このページのリンクには広告が含まれています。 仮想通貨

仮想通貨のバーンとは?その実用的な応用例

2024年1月13日

仮想通貨のバーンとは?その実用的な応用例

仮想通貨を「バーン」したって言葉を聞くけど、

どういう意味なの?

この記事ではこのような疑問にお答えます。

本記事の内容

  • バーンとは
  • バーンに使われるアドレス
  • バーンの効果
  • バーンの目的

仮想通貨を始めるには、まずはコインチェックの口座開設をして、仮想通貨の準備から始めましょう。

コインチェックのおすすめ理由3つ
4年連続 アプリダウンロード数No.1(2023年1月)
21種類の仮想通貨を取扱い(2023年5月)

スマホで最短1日取引開始までたったの3ステップ

コインチェックで口座開設する

仮想通貨のバーンとは?

仮想通貨のバーン(燃やす)って言葉、聞いたことありますか?

簡単に言うと「仮想通貨(トークンやコインとも呼ばれます)を意図的に使えなくすること」です。

なぜそんなことをするのでしょう?

それは、その仮想通貨の価値を高めるためです。

バーンすると、その通貨の流通量が減ります。

流通量が減ると、残っている通貨の価値が上がります。

これは法定通貨でも行われる手法ですね。日銀が景気の調整のためにお金の量をコントロールしていますよね。

ただ、法定通貨と違うのは、バーンした仮想通貨は二度と使えないということ。

このバーンはどうやって行うのかというと、通貨を「特定のウォレット(仮想通貨のお財布)」に送ります。

でも、このウォレットは特別です。

送られた通貨を取り出すことができないんです。

なぜなら、その通貨を動かすための「秘密の鍵」が使えないようになっているから。

結果として、その通貨はもう使うことができなくなります。

要するに、バーンとは「通貨をわざと使えなくすることで、通貨の価値を高めようとする行為」です。

バーンの仕組み

バーンの仕組みを理解するために、仮想通貨の基本から説明します。

仮想通貨を使う人には、公開された「アドレス」が割り当てられます。

このアドレスは、メールアドレスのように考えてみてください。

メールアドレスがあれば、どこからでもメールを送受信できますよね?

仮想通貨のアドレスも同じ。

このアドレスがあれば、仮想通貨のネットワーク上であなたのものと認識され、取引ができるんです。

これが「ウォレットアドレス」と呼ばれるものです。

では、「バーン」はどういうことかというと、単純に言えば「コインをもう使えなくする」ことです。

一体どうやって?

それは、コインを「受け取るだけのアドレス」に送るんです。

これらのアドレスは「イーター(消費者)」や「バーナー(焼却者)」と呼ばれることがあります。

仮想通貨のウォレットは、あなたのトークンにアクセスするための「鍵」を保管しています。この鍵がバーナーウォレットに送られると、もうアクセスや回復はできません。

トークンは永遠に使えなくなるわけです。

このように、バーンの仕組みは、特定のアドレスにコインを送ることで、そのコインを市場から取り除いているんです。

バーンの実用的な応用

市場からコインを取り除くバーンがなぜ重要かというと、市場に出回るコインの量を調整し、その価値を変えるためです。

この考え方、実は新しくありません。

例えば、中央銀行がやっていることを考えてみましょう。

中央銀行は、その国のお金の量を調整して、そのお金の買い物できる力(購買力)を変えています。

市場にお金が多ければ価値が下がり、少なければ価値が上がるということです。

では、仮想通貨のバーニングにはどんな実用的な理由があるのでしょうか?

一つには、トークンの希少性を高めること。

これによって、そのコインの価値を上げることができます。

また、市場の過剰な供給を減らすことで、価格の安定化にも寄与します。

このように、バーンは、仮想通貨の市場価値を調整するための大事な手段なんです。

意図的なバーンで価値を増やす

バーンとは、市場に出回っているコインやトークンの数を減らすことでした。

これには、とても重要な理由があります。

例えば、上場企業が自社株を買い戻すことを考えてみましょう。

この行為は、市場に出回る株の数を減らし、残った株の価値を高めることを目的としています。

これによって、企業の財務成績を向上させることもできます。ただし、いつも通りにうまくいくとは限りません。時には逆効果になることもあります。

また、企業が株を買い戻すもう一つの理由は、経営のコントロールです。

株を多く持つことで、敵対的な買収(他の人が株を多く買って、会社の支配権を握ること)を防ぐためです。

仮想通貨の世界でも同じことが行われます。

コインの供給量を減らすことで、トークンをより価値があるものにし、手に入りにくくすることを目指すんです。

市場に出回るコインをコントロールすることで、自分たちの持っているコインの価値を維持、または増やすことができます。

実際に、いくつかの仮想通貨開発者は、この目的でトークンを意図的にバーンしています。

このように、意図的なバーンは、仮想通貨の価値を高めるための一つの戦略なんです。

プルーフ・オブ・バーン(PoB)

「プルーフ・オブ・バーン」とは、ブロックチェーンのいくつかある合意形成メカニズムの一つです。

まず、合意形成メカニズムって何かというと、ブロックチェーンネットワークが正しい状態であることに、参加しているすべてのノード(コンピューター)が同意するためのルールのことです。

では、PoBはどういうものか、一言で言えば「エネルギーを無駄にしないプルーフ・オブ・ワーク(PoW)」方式です。

マイナー(採掘者)は、トークンをバーンすることで、ブロックチェーンでマイニング(採掘)する権利を得て、報酬を受け取れます。

このプロセスでは、競争的なマイニングがないため、ビットコインが使用するプルーフ・オブ・ワーク(PoW)システムのように多くのエネルギーを消費しません。

コインをバーンするために、マイナーはそれらをバーナーアドレスに送ります。

このプロセスは、バーンする前にコインをマイニングするのに使用されるエネルギー以外、多くのリソースを消費しません。

実装によっては、そのブロックチェーンのネイティブ通貨、またはビットコインのような他のチェーンの通貨をバーンすることができます。

その見返りとして、ブロックを開く権利と、そのブロックチェーンのネイティブ通貨トークンで報酬を受け取ることができます。

このように、プルーフ・オブ・バーンは、ブロックチェーンの合意形成を助けるための、賢いエネルギー効率の良い方法なんです。

バーンに関するよくある質問

Q
仮想通貨をバーンするのは良いことですか、悪いことですか?
A

仮想通貨のバーニングは、トークンを市場から取り除きます。企業の株式の買い戻しと似ていて、仮想通貨の価値に利益をもたらすことも、逆効果を招くこともあります。これは投資家やユーザーの感情、新しい供給と需要のダイナミクスが価格にどう影響するかによります。

Q
仮想通貨をどうやってバーンするのですか?
A

トークンをバーニングするには、アクセスできないウォレットアドレスに送ります。これにより、トークンは市場から取り除かれる、つまり「バーン」されます。

Q
企業はなぜ仮想通貨をバーニングするのですか?
A

バーニングは、流通しているトークンの量を減らします。理論上は、これにより需要が増し、通貨の価格に影響を与えることが期待されます。

まとめ

この記事のまとめ

  • バーンとは:仮想通貨の「バーン」とは、トークンをアクセスできないアドレスに送る行為を指します。
  • バーンに使われるアドレス:バーンに使用されるウォレットアドレスは、「バーナー」または「イーター」と呼ばれます。
  • バーンの効果:バーンは、利用可能な供給からトークンを効果的に取り除き、流通している数を減少させます。
  • バーンの目的
    • 一部のブロックチェーンでは、コインの市場価値を高めるために使用されます。
    • 他のブロックチェーンでは、マイナーのネットワークへのコミットメントを確認し、ブロックのマイニング権を付与するために使用されます。

まずはコインチェックの口座開設をして、仮想通貨の準備から始めましょう。

スマホで最短1日取引開始までたったの3ステップ

コインチェックで口座開設する

コインチェックのおすすめ理由3つ
4年連続 アプリダウンロード数No.1(2023年1月)
21種類の仮想通貨を取扱い(2023年5月)
  • この記事を書いた人
ponoblog

ともさか

web3関連ライター兼ブロガー。「web3でFIRE」を目指し中。仮想通貨・NFT・メタバース・AIで稼ぐを実験。海外の最新情報を常に追いかけ、初心者にも分かる解説してます。仮想通貨を7桁運用。NFTコレクター。ブログ開始3か月で0→1達成。 ※当ブログで使用している「仮想通貨」は「暗号資産」の事を指します。

-仮想通貨