このページのリンクには広告が含まれています。 仮想通貨

リップルとは?基本から理解する仮想通貨XRPの全貌

リップルとは?基本から理解する仮想通貨XRPの全貌

リップルって何?リップルを使う主な利点は?

リップルとビットコインの主な違いを知りたい!

この記事ではこのような疑問にお答えます。

本記事の内容

  • リップルとは何か?
  • リップルの仕組み
  • リップルとビットコインの比較
  • リップルの市場価値
  • リップルの利用目的

コインチェックの口座開設をして、仮想通貨の準備から始めましょう。

コインチェックのおすすめ理由3つ
4年連続 アプリダウンロード数No.1(2023年1月)
21種類の仮想通貨を取扱い(2023年5月)

スマホで最短1日取引開始までたったの3ステップ

コインチェックで口座開設する

リップルとは?

リップルは、独自の暗号通貨XRPを使用するブロックチェーンベースのデジタル支払いネットワークおよびプロトコルです。リップルの主な焦点は、銀行や通貨を扱う金融仲介業者によって使用される国際的なお金とセキュリティの転送に対するSWIFTシステムのような、支払い決済資産交換および送金システムとして機能します。

この暗号通貨に使われるトークンは事前に採掘され、ティッカーシンボルはXRPです。リップルは会社とネットワークの名前で、XRPは暗号通貨トークンです。XRPの目的は、2つの通貨やネットワーク間の交換の中間メカニズムとして機能することで、一種の一時的な決済層の単位として働きます。リップルは2012年に最初にリリースされ、クリス・ラーセンとジェド・マケーレブによって共同設立されました。

リップルの特徴

リップルは、オープンソースでピアツーピアの分散型プラットフォーム上で動作し、ドル、円、ユーロ、または暗号通貨など、どの形式のお金もスムーズに転送できるようにします。それは世界的な支払いネットワークであり、主要な銀行や金融サービス機関が顧客の中に数えられます。XRPは異なる通貨間の迅速な変換を容易にするために使用されます。

リップルとはデジタルハワラネットワーク

システムの仕組みを理解するために、取引の両端にいる二者がお金を受け取るためにそれぞれが仲介者を使う送金構造を考えてみましょう。実際には、リップルはデジタルハワラサービスとして機能します。ハワラは、通常国境を越えて、物理的なお金が実際に動かされることなくお金を転送する非公式な方法です。

例えば、ローレンスが異なる都市に住むリバーに100ドルを送る必要があると想像してみてください。ローレンスはその資金を地元の代理人ケイトに送り、リバーが自分の都市で資金を受け取るために正確に答える必要がある秘密のパスワードを提供します。ケイトはリバーの代理人アスカに取引の詳細(受取人、払い戻される資金、パスワード)を知らせます。リバーがアスカに正しいパスワードを伝えると、アスカは彼らに100ドルを渡します。

しかし、そのお金はアスカの口座から出ているため、ケイトはアスカに100ドルを借りていることになります(後日決済されます)。アスカは、ケイトが合意した日に支払うケイトの借金の全てをジャーナルに記録するか、借金を均衡させる反対取引を行うことができます。この多段階取引は信頼のネットワークを必要としますが、リップルはブロックチェーンネットワークを使用してこれを回避します。

個人やビジネスは登録してゲートウェイを開くことができ、登録者は通貨の交換、流動性の維持、ネットワーク上での支払いの転送の仲介者として行動する権限を与えられます。

リップルのデジタル通貨XRP

リップルのデジタル通貨XRPは、他の通貨への橋渡し通貨として機能します。これは法定通貨/暗号通貨を区別せず、どの通貨も他の通貨と簡単に交換できるようにしています。エコシステム内の各通貨は独自のゲートウェイを持っています。たとえば、CADBluzelle、BTCbitstamp、USDsnapswapなどです。リバーがローレンスに提供したサービスの支払いとしてビットコインを希望する場合、ローレンスがビットコインを持っている必要はありません。彼はカナダドル(CAD)で支払いを自分のゲートウェイに送り、リバーは自分のゲートウェイからビットコインを受け取ることができます。完全な取引を開始するためには一つのゲートウェイだけが必要とされるわけではなく、複数のゲートウェイが使用され、ユーザー間で信頼の連鎖が広がります。

ゲートウェイとのバランスを持つことは、ユーザーに対して相手方リスクをもたらします。これは従来の銀行システムにも存在します。もしゲートウェイがその責任を果たさなければ、そのゲートウェイで保持されているお金の価値をユーザーが失う可能性があります。したがって、ゲートウェイを信用しないユーザーは、「信用されていない」ゲートウェイを扱う信頼できるゲートウェイと取引することができます。この方法で、IOUは信頼される、または信用力が認証されたゲートウェイを通じて取引されます。

リップルの仕組み

リップルネットワークは、ビットコインのようなプルーフ・オブ・ワーク(PoW)システムや、イーサリアムのようなプルーフ・オブ・ステーク(PoS)システムで動作するわけではありません。代わりに、トランザクションはアカウントの残高とシステム上のトランザクションを検証するための合意プロトコルに依存しています。この合意は、二重支払いを防ぐことでシステムの整合性を向上させる働きをします。

複数のゲートウェイでトランザクションを開始するが、同じ100ドルをゲートウェイシステムに送信しようとするリップルユーザーは、最初のトランザクションを除いてすべて削除されます。個々の分散ノードがどのトランザクションが最初に行われたかについて合意によって決定します。確認は瞬時に行われ、おおよそ5秒かかります。どの中央権威もノードの設定やトランザクションの確認を決定できないため、リップルプラットフォームは分散型とされています。

XRP台帳は、任意のユーザーやゲートウェイに対する特定の通貨のすべてのIOUを追跡します。IOUクレジットとウォレット間のトランザクションフローは、XRP台帳上で公開されています。しかし、金融取引の履歴はブロックチェーン上で公開され、公開されているものの、そのデータは個人やビジネスのIDやアカウントにリンクされていません。ただし、すべての取引の公開記録(つまりブロックチェーン)は、情報が匿名解除の対策にさらされることを意味します。

リップルが解決する銀行の問題点

リップルは、伝統的な銀行に起因するいくつかの欠点を改善しています。リップルネットワーク上でのトランザクションは数秒以内に決済されます(プラットフォームが頻繁に何百万ものトランザクションを処理しているにもかかわらず)。

これは、銀行の場合とは異なります。銀行では電信送金を完了するのに数日から数週間かかることがあります。リップルでトランザクションを行う費用も非常に少なく、標準トランザクションに必要な最小トランザクションコストは$0.0002 XRPに設定されており、これは国境を越える支払いを行う際に銀行が課す高額な手数料と比べるとかなり低いです。

リップルのよくある質問

Q
リップルはビットコインより優れていますか?
A

リップルのトランザクションはビットコインよりもエネルギーを少なく消費し、数秒で確認され、非常に低いコストがかかります。一方、ビットコインのトランザクションはより多くのエネルギーを使用し、確認に時間がかかり、より高いトランザクションコストが含まれます。

Q
リップルのネットワークはどのように機能しますか?
A

リップルネットワークのトランザクションは、システム上のアカウントの残高とトランザクションを検証するための合意プロトコルに依存しています。ビットコインのPoWシステムやイーサリアムのPoSシステムのようには動作しません。リップルの合意は、二重支払いを防ぐことでシステムの整合性を向上させることを目指しています。

Q
リップルとXRPの違いは何ですか?
A

リップルは、主要な銀行や金融サービスプロバイダーを顧客とする世界的な支払いネットワークです。XRPは、異なる通貨間の迅速な変換を容易にするリップル製品で使用される、リップルによって開発されたオープンソースの暗号通貨です。

まとめ

この記事のまとめ

  • リップルとは何か?
    リップルは、独自の暗号通貨XRPを持つブロックチェーンベースのデジタル支払いネットワークおよびプロトコルです。
  • リップルの仕組み
    リップルはブロックチェーンのマイニングを使用せず、銀行所有のサーバーのグループを通じた合意メカニズムを使ってトランザクションを確認します。
  • リップルとビットコインの比較
    リップルのトランザクションはビットコインよりもエネルギー消費が少なく、数秒で確認され、コストが非常に低いです。一方、ビットコインのトランザクションはより多くのエネルギーを使用し、確認に時間がかかり、高いトランザクションコストがかかります。
  • リップルの市場価値
    リップル(XRP)は市場資本化によるブロックチェーンベースのトークンの中で最も価値があるものの一つとしてランクインしています。
  • リップルの利用目的
    リップルの支払いシステムは主に銀行による使用を目的としていますが、個人投資家もXRPの価格に投機することができます。

まずはコインチェックの口座開設をして、仮想通貨の準備から始めましょう。

スマホで5分取引開始までたったの3ステップ

コインチェックで口座開設する

コインチェックのおすすめ理由3つ
4年連続 アプリダウンロード数No.1(2023年1月)
21種類の仮想通貨を取扱い(2023年5月)
  • この記事を書いた人
ponoblog

ともさか

web3関連ライター兼ブロガー。「web3でFIRE」を目指し中。仮想通貨・NFT・メタバース・AIで稼ぐを実験。海外の最新情報を常に追いかけ、初心者にも分かる解説してます。仮想通貨を7桁運用。NFTコレクター。ブログ開始3か月で0→1達成。 ※当ブログで使用している「仮想通貨」は「暗号資産」の事を指します。

-仮想通貨