このページのリンクには広告が含まれています。 仮想通貨

ビットコイン以外で知っておくべき重要な仮想通貨10選

2024年2月1日

ビットコイン以外で知っておくべき重要な仮想通貨10選

ビットコイン以外に注目すべき仮想通貨はある?

なぜ多くのアルトコインが存在するのか知りたい!

この記事ではこのような疑問にお答えます。

本記事の内容

  • ビットコインの支配
  • イーサリアムの貢献
  • アルトコインの革新

ビットコインは、ただの流行り物ではありません。デジタル通貨の世界に新しい波を起こしました。それは、中央の管理者がいない分散型のネットワークに基づいて作られた仮想通貨たちです。そして、ビットコインは今や仮想通貨の基準となり、多くの人々や新しいプロジェクトに影響を与えています。

しかし、ビットコインだけが仮想通貨ではありません。他にもたくさんの仮想通貨があり、それらがどのように成長しているかを知ることはとても大切です。価格の大きな上昇や下降にも耐えてきた、ビットコイン以外の仮想通貨もいくつかあります。

まずはコインチェックの口座開設をして、仮想通貨の準備から始めましょう。

コインチェックのおすすめ理由3つ
4年連続 アプリダウンロード数No.1(2023年1月)
21種類の仮想通貨を取扱い(2023年5月)

スマホで最短1日取引開始までたったの3ステップ

コインチェックで口座開設する

仮想通貨とは何か?

ビットコイン(BTC)以外の選択肢を詳しく見る前に、「仮想通貨」と「アルトコイン」について簡単に説明しましょう。

仮想通貨とは、広く定義すると、トークンやコインの形をとるデジタルまたはバーチャルなお金のことです。ビットコインをモデルにした仮想通貨は、一般にアルトコインと呼ばれ、ビットコインの改良版や改善版として自己を提示しようとすることがあります。

仮想通貨の「クリプト(crypto)」は、デジタル通貨を作成し処理するための暗号技術を指します。この重要な「クリプト」機能とともに、分散化を維持するという共通の約束があります。仮想通貨は、通常、発行メカニズム(しばしばマイニングと呼ばれるプロセスを通じて、必ずしもそうではないが)やその他の制御を組み込んで開発されるチームによって作られます。

仮想通貨は、ほとんどの場合、政府の操作や制御から自由であるように設計されています。しかし、人気が高まるにつれて、この業界の基礎となる側面は批判の対象となっています。

アルトコインの種類

仮想通貨

仮想通貨は、支払い用に設計されています。これは、ユーザーの分散型ネットワークを通じて価値(デジタルマネーのようなもの)を送ることを目的としています。多くのアルトコイン(つまり、ビットコインや時にはイーサリアムではないもの)がこの方法で分類されます。

トークン

ブロックチェーンベースのトークンには、お金とは異なる目的を持つものもあります。たとえば、ブロックチェーンや分散型金融(DeFi)プロジェクトにおける一部の権益を表す、初期コイン提供(ICO)の一環として発行されるトークンが挙げられます。もしトークンが会社やプロジェクトの価値にリンクしている場合、それらはセキュリティトークン(安全ではなく、株式のような証券を意味する)と呼ばれることがあります。

他のトークンには、特定の使用例や機能があります。例としては、分散型ネットワークを介して人々がファイルを共有できるようにするStorjトークンや、インターネットアドレス用の分散型ドメインネームシステム(DNS)サービスを提供するNamecoinがあります。

これらはユーティリティトークンとして知られています。

今日では、多くの暗号ユーザーがこれらの違いを理解し、評価していますが、トレーダーや一般投資家は、すべてのカテゴリのトークンが暗号交換所で同じように取引されるため、違いに気づかないかもしれません。

1:イーサリアム(ETH)

イーサリアム(ETH)は、分散型のソフトウェアプラットフォームであり、スマートコントラクトや分散型アプリケーション(dApps)を、第三者のダウンタイム、詐欺、制御、干渉なしに構築し、実行することを可能にします。イーサリアムの背後にある目標は、世界中の誰もが、国籍、民族、信条に関係なく自由にアクセスできる分散型の金融製品スイートを作成することです。

この側面は、国家のインフラや国家の身分証明を持たない人々が、銀行口座、ローン、保険、またはその他の様々な金融製品にアクセスできるようになるため、一部の国の人々にとってより魅力的な意味を持ちます。

イーサリアムは、プラットフォーム固有の暗号トークンであるイーサを使用します。イーサ(ETH)は、ブロックチェーンのために彼らのコインをステーキングする検証者に支払うため、オフチェーンでの支払い方法、そして投機家による投資として使用されます。 2015年に発売されたイーサ(ETH)は現在、市場資本化においてビットコインに次いで2番目に大きなデジタル通貨であり、主要な暗号通貨に大きく遅れを取っています。

2023年8月25日現在、ETHあたり約1,652ドルで取引されているイーサの市場価値は、約1990億ドルでビットコインの半分以下でした。

2:テザー(USDT)

テザー(USDT)は、安定した価値を持つ仮想通貨、いわゆるステーブルコインの中で最初で最も人気のあるものの一つです。ステーブルコインは、市場価値を通貨や他の外部の基準点に固定することで、価格の変動を減らすことを目指しています。ビットコインのような主要なデジタル通貨でも頻繁に大きな価格変動を経験しているため、テザーを含むステーブルコインは、価格の変動を平滑化して、そうでなければ慎重になるかもしれないユーザーを引き付けようとします。

テザーの価格は、米ドルに直接結びつけられています。このシステムにより、ユーザーは他の仮想通貨から米ドルにより簡単かつ迅速に転送することができます。これは、標準通貨に実際に変換するよりもタイムリーです。

2014年に発売されたテザーは、「デジタルで法定通貨をより簡単に使用できるようにするブロックチェーン有効プラットフォーム」として自己を説明しています。実質的に、この仮想通貨は、個人が伝統的な通貨で取引を行うことができるようにブロックチェーンネットワークと関連技術を利用することを可能にし、デジタル通貨にしばしば関連するボラティリティと複雑さを最小限に抑えます。

2023年7月22日には、テザーは市場資本化において第三位の仮想通貨であり、市場価値は838億ドル、トークンあたりの価値は1.00ドルでした。

3:リップル

XRPは、2012年にRippleによって支払いシステムとして作られたXRPレジャーのネイティブトークンです。XRPレジャーは、合意形成と検証のためにプルーフ・オブ・ワークやプルーフ・オブ・ステークを使用しないXRPレジャー合意プロトコルという合意形成メカニズムを使用しています。代わりに、クライアントアプリケーションはトランザクションを署名してレジャーサーバーに送信します。それからサーバーはトランザクションを比較し、それらがレジャーに入る候補であるかどうかを結論付けます。

次に、サーバーはトランザクションの候補をバリデーターに送り、バリデーターはサーバーがトランザクションを正しく取得したことに合意し、レジャーのバージョンを記録する作業を行います。

2023年7月22日には、XRPの市場資本化は約393億ドルであり、約0.74ドルで取引されていました。

4:バイナンスコイン(BNB)

バイナンスコイン(BNB)は、バイナンス取引所での取引に関連する手数料の支払い方法として機能するユーティリティ仮想通貨です。市場資本化において、第三位の仮想通貨です。

このトークンを取引所の支払い手段として使用する人は、割引で取引ができます。

バイナンスコインのブロックチェーンは、バイナンスの分散型取引所が運用されるプラットフォームでもあります。バイナンス取引所は、Changpeng Zhaoによって設立され、取引量に基づいて世界で最も広く使用されている取引所の一つです。

バイナンスコインは当初、イーサリアムブロックチェーン上で運用されるERC-20トークンでした。その後、メインネットを立ち上げ、PoS合意モデルを使用しています。2023年7月22日には、バイナンスコインの市場資本化は373億ドルで、1BNBは約242.55ドルでした。

5:USDコイン(USDC)

もう一つのステーブルコインであるUSDコインも、法定通貨担保の準備金を使用して、その価格を米ドルに固定しています。これは、流通しているUSDコインの量に等しい量の法定通貨を保有していることを意味します。

USDコインは2018年に、CircleとCoinbaseからなるCentreコンソーシアムによって発売されました。Circleが米国に拠点を置いているため、規制の対象となり、USDCは規制されたステーブルコインとなっています。

2023年7月22日の時点で、USDコインの市場資本化は308億ドルで、コインあたりの価格は0.9999ドルでした。

6:カルダノ(ADA)

カルダノ(ADA)は、「オウロボロス証明ステーク」仮想通貨であり、エンジニア、数学者、暗号学の専門家による研究ベースのアプローチで作成されました。このプロジェクトは、イーサリアムの初期の創設メンバー5人のうちの1人であるチャールズ・ホスキンソンによって共同で創設されました。イーサリアムが取っていた方向性に同意できなかった彼は脱退し、後にカルダノの創設を手助けしました。

カルダノの背後にいるチームは、広範な実験と査読された研究を通じて、独自のブロックチェーンを作り出しました。このプロジェクトの研究者たちは、様々なトピックにわたるブロックチェーン技術に関して120以上の論文を執筆しています。

この研究がカルダノの基盤です。

この厳格なプロセスにより、カルダノはPoSの仲間や他の主要な仮想通貨の中で際立っています。カルダノは「イーサリアムキラー」とも呼ばれています。その理由は、カルダノのブロックチェーンがより多くのことを可能にすると言われているからです。それでもなお、カルダノはDeFiアプリケーションに関してはまだ初期段階にあり、進むべき道は長いです。

カルダノは、イーサリアムのようなDeFi製品を確立することによって、世界の金融オペレーティングシステムを目指しています。チェーンの相互運用性、投票詐欺、法的契約の追跡など、様々な問題に対する解決策を提供することを希望しています。2023年7月22日には、カルダノは市場資本化で第7位となり、1ADAは約0.31ドルで取引されていました。

7:ソラナ(SOL)

2017年に設立されたソラナは、分散型アプリケーション(dApps)をサポートするために設計されたブロックチェーンプラットフォームです。「イーサリアムキラー」とも呼ばれるソラナは、イーサリアムよりも1秒あたりに多くのトランザクションを処理します。さらに、イーサリアムよりも低い取引手数料を請求します。

ソラナとイーサリアムは、分散型金融(DeFi)や非代替トークン(NFTs)を含む最先端のアプリケーションを実行するために不可欠なスマートコントラクトを利用することができます。

ソラナブロックチェーン上で動作する暗号通貨は、ソラナ(SOL)と呼ばれています。設立以来、その価格は著しく上昇しました。2023年7月22日には、ソラナの市場資本化は84億ドルで、約21ドルの価値があり、市場資本化による仮想通貨の第8位でした。

8:ドージコイン(DOGE)

ドージコイン(DOGE)は、一部の人々によって元祖「ミームコイン」と見なされ、2021年にその価格が急騰し、話題となりました。このコインは、シバイヌの画像をアバターとして使用し、いくつかの大手企業によって支払い手段として受け入れられています。

ドージコインは、2013年にソフトウェアエンジニアのビリー・マーカスとジャクソン・パーマーによって作成されました。マーカスとパーマーは、仮想通貨市場の激しい投機をコメントするジョークとして、このコインを作成したと伝えられています。

2023年7月22日時点で、ドージコインの市場資本化は99億ドルで、1DOGEは約0.07ドルと評価され、市場資本化による第9位の仮想通貨となりました。

ドージコインに触発されたミームコインであるシバイヌ(SHIB)は、2021年秋に注目を集め、一時的にドージコインの市場資本化を超えました。

9:トロン(TRX)

トロン財団は2017年に立ち上げられ、デジタルコンテンツ制作者がトークン化とdAppsを通じて完全な所有権を持てるようにすることを目的としています。TRXを発売した背景には、開発者がdAppsを作成できる方法を提供することがありました。2018年にトロンは、人気のファイル共有プログラムであるBitTorrentを購入し、トロンブロックチェーンに統合しました。

トロンのネイティブトークンであるTRXは、チェーン上の取引や取引所での支払い方法として使用されます。TRXを持つ人は誰でもスーパーレプレゼンタティブ、つまり取引を検証しブロックチェーンに新しいブロックを作成する権限と義務を持つ人になることを申請できます。この仮想通貨の合意形成メカニズムは、ネットワークがスーパーレプスを投票で選出する、イーサリアムのプルーフ・オブ・ステークを改良したバージョンである指名プルーフ・オブ・ステーク(DPoS)です。

2023年7月22日時点で、TRXの価値は0.085ドルで、市場資本化は76.4億ドルでした。

10:ポリゴン(MATIC)

ポリゴン(MATIC)は当初、イーサリアムネットワークの混雑とトラフィックの問題を解決するためのレイヤー2ソリューションとして開発されました。最近の革新により、イーサリアムの仮想マシンを使用してブロックチェーンが連携できるマルチチェーンシステムになりました。

ポリゴンは3つのレイヤーを使用しています:イーサリアム、ヘイムダル、そしてボーアです。ボーアはブロックを生成するレイヤーで、トランザクションをブロックにまとめ、ブロックチェーンの定期的なスナップショットを作成します。ボーアレイヤーの検証者はブロックプロデューサーと呼ばれます。プロデューサーからのブロックはヘイムダルレイヤーによって集約され、ボーアレイヤーの最後のスナップショット以来に作成されたすべてのブロックを検証します。その後、メルクルツリーを作成し、メルクルルートをイーサリアムメインネットに公開します。

ポリゴンはスマートコントラクト、dApps、NFTSをホストし、開発者が選択できるいくつかの他のソリューションを提供しています。

2023年7月22日には、MATICは0.76ドルで取引され、市場資本化は70.9億ドルでした。

その他のアルトコイン

ここでは10のアルトコインしか紹介できませんでしたが、他にも多くの重要な仮想通貨が存在し、時間とともにユーザーベース、市場価値、影響力の点で位置を争っています。2023年7月時点での、いくつかの他の重要な仮想通貨には以下のものがありますが、これに限定されません:

その他のトップアルトコイン

  • Dai(DAI)は、米ドルに固定された別のステーブルコインです。価格は1.00ドルで、市場資本化は49億ドルです。
  • シバイヌ(SHIB)はミームコインで、価格は0.00001ドルで、市場資本化は61億ドルです。
  • アバランチ(AVAX)は、最終性に至るまでの時間で測定された最速のスマートコントラクトプラットフォームであり、プルーフ・オブ・ステークプロトコルでその活動を保証するバリデーターが最も多いです。価格は16.92ドルで、市場資本化は55億ドルです。
  • ラップドビットコイン(WBTC)は、イーサリアムブロックチェーン上で運用されるトークン化されたビットコインです。価格は27,572.00ドルで、市場資本化は42億ドルです。

仮想通貨のよくある質問

Q
仮想通貨の重要性は何ですか?
A

ブロックチェーンベースの仮想通貨は、分散型プラットフォームとして、個人がピアツーピアの金融取引を行ったり、契約に入ったりすることを可能にします。どちらの場合でも、銀行、通貨権限、裁判所、裁判官など、信頼できる第三者の仲介者が必要ありません。これは、既存の金融秩序を変革し、金融を民主化する可能性を持っています。仮想通貨スペースの規模は、革新と総市場資本化が1.2兆ドルを超えるほど、指数関数的に成長しています。

Q
なぜ多くの仮想通貨が存在するのですか?
A

現在のほとんどの仮想通貨は、ある形または別の形でビットコインから派生しており、ビットコインはオープンソースコードと検閲に抵抗するアーキテクチャを使用しています。これは、誰でもコードをコピーして調整し、自分の新しいコインを作成できることを意味します。これは多くの団体が様々な理由で行っています。

Q
他にどのような重要な仮想通貨がありますか?
A

他の重要なコインには、ライトコイン(LTC)、チェーンリンク(LINK)、コスモス(ATOM)、モネロ(XMR)があります。

Q
なぜビットコインは依然として最も重要な仮想通貨なのですか?
A

数千もの競合他社が登場しているにもかかわらず、元祖の仮想通貨であるビットコインは、使用状況と経済的価値の点で支配的なプレイヤーのままです。これまでのところ、市場資本化と価値においてビットコインに匹敵するものはありません。

まとめ

この記事のまとめ

  • ビットコインの支配: ビットコインは、市場資本化、ユーザーベース、そして人気の面で仮想通貨界で最も先頭に立っています。これは、仮想通貨市場におけるビットコインの強固な地位を示しています。
  • イーサリアムの貢献: イーサリアムなどの他の仮想通貨は、分散型金融(DeFi)システムの構築に貢献しています。これは、仮想通貨が金融システムの変革に一役買っていることを意味します。
  • アルトコインの革新: いくつかのアルトコインは、ビットコインより新しい機能を持っていると評価されており、例えば1秒あたりに処理できる取引数が多い、または異なる合意形成アルゴリズムを使用しています。これは、仮想通貨の技術的進化を示しています。

まずはコインチェックの口座開設をして、仮想通貨の準備から始めましょう。

スマホで5分取引開始までたったの3ステップ

コインチェックで口座開設する

コインチェックのおすすめ理由3つ
4年連続 アプリダウンロード数No.1(2023年1月)
21種類の仮想通貨を取扱い(2023年5月)
  • この記事を書いた人
ponoblog

ともさか

web3関連ライター兼ブロガー。「web3でFIRE」を目指し中。仮想通貨・NFT・メタバース・AIで稼ぐを実験。海外の最新情報を常に追いかけ、初心者にも分かる解説してます。仮想通貨を7桁運用。NFTコレクター。ブログ開始3か月で0→1達成。 ※当ブログで使用している「仮想通貨」は「暗号資産」の事を指します。

-仮想通貨