このページのリンクには広告が含まれています。 NFT Web3ゲーム メタバース 仮想通貨

分散型自律組織(DAO)とは?:定義、目的、事例をわかりやすく解説

DAOとはのアイキャッチ画像

DAOっていったい何?

初心者でも分かるように教えて!

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

まずはコインチェックの口座開設をして、仮想通貨の準備から始めましょう。

\たったの5分で申請完了!無料でできます!/

コインチェックで口座開設する

分散型自律組織(DAO)とは?

分散型自律組織(DAO)とは、中央の権力がなく、みんなで意見を出し合って運営するタイプの組織形態です。

この「分散型」というのは、一つの場所や一人の人に全てが集中していないことを意味します。

そして、「自律」というのは、その組織が自分自身で決定を下すことができることを指します。
つまり、上から命令されるのではなく、メンバー全員で話し合って決めるのです。

DAOは、特に暗号通貨やブロックチェーン技術を好む人たちによって広まりました。

ここで「ブロックチェーン」とは、データを安全に記録する技術のことです。
これを使うと、皆が公平に情報を共有しやすくなります。

この組織は、下から上への管理方式を採用しています。

これは、普通の会社では社長や上司が決めることが多いのですが、DAOではメンバー全員が意見を出し合って、組織の最善の利益のために行動するということです。

学校で例えると、クラスで行事を決める時、皆でアイディアを出し合って一緒に決めるのと似ていますね。

分散型自律組織(DAO)の目的とは

デジタル通貨には、特別な性質があります。それは「分散化」というものです。

分散化とは、一つの機関や銀行がコントロールしないで、たくさんのコンピューターやネットワークが協力して管理することです。

普通のお金の取引にはないプライバシーや安全性を、デジタル通貨はこの分散化によって守っています。

この分散化のアイディアから、2016年に「分散型自律組織」、略してDAOの考え方が生まれました。

DAOとは、会社のように物事を管理するための組織ですが、一番大事なのは、中央にいる大きな権力がないことです。DAOでは、たくさんの参加者が協力して、組織を動かしていくんです。

このように、DAOはデジタル通貨の分散化をヒントにして、みんなで管理をする新しいタイプの組織です。

分散型自律組織(DAO)はどのように機能するか

DAOは「スマートコントラクト」というものに頼っています。

スマートコントラクトとは、コンピューターのプログラムで作られた約束事のようなものです。

この約束事は、ブロックチェーンという技術を使って動いています。

ブロックチェーンは、たくさんのコンピューターが一緒に情報を保存して、安全に管理する方法です。

例えば、DAOで何か決定があった時、スマートコントラクトはその結果に基づいて特定のコード(プログラムの命令)を実行します。

このコードによって、デジタル通貨の量を増やしたり、予備の通貨を少なくしたり、通貨を持っている人に報酬をあげたりすることができます。

つまり、DAOでは、みんなで決めたルールに基づいて、自動的に動くスマートコントラクトが大切な役割を果たしているんです。
このようにして、DAOはみんなで協力して運営されているんですよ。

分散型自律組織(DAO)の利点

DAOにはいくつかの利点があります。

DAOの4つの利点

  • 分散化
  • 参加の機会
  • 公開性
  • コミュニティの形成

分散化

通常、会社などの組織では、社長や取締役会のような少数の人が大きな決定をします。

一方、DAOでは、たくさんの人たちが一緒に決定をします。

これは、一人や少数の人に頼らず、もっと多くの人が意見を出せるということです。

参加の機会

DAOの中で、みんなは自分の声を大事にされ、投票によって組織のことを決めることができます。

強い投票権を持っていなくても、通貨を持っている人は、投票したり、通貨を使ったりして、組織に影響を与えることができます。

公開性

DAOでは、投票がブロックチェーンを通じて公開されます。

これにより、みんなは自分の決定を公にし、良い評判を得ようとすることが促されます。

これは、コミュニティに対して良くない行動を抑制する効果もあります。

コミュニティの形成

DAOは世界中の人々がインターネットを通じて、共通の目標を作り上げることを励まします。

どこに住んでいても、通貨を持つ人々は他の持ち主と交流することができます。

DAOはみんなで協力し、公平に意見を出し合い、一緒に何かを作り上げる新しい形の組織なんですね。

分散型自律組織(DAO)の問題点

DAOはとても良いアイディアですが、当然完璧ではありません。いくつかの問題点があります。

DAOの4つの問題点

  • 意思決定スピード
  • 意思統一
  • 非効率性
  • セキュリティ面

意思決定スピード

例えば、普通の会社では、社長がすぐに決定を下すことができます。

でも、DAOでは、たくさんの人が投票する必要があるため、決定に時間がかかります。

特に、世界中の様々な時間帯や、DAO以外の仕事があると、もっと時間がかかることがあります。

意思統一

DAOでは、多くの人に情報を伝え意思統一を図る必要があります。

通貨を持っている人たちの背景や理解度はさまざまです。

みんなで一つの目標に向かって学び、戦略を立て、コミュニケーションを取ることは大きな挑戦です。

非効率性

上記2つの理由から、DAOは非効率になることがあります。

投票者に教育し、戦略を説明し、新しいメンバーを迎えるのに時間がかかるため、変化を実行するよりも話し合いに時間を費やすことがあります。

細かい管理作業に時間が取られがちです。

セキュリティ面

デジタルプラットフォームであるブロックチェーンには、セキュリティの問題があります。

DAOを運営するためには、高い技術的知識が必要です。

それがないと、投票や決定が正しく行われないことがあります。

安全性が確保できないと、人々が信用を失い、組織を離れることもあります。

また、セキュリティが脆弱なところは、資産の盗難などのリスクもあります。

分散型自律組織(DAO)の例「The DAO事件」

"The DAO"というのは、自動的に動く、分散型の組織の一つの例です。

これは、オープンソースのコード(誰でも使えるプログラムのルール)を使って、会社の管理者や取締役会がいない新しい形のベンチャーキャピタル(お金を出して、新しい事業を助ける会社)として作られました。

完全に分散型であるため、"The DAO"はどの国にも属していませんでしたが、イーサリアムネットワーク(一種のデジタル通貨のシステム)を利用していました。

"The DAO"は、2016年の4月の終わりに始まりました。

それは、1か月間のトークン(デジタル通貨の単位)の販売によって、1億5000万ドル以上の資金を集めたんです。

その時、このスタートは史上最大のクラウドファンディング(インターネットを使って、たくさんの人から資金を集める方法)キャンペーンでした。

The DAOはなぜ解散したのか

"The DAO"という組織は、2016年5月に、その時点で発行されていたイーサリアムトークン(デジタル通貨の一種)の大きな割合(最大で14%)を持っていました。

しかし、ほぼ同じ時期に、セキュリティ上の問題点を指摘する論文が発表され、投資家たちに、これらの問題が解決されるまで、将来の投資プロジェクトに投票しないよう警告しました。

その後、2016年6月に、ハッカーがこれらのセキュリティの弱点を利用して"The DAO"を攻撃しました。

ハッカーは、当時約5000万ドル相当の360万ETH(イーサリアムの単位)にアクセスしました。

この出来事は、"The DAO"の投資家の間で大きな議論を引き起こしました。

一部の人々はハックへの対応策を提案し、他の人々は"The DAO"を永久に解散させるべきだと主張しました。

この事件は、その後すぐに起こったイーサリアムのハードフォーク(ブロックチェーンのルールを大きく変更すること)にも大きく影響しました。

The DAOに対する批判は何ですか?

"The DAO"にはいくつかの批判がありました。

プログラミングのエラーや攻撃のリスク

IEEE Spectrumという専門誌によると、"The DAO"はプログラムの間違いや、外部からの攻撃に弱かったと言われています。

これは、コンピューターのプログラムがうまく作られていなかったため、ハッカーが攻撃しやすかったということです。

規制や法律の新しい領域

"The DAO"は、法律や規制の面で新しい道を歩んでいましたが、それがプロセスを簡単にするわけではありませんでした。

組織の構造に関して、投資家たちは、組織全体として行われた行動に対して責任を問われるかもしれないと心配していました。

証券を売っているかどうかの不透明な領域

"The DAO"が証券(投資を目的とした金融商品)を売っているのかどうかも明確ではありませんでした。

さらに、"The DAO"が実際の世界でどのように機能するかについて、長期にわたる問題がありました。

投資家や契約者は、イーサリアム(ETH)を実際のお金(フィアット通貨)に変える必要があり、これがイーサリアムの価値に影響を与える可能性がありました。

そして、2016年夏の大きなハッキング事件や、その後の"The DAO"の未来に関する議論の後、同年秋には、Krakenなどの主要なデジタル通貨取引所が"The DAO"のトークンを取り扱いから外しました。

これが、最初に考えられていた"The DAO"の実質的な終わりを意味していました。

よくある質問

Q
DAOって何ですか?
A

DAOは「分散型自律組織」と呼ばれ、中央の権力がなく、みんなで意見を出し合う組織のことです。DAOのメンバーは「トークン」というDAOの一部を持っていて、それを使って組織の計画について投票したり提案したりします。DAOは「スマートコントラクト」という、コンピュータープログラムで作られたルールで運営され、そのルールはみんなに公開されています。

Q
DAOの目的は何ですか?
A

DAOの目的は、普通の会社の管理方法を改善することです。一人または少数の人が決定を下すのではなく、すべてのメンバーが声を出し、投票し、新しいアイディアを提案できるようにします。また、DAOはブロックチェーン上のコードによって厳しく管理されることを目指しています。

Q
DAOはどうやってお金を稼ぐのですか?
A

DAOは最初に、実際のお金(フィアット通貨)とトークンを交換することで資金を集めます。このトークンは、投票権や組織内の所有割合を表します。DAOが成功すれば、トークンの価値は上がります。

その後、DAOはより高い価値で新しいトークンを発行して、さらに資金を集めることができます。また、メンバーが決定すれば、会社やNFT(デジタルで唯一無二のアート作品など)、他のトークンなどの資産に投資することもできます。これらの資産が価値を増すと、DAOの価値も上がるんです。

まとめ

この記事のまとめ

  • 分散型自律組織(DAO)とは
    • 分散型自律組織(DAO)は、トークン保有者が組織の管理や意思決定に参加する組織の形態です。
    • 「トークン」とは、この組織に参加するための「チケット」のようなものです。
  • 中央の権力がない
    • DAOでは、中央の権力者はいません。
    • その代わり、トークンを持つ人々が力を分かち合い、一緒に投票をします。
  • ブロックチェーンを使った透明性
    • DAOでの全ての投票や活動はブロックチェーンに記録されます。
    • これにより、ユーザーの行動が公開され、透明性が保たれます。
  • 最初のDAO「The DAO」
    • 最初に作られたDAOは「The DAO」と呼ばれています。
    • 開発者たちによって作られ、自動的に決定を下し、暗号通貨の取引を助けるためのものでした。
  • 安全性の重要性
    • DAOは安全を最優先にしなければなりません。
    • セキュリティが甘いと、何百万ドルもの貯金を失うことがあります。

~の方は、まずはコインチェックの口座開設をして、仮想通貨の準備から始めましょう。

\たったの5分で申請完了!無料でできます!/

コインチェックで口座開設する

  • この記事を書いた人
ponoblog

ともさか

web3関連ライター兼ブロガー。「web3でFIRE」を目指し中。仮想通貨・NFT・メタバース・AIで稼ぐを実験。海外の最新情報を常に追いかけ、初心者にも分かる解説してます。仮想通貨を7桁運用。NFTコレクター。ブログ開始3か月で0→1達成。 ※当ブログで使用している「仮想通貨」は「暗号資産」の事を指します。

-NFT, Web3ゲーム, メタバース, 仮想通貨