このページのリンクには広告が含まれています。 仮想通貨

アバランチ(AVAX)とは何か?そのメリット、デメリット、リスクを徹底解説

2024年1月13日

アバランチ(AVAX)とは何か?そのメリット、デメリット、リスクを徹底解説

アバランチ(AVAX)ってどんな特徴があるの?

イーサリアムとどこが違うの?初心者にもわかるように教えてほしい!

この記事ではこのような疑問にお答えます。

本記事の内容

  • アバランチとはブロックチェーンプラットフォーム
  • アバランチはイーサリアムの競合
  • AVAXはアバランチブロックチェーンを安全に保つために使用される
  • 取引手数料とAVAXコインの作成速度はガバナンスモデルを使用して決定される

まずはコインチェックの口座開設をして、仮想通貨の準備から始めましょう。

コインチェックのおすすめ理由3つ
4年連続 アプリダウンロード数No.1(2023年1月)
21種類の仮想通貨を取扱い(2023年5月)

スマホで最短1日取引開始までたったの3ステップ

コインチェックで口座開設する

アバランチ(AVAX)とは?

「アバランチ(AVAX)」とは何かというと、イーサリアムと競合する暗号通貨やブロックチェーンプラットフォームのことです。

AVAXはアバランチのブロックチェーンの固有のトークンで、イーサリアムと同様に、さまざまなブロックチェーンプロジェクトをサポートするためのスマートコントラクトを使用しています。

2020年にスタートしたアバランチは、速さ、多機能性、安全性、手頃な価格、そして利便性を目指しています。

そして、アバランチはオープンソースプロジェクトなので、誰でもそのプラットフォームのコードを閲覧したり、貢献したりすることが可能です。

アバランチのブロックチェーンは、非常に迅速な取引の確定を実現できると言われています。

AVAXは取引処理手数料を支払うため、アバランチネットワークを安全にするため、そしてアバランチネットワーク内のブロックチェーン間での基本的な計算単位として使用されます。

アバランチ(AVAX)の特徴

「アバランチ(AVAX)」とは何かというと、分散型アプリケーション(dApps)と自律型ブロックチェーンをサポートするスマートコントラクトプラットフォームです。アバランチの特徴についてお話しします。

まず、コインの作成速度です。AVAXの最大供給量は7億2000万トークンに制限されています。

しかし、新しいコインがどれくらいの速さで作られるかは、AVAXユーザーが決めます

AVAXホルダーは投票を行い、アバランチブロックチェーンに新しいブロックを追加するための報酬として支払われるAVAXの量を調整することで、新しいコインの作成速度をコントロールできます。

取引手数料の構造も特徴的です。

取引処理コストは取引の種類やアバランチェのネットワークの混雑度によって異なります。

すべての手数料はバーンされて流通から取り除かれます。

これにより、AVAXは時間の経過とともに希少になります。

アバランチのユーザーは投票でアバランシェの取引手数料を決めます。

AVAXの手数料は変更される可能性があるのです。

コンセンサスメカニズムは、アバランチブロックチェーン上の取引が確認される独自の方法を使用しています。これは、多くの小さなランダムなネットワーク参加者のサブセットが取引を確認し、その後に取引が最終的に決定されます。

参加インセンティブについてもあります。

高いアップタイムと迅速な応答時間は、ネットワーク参加者がAVAX取引を処理するために獲得できるAVAX報酬の量を増やすことができます。

一般的にアバランシェはプルーフ・オブ・ステークメカニズムによって管理されています。

AVAXホルダーは、AVAXトランザクションを検証する権利と引き換えに、AVAXをステーク(取引や販売しないことに同意)する必要があります。

最も多くのAVAXをステークして積極的に検証者として参加しているAVAXホルダーが、アバランシェブロックに選ばれる可能性が最も高くなります。

また、アバランチのガバナンス提案に投票するためにもAVAXトークンを保持する必要があります。

アバランチ(AVAX)のメリット・デメリット

アバランチの長所と短所について、説明します。

メリットデメリット
速い取引処理時間イーサリアムなどのプラットフォームからの激しい競争
報酬構造が参加を促進アバランチの検証者は2,000 AVAXトークンをステークする必要がある
多くのブロックチェーンベースのプロジェクトをサポート可能悪意のあるまたは不注意な検証者は、AVAXを失うことで罰されない

メリット

アバランチは取引をとても速く処理できます。

アバランチでは、ネットワークに参加することによって報酬を得られます。

つまり、活動するほど報酬が増える仕組みです。

アバランチはさまざまなブロックチェーンプロジェクトを支援できる能力を持っています。

これにより、多様な用途で使用できるのです。

デメリット

アバランチェはイーサリアムのような他の強力なプラットフォームと競合しています。

これは、市場での地位を確立する上での課題です。

アバランチのネットワークで検証者になるには、2,000 AVAXトークンをステークする必要があります。

これは、始めるためのかなりの投資を意味します。

アバランチでは、もし検証者が不正行為を行っても、そのAVAXトークンを失うことはありません。

これは、ネットワークのセキュリティにとって懸念事項になるかもしれません。

アバランチ(AVAX)とイーサリアム(ETH)の違い

アバランチとイーサリアムには大きく2つ違いがあります。

  • 取引処理速度
  • 手数料構造

大きな違いの一つは、取引処理速度です。

アバランチは、理論上はイーサリアムよりもずっと高速で取引を処理できると言われています。

具体的には、アバランチは1秒間に4,500回の取引を処理できるとされており、対するイーサリアムは約12回です。

しかし、アバランチがその速度を実際に示したことは実はまだありません。

例えば、2023年12月4日にアバランチブロックチェーンネットワークは平均して1秒間に12.89回の取引を行っていました。

さらに、2023年11月26日から12月2日の週では、ネットワークは1日あたり100万回未満の取引を行い、平均して1秒間に11.33回の取引でした。

最速の日でさえ、アバランチは約75回の取引速度に達しましたが、それでもイーサリアムネットワークよりはずっと速いのです。

アバランチのコンセンサスプロトコルの並列性が、理論上はイーサリアムよりも取引を大幅に早く検証できるとされています。

現在、イーサリアムはより大きな規模で運営されており、多くのプロジェクトと取引をサポートしていますが、アバランチのスケーラビリティ(拡張性)の優れた能力が、長期的にイーサリアムに対する優位性を与えるかもしれません。

アバランチとイーサリアムには、手数料構造の違いもあります。

アバランチの取引にかかるすべての処理手数料はバーンされて消滅しますが、イーサリアムネットワークでは取引処理手数料の一部だけがバーンされます。

アバランチとイーサリアムの両方のプラットフォームで手数料は、ネットワークの混雑度に基づいて変動します。

アバランチプラットフォームの手数料構造は、ユーザーガバナンスによって完全に制御されます。

アバランチ(AVAX)のよくある質問

Q
AVAXをどうやって買えばいいですか?
A

AVAXトークンを買う一番簡単な方法は、コインベースやクラーケンなどの大手暗号通貨取引所を通じてです。また、アバランチプラットフォームは、AVAXとイーサリアムベースのトークン間での分散型のピアツーピア取引もサポートしています。

Q
アバランシェブロックチェーンは安全ですか?
A

アバランチは、そのコンセンサスメカニズムのランダムな性質のために、安全と考えられます。アバランチは、他のブロックチェーンよりも51%攻撃に対して脆弱ではないという、より強力な安全対策をサポートしていると主張しています。しかし、ネットワーク参加者が少ないブロックチェーンは、参加者が多いものより攻撃を受けやすいこともあります。

Q
AVAXへの投資はリスクがありますか?
A

AVAXは暗号通貨で、リスクのある資産クラスです。AVAXに投資することは選択できますが、リスクと制限を理解した上で行うことが賢明です。言うまでもなく、損失を出しても大丈夫な金額以上には投資しないようにしましょう。

まとめ

この記事のまとめ

  • アバランチとはブロックチェーンプラットフォーム
    • アバランチは、独自の通貨AVAXを持っている
  • アバランチはイーサリアムの競合
    • エテリアムに対抗して、拡張性(スケーラビリティ)と取引処理速度を重視している
  • AVAXはアバランチブロックチェーンを安全に保つために使用される
    • AVAXは、ネットワーク全体の取引手数料を支払うためにも使われている
  • 取引手数料とAVAXコインの作成速度はガバナンスモデルを使用して決定される
    • これは、アバランチのユーザーが直接投票によって決めることができる

まずはコインチェックの口座開設をして、仮想通貨の準備から始めましょう。

スマホで最短1日取引開始までたったの3ステップ

コインチェックで口座開設する

コインチェックのおすすめ理由3つ
4年連続 アプリダウンロード数No.1(2023年1月)
21種類の仮想通貨を取扱い(2023年5月)
  • この記事を書いた人
ponoblog

ともさか

web3関連ライター兼ブロガー。「web3でFIRE」を目指し中。仮想通貨・NFT・メタバース・AIで稼ぐを実験。海外の最新情報を常に追いかけ、初心者にも分かる解説してます。仮想通貨を7桁運用。NFTコレクター。ブログ開始3か月で0→1達成。 ※当ブログで使用している「仮想通貨」は「暗号資産」の事を指します。

-仮想通貨