新品は約10,000ドルで手に入りますが、システムをアップグレードするために古いマイナーを売る人もいます。ASICを購入する場合、電気代や冷却コストなど、かかる費用を考慮する必要があります。

マイニングプログラムにはいくつかの種類があり、多くのプールに参加することができます。よく知られているプログラムには、CGMinerやBFGMinerがあります。プールを選ぶときは、どのように報酬が支払われるか、手数料があるかどうかを確認し、マイニングプールのレビューを読むことが大切です。

ビットコインの買い方

ビットコインを「採掘(マイニング)」という方法で手に入れることもできますが、もっと簡単な方法があります。

それは、「仮想通貨取引所」と呼ばれる場所で買うことです。

仮想通貨取引所であれば、日本円でビットコインを買うことができます。

買い方はとても簡単です。まず、「コインチェック」でアカウントを作り、そこにお金を入れます。

大事なことは、ビットコインを買うときは、よく理解してから、慎重に行うことです。

ビットコインはどのように使われるのか?

ビットコインは、最初にデジタルのお金として作られました。そして、価値が上がったり、他のブロックチェーンやデジタル通貨の競争があったりすることで、使われ方が増えています。

支払い

まず「支払い」についてです。ビットコインを使うには、「仮想通貨の財布」が必要です。この財布は、ブロックチェーンとつながる道具で、ビットコインを持っている「鍵」を持っています。この鍵があると、商品を買ったりサービスを受けたりするときに、ビットコインで支払うことができます。たくさんのお店やサービスで、ビットコインが使えますよ。

お店に行くと、「ビットコインで支払えます」という看板が見えることがあります。そのお店では、特別な機械やQRコード、タッチスクリーンのアプリを使って、ビットコインで支払います。ネットでのお買い物でも、クレジットカードやPayPalと一緒に、ビットコインで支払うことができるようになっています。

投資

次に「投資や投機」です。ビットコインが人気になると、投資家や投機家が興味を持ちました。2009年から2017年の間に、ビットコインを売買する「仮想通貨の取引所」ができました。価格が上がり、需要が増えて、2017年には1ビットコインが1,000ドルを超えました。たくさんの人が、価格がもっと上がると思って、ビットコインを買いました。短期で売買するトレーダーも増え、市場が活発になりました。

でも2022年には、ビットコインの価格が大きく下がりました。3月には47,454ドルだったのが、11月には15,731ドルになりました。2023年に少し回復して、31,474ドルまで上がりましたが、また30,000ドル以下に下がりました。この下がり方は、インフレーションや利息の上昇、コロナウイルスによる供給チェーンの問題、ウクライナの戦争など、他の資産の下落や市場の混乱も関係しています。さらに、大切なデジタル通貨のトークンや取引所が問題を起こして、デジタル通貨の安定性について心配が高まっています。

ビットコイン投資のリスク

ビットコインは最近、価格が急に上がったことで、たくさんの人が投資に興味を持っています。たとえば、2019年12月31日には1ビットコインが7,167.52ドルでしたが、1年後には300%以上増えて28,984.98ドルになりました。2021年の前半にはさらに上がり、11月には68,990ドルの最高値を記録しました。ですが、その後数ヶ月で価格は下がり、約40,000ドルで推移しています。

多くの人がビットコインを買う理由は、投資としての価値があるからです。しかし、価格が安定していないことや、デジタルであることにはリスクがあります。例えば、アメリカの証券取引委員会(SEC)や金融業規制機構(FINRA)、消費者金融保護局(CFPB)などは、ビットコイン投資に関する注意を発しています。

リスクはいくつかあります。

  • 「規制のリスク」: ビットコインのようなデジタル通貨の規則が統一されていないため、将来的な安定性や流動性、普遍性に疑問があります。
  • 「セキュリティリスク」: ビットコインを持っている人の多くは、「マイニング」という方法で得ていません。彼らは、オンラインの市場である「仮想通貨取引所」でビットコインを買ったり売ったりしています。これらの取引所はデジタル上にあり、ハッカーやウイルス、システムの不具合などのリスクがあります。
  • 「保険リスク」: ビットコインや他の仮想通貨は、証券投資者保護法人(SIPC)や連邦預金保険公社(FDIC)によって保護されていません。ただし、一部の取引所では第三者を通じて保険を提供しています。2019年には、主要なディーラーであるSFOXがビットコイン投資家にFDIC保険を提供することを発表しましたが、これは現金取引に限られます。
  • 「詐欺リスク」: ブロックチェーンにはセキュリティがありますが、詐欺の可能性もあります。
  • 「市場リスク」: 他の投資と同じように、ビットコインの価値は変動します。実際、この通貨は短い存在期間の間に価格が大きく変動しました。取引所での大量の売買に敏感で、新しいニュースによって大きく影響を受けます。CFPBによると、2013年には1日でビットコインの価格が61%下がり、2014年には1日で80%下がった記録もあります。

ビットコインへの投資は、大きなチャンスもありますが、これらのリスクを理解し、慎重に考えることが大切です。

ビットコインの規制

ビットコインは、新しい技術です。新しい技術は、規制するのが難しいものです。アメリカの現政権は、ビットコインに規制をかけようとしています。しかし、同時に、成長している経済的にも有益なこの業界を抑えすぎないように注意しています。

バイデン大統領は、ビットコインの違法使用を防ぐと同時に、その発展を支援すると述べました。アメリカは特に、海外での暗号通貨の犯罪的利用を規制することに注目しています。例えば、暗号通貨交換所や個々の暗号通貨ウォレットに制裁を加えたり、犯罪者に支払われた暗号通貨の回収などを行っています。

ビットコインや暗号通貨の世界が現れるにつれて、規制も現れます。徐々に法整備も進むでしょう。

ビットコインのよくある質問

Q
ビットコインを1枚マイニングする(採掘する)のにどのくらいの時間がかかりますか?
A

ビットコインを採掘するのに必要な時間は平均で約10分かかります。ビットコインの報酬は1ブロックにつき6.25BTCです。1BTCを採掘するのに約96秒かかる計算になります。

Q
残っているビットコインはいくつありますか?
A

現存するビットコインの総数は1951万です。2023年10月10日時点で、まだ採掘されていないビットコインは約140万個です。

まとめ

この記事のまとめ

  • ビットコインとは: 2009年に開始されたビットコインは、市場価値が最も大きい仮想通貨です。
  • ブロックチェーンとは: ビットコインは、中央の管理者がいない「ブロックチェーン」という記録システムを使って作られ、分配され、取引され、保管されます。
  • セキュリティの仕組み: ビットコインとその記録は、「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)」というセキュリティシステムで守られています。これは取引の確認とシステムの安全も守ります。
  • 購入方法: ビットコインは、いろいろな仮想通貨取引所で買うことができます。
  • 価値の変動: ビットコインは価値を保つものとしての歴史が不安定です。短い間にいくつかの急成長と急落を経験しました。

ビットコインに興味を持ったら、まずはコインチェックの口座開設をして、仮想通貨の準備から始めましょう。

スマホで最短1日取引開始までたったの3ステップ

コインチェックで口座開設する

コインチェックのおすすめ理由3つ
4年連続 アプリダウンロード数No.1(2023年1月)
21種類の仮想通貨を取扱い(2023年5月)
  • この記事を書いた人
ponoblog

ともさか

web3関連ライター兼ブロガー。「web3でFIRE」を目指し中。仮想通貨・NFT・メタバース・AIで稼ぐを実験。海外の最新情報を常に追いかけ、初心者にも分かる解説してます。仮想通貨を7桁運用。NFTコレクター。ブログ開始3か月で0→1達成。 ※当ブログで使用している「仮想通貨」は「暗号資産」の事を指します。

-仮想通貨