このページのリンクには広告が含まれています。 メタバース

メタバースの始め方?:初心者向け完全ガイド

2022年12月20日

メタバース

メタバースって結局何?知識ゼロでも始められるの?
稼げるみたいだけど、まず何から始めればいいの?

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • メタバースとは、仮想空間を用いたサービスの総称
  • メタバースは将来的には約96兆円の市場になると予想されている
  • 自分だけのデジタルな姿(アバター)を作ったり、仮想の土地を買ったり、没入型のゲームを安全な環境で楽しむことができる
  • 大手企業が、出資を開始している
  • 利用には、国内と海外の仮想通貨取引所の口座開設が必要
  • メタバースは稼ぐこともできる

メタバースは、実際の世界と仮想の世界が混ざり合う、とても面白い場所です。

3D(三次元)の環境で、他人とおしゃべりしたり、仕事したり、ゲームを楽しんだりすることができます。

この不思議で魅力的な世界の始まりや、どんな技術が使われているのか、そして私たちの日常生活にどんな影響を与えているのかを学んでいきましょう。

メタバースを始めるには仮想通貨が必要になります。

まずは、4年連続 アプリダウンロード数No.1(2023年1月)のコインチェックで口座開設しましょう。

口座開設は完全無料、申請作業はたったの5分で完了しますよ!

コインチェックで口座開設する

メタバースとは何か

メタバースとは、一般的には「バーチャルワールド(仮想空間)を用いたサービスの総称」のことです。

メタバースは、まだ発展途中の新しいアイデアで、実際の世界と仮想の世界が組み合わさって、大きなネットワークを作ります。

このネットワークは、リアルタイムで3D(三次元)の仮想空間が作られていて、人々はそこで同時に活動することができます。

そして、自分のアイデンティティ(個性や特徴)や歴史、権利、持ち物、通信、支払いなどのデータを持ち続けることができるんです。

2024年までに、メタバースは8000億ドル(約96兆円)の市場に成長すると予測されているので、これからとても大きな影響を与えると言われています。

今のところ、メタバースは「マルチバース」として形成されていて、いくつかのメタバースプラットフォームが限られた互換性を持ちながら、それぞれの位置を確立しようとしています。

ブランドのゲーム体験や仮想アイテム、AR(拡張現実)/VR(仮想現実)のショールームなどを使って、すでにいろいろな会社がメタバースをビジネスに活用しています。

この世界では、アバター(自分の分身)と相互作用することができます。

ワクワクする機会がたくさんある一方で、仕事がなくなる可能性や、会社が従業員に新しいスキルを教える必要があるなど、マイナスの影響も考えられます。

ちなみに、メタバースの言葉自体は、超越(meta)と宇宙(universe)を組み合わせたものです。

バーチャルワールド(仮想空間)の特徴

メタバースの特徴を知るには、ユーザーを表すデジタルなアバターと、売買できるバーチャルな不動産この二つを押さえておきましょう。

アバターの作り方

アバターは、メタバースで自分を表現する最高のツールです。

本来の自分を忠実に再現するもよし、好きな有名人を模したり、全く新しい姿を作ったりできます。

アバターを動かすには、キーボードやジョイスティック、マウス、特別な人間とコンピューターをつなぐ機器(HCI)を使います。

仮想通貨を使って売買もできます。

例えば、「セカンドライフ」というプラットフォームでは、次のようなことができます。

  • デジタルアバターを作り、個性を出す
  • 土地を買ったり、バーチャル世界のおしゃれな服に本当のお金を使ったりする
  • アバターを選んで、見た目をカスタマイズし、服を個性的にする
  • 「セカンドライフ」を通してメタバースにアクセスする

自分を表現する方法は無限大です!

バーチャル不動産

バーチャルな不動産も、メタバースで盛んな市場です。

「メタバースグループ」のような会社が先頭を切っています。彼らは、以下のようないくつかのメタバースの世界で、土地や物件の購入や賃貸を扱っています。

  • デセントラランド
  • サンドボックス
  • ソムニウム
  • アップランド

彼らは、会議場や商業エリア、アートギャラリー、家族の家、くつろぐ場所などを提供しています。

メタバースでバーチャルな不動産を買うプロセスは、以下のステップがあります。

  1. デジタルウォレット(お金を入れる仮想の財布)を開く。
  2. 仮想通貨を購入する。
  3. メタバースのプラットフォームを選ぶ。
  4. 市場を探索する。
  5. 土地を選ぶ。
  6. NFTのやりとりを通じて取引を完了する。

バーチャルな不動産の価値は、希少性やデジタル所有権、市場の需要などに基づいて決まり、いくつかの土地は何百万ドルもの価格で売られています。

仮想空間と物理的世界の架け橋

メタバースの主な目的の一つは、バーチャル空間と現実世界の間の隔たりをなくし、ユーザーにスムーズな体験を提供することです。

デジタルと現実の世界を融合させることは、すでに様々な産業で進んでいます。

例えば、拡張現実(AR)を使って、バーチャル空間で商品を売っている会社も登場してきています。

消費者は、服やメガネをバーチャルで試着したり、新しい家具が自分の部屋にどう合うかを見たり、新しい髪型や化粧で変身を体験したりできます。

産業界のメタバースでは、このコンセプトをさらに進め、会社が以下を取り入れて、物理的な施設のバーチャルモデルを作成し運営しています。

  • デジタルツイン(実世界の物やシステムのデジタルな複製)
  • 拡張現実(AR)
  • インターネット・オブ・シングス(IoT、様々な物がインターネットに接続される技術)
  • クラウドコンピューティング(インターネットを通じてデータやプログラムを利用する技術)

これらの技術の面白い組み合わせにより、企業は運営を最適化できるようになり、メタバースが拡大し進化し続ける中で、将来の可能性を垣間見ることができます。

メタバースの始め方7ステップ

メタバースを始める手順は、以下の7ステップです。

ここでは、メタバース「XANA」で遊ぶ場合を例に説明しますね。

  • 国内の仮想通貨取引所の口座開設
  • 海外の仮想通貨取引所の口座開設
  • 国内取引所で仮想通貨を購入し、海外取引所に送金
  • 海外取引所でXETAへ換金
  • 換金したXETAをメタマスクへ送金
  • メタバースプラットフォームとMetaMaskを連携
  • メタバースで遊ぶ
あわせて読みたい
メタバースXANAの特徴・始め方・稼ぎ方を解説
【メタバース】XANA(ザナ)とは?始め方・稼ぎ方を解説

続きを見る

①国内の仮想通貨取引所の口座開設

メタバースを始める最初の準備として、国内の仮想通貨取引所の口座開設が必要です。

メタバース内で必要なアイテムやNFTの売買は「仮想通貨」で行われるからです。

メタバース上での売買は、国内のみならず海外の方や業者など国境を超えた取引となるので、世界共通の仮想通貨を用いることで、スムーズな取引が可能となります。

初めて仮想通貨取引所の口座を開設する方には、4年連続 アプリダウンロード数No.1(2023年1月)のコインチェックがおすすめです。

まずは、コインチェックで口座開設を済ませましょう。

②海外の仮想通貨取引所の口座開設

国内の仮想通貨取引所では、取り扱いのある仮想通貨の種類が限られています

利用したいメタバースの仮想通貨が国内では買えない場合、海外の仮想通貨取引所の口座開設も必要です。

おすすめはバイビット(Bybit)です。日本語対応で使いやすいからです。

バイビット(Bybit)の口座開設方法は以下の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
Bybitの特徴・口座開設方法・入金・購入方法を解説
Bybit(バイビット)の特徴・口座開設方法・入金・購入方法を解説

続きを見る

バイビットで20ドル相当のボーナスやお得な特典をゲットしたい方は、バイビット招待リンクから口座開設してください!

③国内取引所で仮想通貨を購入し、海外取引所に送金

仮想通貨取引所の口座開設ができたら、国内取引所で仮想通貨を購入し、海外取引所に送金します。

国内取引所では、送金手数料の安い仮想通貨(リップルなど)を購入し、それを送金して海外取引所で必要な仮想通貨と交換しましょう。

仮想通貨の購入・送金は以下の手順で行います。

  • 国内取引所に日本円を入金
  • 仮想通貨を購入
  • 仮想通貨を海外取引所へ送金

コインチェックの日本円入金・仮想通貨購入・送金の手順は、以下の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
コインチェックアイキャッチ画像③
Coincheck(コインチェック)で仮想通貨を購入・送金する方法【手数料も解説】

続きを見る

④海外取引所でXETAへ換金

海外取引所に送金できたら、メタバース専用の仮想通貨(ここではXETA)に換金します。

バイビットでの具体的な換金手順は、以下の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
XANAの仮想通貨XETA(ゼータ)の買い方を解説
XANAの仮想通貨XETA(ゼータ)の買い方をわかりやすく解説

続きを見る

⑤換金したXETAをメタマスクへ送金

メタバースで使用する仮想通貨を入手できたら、その通貨をメタマスクへ送金します。

MetaMaskとは?

一言でいうと仮想通貨ウォレットです。

保有している仮想通貨やNFTを保管する、Web上の財布のようなものです。

メタバース上で仮想通貨を用いた取引をするためには、仮想通貨ウォレットが必要になる場合があります。

仮想通貨ウォレットはいろいろありますが、それぞれ対応通貨やブロックチェーンが異なります。

利用したいメタバースに応じた仮想通貨ウォレットを作成しましょう。

最も一般的なメタマスク(MetaMask)の始め方は、以下の記事で紹介しています。

あわせて読みたい
MetaMask(メタマスク)とは?始め方・使い方を解説【初心者向け】
メタマスクとは?始め方・使い方を解説【初心者向け】

続きを見る

なお、メタバースによっては独自のウォレットを提供しているところもあります。

⑥メタバースプラットフォームとMetaMaskを連携

MetaMaskでウォレットを作成できたら、メタバースと接続します。

一般的には、メタバースプラットフォームのトップ画面からウォレットを選択し、接続を承認するだけで簡単に連携できます。

※XANA公式サイトより(ステーキング画面での接続イメージ)

⑦メタバースで遊ぶ

ここまで完了したら、あとは実際に遊ぶだけです!

メタバース内で世界中の人と交流したり、ゲームを楽しんだり、NFTの売買でお金を稼いだりして、楽しみましょう。

メタバースを始める際の注意点

最後に、メタバースを始めるうえでの注意点を確認しましょう。

ここでは特に大事な1点をお伝えします。

見覚えのないURLやメールにアクセスしない!

メタバースはまだまだ発展途上の市場です。詐欺やスパムも横行しています。

なので、繰り返しになりますが、身に覚えのないメールやURLは絶対に開かないことが大切です。

メタバースを利用していると、公式サイトからメールなどで情報が届くことがあります。そんなときも一度立ち止まって送信元を確認してください。

公式サイトを偽ったWebサイトも存在します。登録しようとしているサイトが公式のものか必ずURLを確認してください。

慎重になりすぎて損なことはありません。
メタバースを楽しむためにも、自分の身は自分で守る!これが大切です。。

メタバース・エコノミー

ここでは「メタバース経済」という新しい経済の形について学んでいきましょう。

メタバース経済は、ユーザー同士が自由に物を売り買いする市場です。

この市場はブロックチェーン技術を使って、取引を安全に行います。

バーチャルスニーカーの取引:事例紹介

RTFKT(アールティーエフケーティー)という会社は、メタバースでバーチャルグッズ(仮想の商品)の取引を行っています。

彼らはNFT(ユニークなデジタル資産)やブロックチェーン認証、拡張現実(AR)を使って、ユニークなバーチャルスニーカーやデジタルアーティファクト(作品)を作ります。

デジタルファッションが注目される今、この事例はメタバースでの収益化の可能性を示しています。

ロブロックスのようなプラットフォームでは、ユーザーが自分のバーチャル作品を作って他の人に売ることもできます。

そして、ユーザーがお金を引き出すときに、プラットフォームはその一部を取ります。

バーチャルグッズやサービスの市場が成長していることは、企業がメタバース経済に参入し、ユーザーにユニークな製品や体験を提供する機会があることを示しています。

RTFKTやロブロックスのような会社の成功は、バーチャルグッズへの需要が増えていて、このエキサイティングなデジタル世界で大きな利益が出る可能性があることを示しています。

ブロックチェーン技術の役割

ブロックチェーン技術は、メタバースでのデータの正確さと安全性を保つために重要な役割を果たしています。

これがなければ、メタバースの概念は完全ではありません。

データベース管理システムのような集中型のデータ保管システムには、メタバースでは多くの欠点があり、ブロックチェーン技術はこのデジタルエコシステムの不可欠な部分です。

オアシステムの共同創業者であるニック・ドナースキ氏は、ゲーマーやコンテンツ作成者、ゲーム開発者のオンラインコミュニティを運営しています。

彼は、NFTとブロックチェーン技術がデジタル所有権の基盤を築いたと考えています。

彼は「これらの技術はデジタルで何かを所有することの意味を革命的に変えている」と述べています。

メタバース内でも、自分の実世界のアイデンティティを所有することが可能になります。

NFTはこの移行を可能にする橋渡しをしています。

これは、ブロックチェーン技術がメタバースとその経済の未来を形作る上で重要であることを強調しています。

メタバースの人気プラットフォーム6つを紹介

ここから、メタバースの人気プラットフォームを紹介します。

  • cluster(クラスター)
  • Decentraland(ディセントラランド)
  • The Sandbox(ザ・サンドボックス)
  • Everdome(エバードーム)
  • Roblox(ロブロックス)
  • XANA(ザナ)

cluster(クラスター)

運営会社              クラスター株式会社

ゲーム通貨           -

公式サイト           https://cluster.mu/

clusterとは、日本発のメタバースプラットフォームです。

シンプルでわかりやすい画面で、PC・スマホなどから、誰でも簡単に無料でメタバースの世界を体験できます。

clusterには「ワールド」と呼ばれる仮想空間があり、そこで公開されている観光地・展覧会・アスレチックなどの様々な世界に行くことができます。

clusterの特徴

  • 専用仮想通貨なしでプレイできる
  • PCやスマホなど、あらゆる端末からアクセス可能
  • 国内の会社が運営しているので、UIなども分かりやすい

日本の会社による運営ということもあり、安心して遊べるメタバースプラットフォームです。

Decentraland(ディセントラランド)

運営会社              Decentraland Foundation

ゲーム通貨           MANA

公式サイト           https://decentraland.org/

Decentralandとは、メタバース業界でも歴史が長いブロックチェーンプロジェクトです。

2015年、Ari Meilich氏とEsteban Ordano氏によって生まれ、現在運営を行っているのは非営利団体「Decentraland Foundation」となります。

仮想空間でのゲームを楽しめるのはもちろん、自分が作成したアバターの服やパーツなどのアイテムをNFTとして売買できるなど、様々な機能が揃っています。

また、Decentralandでは「LAND」と呼ばれるメタバース上の土地も購入できます。

LAND上に自分のコンテンツを構築して売却することで、さらなる収益も期待できます。

Decentralandの特徴

  • ゲームの他、アイテムやコンテンツのNFT売買が可能
  • 様々な企業や政府機関との提携から、将来的な注目も浴びている
  • 本格的なメタバースを経験したい方におすすめ

ゲームとしても投資としても利用の自由度が高く、本格的なメタバースを体験したいという方におすすめのプラットフォームです。

The Sandbox(ザ・サンドボックス)

運営会社              The Sandbox

ゲーム通貨           SAND

公式サイト           https://www.sandbox.game/jp/

The Sandboxとは、ゲーム業界大手アモニカ・ブランズの子会社であるThe Sandbox社が運営する中国発のメタバースプラットフォームです。

ユーザー同士のバトルや、ステージクリアを楽しむゲームではなく、ユーザー自身が世界を創造するのが特徴です。

「LAND」と呼ばれる土地を自由にデザインし、オリジナルの建物やアイテム、ゲームなどを作成することができます。

アバターや武器などのアイテムは、独自のゲーム内通貨「SAND」を使って売買することができます。

The Sandboxの特徴

  • キャラクターや土地の売買で収益化が可能
  • NFTアバターを作成し、他人の土地を訪問できる

LANDは、人気ゲーム「Minecraft」のように、ボクセルと呼ばれる立方体の箱を組み合わせて作られます。

Everdome (エバードーム)

運営会社              メタヒーロー社、WDW(Wolf Digital World)社

ゲーム通貨           DOME

公式サイト           https://everdome.io/

エバードーム(Everdome)とは、火星を舞台としたメタバースプラットフォームです。

本物と見分けがつかないほど超リアルなグラフィックが特徴で、真の没入感を体験できます。

また、従来のプラットフォームと同様に、土地やアバターの売買も可能です。

さらに、Everdomeには専用のマーケットプレイスもあり、ゲーム内通貨でアイテムやサービスを購入することができます。

Everdomeの特徴

  • 火星を舞台にした近未来的なメタバース体験ができる
  • 作り込まれたリアルな映像美と世界観が魅力
  • 土地やNFTの売買も可能

近未来的な世界観に浸りたい方におすすめのプラットフォームです。

Roblox(ロブロックス)

運営会社              ROBLOX

ゲーム通貨           Robux

公式サイト           https://roblox-jp.com/

Robloxとは、2006年9月にPC版がリリースされて以来、15年以上の歴史があるゲームプラットフォームです。

現在では、月間アクティブユーザー数が2億人以上となっています。

また、2012年12月にios版、2014年6月にAndroid版がリリースされ、PCとモバイルの両方で一貫してプレイできるプラットフォームとなりました。

Robloxは成長を続けており、数千を超える膨大なゲームライブラリは無限のエンターテインメントを提供し、その多くが完全に無料で遊べるようになっています。

Robloxの特徴

  • Robloxは、ゲーミングプラットフォーム
  • 月間アクティブユーザー数は2億人を超える
  • 無料でゲームの作成・プレイが可能

Robloxは、PCとスマホのどちらにも対応しており、利用しやすさも人気のポイントとなっています。

XANA(ザナ)

運営会社              NOBORDER.z

ゲーム通貨           XETA

公式サイト           https://staking.xana.net/

XANAとは、NOBORDER.z(ノーボーダーズ)が開発するメタバースプラットフォームです。

XANAという言葉は、「理想郷」という意味のザナドゥ(Xanadu)という言葉からきています。

人類がメタバースの世界へスムーズに移行するために必要なインフラストラクチャーを提供しています。

NFTマーケットプレイス「XANALIA」や、トレーディングカードNFTゲーム「NFTDUEL」など、複数のサービスを展開しています。

XANAの特徴

  • スマホ・PC・VR機器などマルチデバイス対応
  • 独自のブロックチェーンである「XANAチェーン」を実装
  • NFTマーケットプレイス「XANALIA」、NFTゲーム「NFTDUEL」がある
  • 独自のウォレット「XALLET」がある

メタバースの稼ぎ方

メタバースで稼ぐ方法は大きく以下の4つです。

  • メタバース用NFTを制作・販売
  • メタバース内の土地を売買
  • ゲームを作成・プレイする
  • メタバース内で接客

メタバース用NFTを制作・販売

メタバースでは「他人と違うアイテムを持ちたい」と考える人も多いため、メタバース内で使えるオリジナルのNFTアイテムは需要があります。

NFTのアイテムは、スマートフォンやPCで誰でも簡単に制作することができます。

アバターの洋服やヘアスタイル、アクセサリー、装飾品などもNFTとなります。

メタバース内の土地を売買

一部のメタバースでは、NFTアイテムとして土地を売買できます。

現実世界と同じように、土地を安く買って高く売れば、売却益が得られます。

さらに、この土地を他人に貸すことで利益を得ることができます。

メタバースでの土地を使った収益化は、今後期待が高まるビジネスといえますね。

ゲームを作成・プレイする

メタバース内でゲームを作って稼ぐこともできます。Robloxはその良い例です。

多くのプラットフォームでゲーム開発用のツールが提供されており、専門的な知識がなくてもゲームを作ることができます。

稼ぎ方としては、既存の有名ゲーム内に、あなたが開発したゲームをプレイできる専用スペースを設けて、入場チケットを販売する方法が一般的です。

初心者が作った単純なゲームほど受けが良かったりするので、まずはトライしてみるのが良いかもしれません。

メタバース内で接客

メタバースでも現実世界と同様に、接客により報酬を得る方があります。

メタジョブでは、デジタルワークに特化した求人を掲載しています。

家に居ながらにして、接客ができるというのはメタバースならではですね。

ただし、たとえメタバースであっても、現実世界と同じように丁寧な接客が必要となりますので、注意しましょう。

メタバースを支える技術

メタバースを支えるすごい技術について学んでいきましょう。

メタバースを形作っている技術には、以下のようなものがあります。

  • 空間コンピューティング(実世界と仮想世界を結びつける技術)
  • デジタルヒューマン(人間のように見えるデジタルキャラクター)
  • 共有体験(たくさんの人が一緒に楽しめる仮想体験)
  • ゲーム
  • トークン化された資産(デジタル通貨などの形で表される財産)

これらの技術がメタバースの開発や機能にどんな大切な役割を果たしているかを詳しく見ていきます。

OpenXRという、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)の開発者用の無料の基準があります。

これは、異なるプラットフォーム間での体験を作ることを可能にします。

もう一つ重要なのがUnityという強力なビデオゲームエンジンで、様々なプラットフォームで没入型の体験を開発するのに使われます。

また、人工知能(AI)の役割も大きく、以下のような分野の企業研究を推進しています。

  • コンテンツ分析
  • 自己指導型の音声処理
  • ロボティックなやりとり
  • コンピュータビジョン(コンピュータが画像や映像を理解する技術)

これらの技術は、メタバースがどんどん発展していく中で、本当に重要な役割を果たしているんですよ!

メタバースの未来と相互運用性

メタバースが最大限の可能性を発揮するためには、異なるバーチャルワールドやプラットフォーム間での相互運用性がとても大切です。相互運用性とは、様々なメタバース環境が互いに通じ合い、ユーザーが情報を共有したり、商売をしたり、異なるプラットフォーム間で経済やアバターを統一できるようにする能力のことです。一つでつながった、相互に運用できるメタバースを実現するには、色々な組織間で真剣な調整と協力が必要になります。

しかし、このレベルの相互運用性を達成するのは簡単ではありません。会社は、他のプラットフォームとの協力を受け入れ、いくらかのコントロールを手放す必要があります。これらの障害にもかかわらず、未来のメタバースは、合意された方針やプロトコルの下で運営される、様々な会社や集団、独立した開発者たちの集まりを約束しています。これによって、本当に相互接続された、没入型のデジタル風景が実現されるのです。

メタバースの入り方とインターフェース

メタバースに入るのは特別な体験です。なぜなら、このデジタルな世界には一つの入り口やゲートウェイがないからです。

現在、ユーザーはさまざまなデバイスやプラットフォームを通じて、メタバースのような体験にアクセスできます。

それぞれが独自のバーチャル環境を提供しています。

将来、メタバースにアクセスするためには、次のようなデバイスが使われるかもしれません。

  • バーチャルリアリティ(VR)ヘッドセット
  • 拡張現実(AR)グラス
  • ホログラフィックディスプレイ
  • 脳とコンピュータをつなぐインターフェース
  • ウェアラブルテクノロジー(身につける技術)

これらのデバイスは、モバイルインターネットを通じて、ユーザーをメタバース体験へと連れていきます。

人間とコンピュータの相互作用(HCI)技術は、ユーザーの活動をメタバースのバーチャルワールドにスムーズに統合するために不可欠です。

メタバースが進化し続ける中で、企業がセキュリティとプライバシーを守るための対策を確立することが重要です。

これにより、ユーザーに安全で楽しい体験が提供されます。

技術開発が急速に進む中、将来はさらに進んだ、直感的なインターフェースがメタバースのアクセスやナビゲーションに用いられることが期待されます。

メタバースの倫理とユーザーの安全

メタバースが広がり進化し続ける中で、倫理的な考え方やユーザーの安全は、ますます重要になってきます。

次のような問題が、メタバースでのユーザーに潜在的なリスクをもたらすことがあります。

  • サイバーセキュリティ(インターネット上の安全)
  • ハッキング(不正アクセス)
  • キャットフィッシング(なりすまし)
  • 嫌がらせ
  • ヘイトスピーチ(差別的な発言)
  • ディープフェイク(偽の映像や音声)

これらの懸念は、ユーザー、開発者、政策立案者がこれらの問題に取り組み、安全で公正なメタバース体験を保証するための最善の方法を開発する必要があることを示しています。

企業は、自社のニーズに合った適切なデータプライバシーポリシーを策定する積極的な役割を果たすべきです。

また、最適なセキュリティとプライバシーを保証するために、主要なメタバースプラットフォームの所有者や標準化団体とも協力するべきです。

これらの倫理的な考慮とユーザーの安全に関する懸念に対処することで、没入感があり、魅力的であるだけでなく、安全でユーザーの権利を尊重するメタバース環境を作ることができます。

大手技術企業のメタバースへの投資

メタ、マイクロソフト、エピックゲームズのような大きな技術会社は、メタバースの開発と拡大にたくさんのお金を投資しています。

彼らは、メタバースが様々な産業や日常生活の様々な面で革命を起こす可能性を認識しています。

メタは、メタバースを作るための基礎となる技術を手に入れるプロセスを早めることを目指しています。

これには、創造的なツールやソーシャルプラットフォームが含まれます。

マイクロソフトは、メタバースを新しいインターネットのバージョンとして見ています。

ここでは、個人が集まり、未来を形作ることができます。

彼らの焦点は、デジタル世界と物理世界をつなげ、人々が集まってコミュニケーションを取り、協力し、共有する場所を作ることにあります。

もっと多くの技術大手企業がメタバースに投資するにつれて、基盤となる技術の急速な進歩や、ユーザーが楽しめる没入型体験のさらなる拡大を期待できます。

まとめ

以上、メタバースの始め方、注意点、おすすめのプラットフォーム、そして稼ぎ方をご紹介しました。

Web3の時代に突入し、今後数年でメタバースは人々の生活に当たり前の存在になっていくと予想されています。

その一歩として、興味をもったメタバースを利用してみてはいかがでしょうか。

メタバースを始めるには仮想通貨が必要になりますので、まずはコインチェックで口座開設しましょう。

口座開設は完全無料、たったの5分で完了します。

あわせて読みたい
コインチェック口座開設方法のアイキャッチ画像②
Coincheck(コインチェック)の口座開設方法を解説【初心者向け】

続きを見る

  • この記事を書いた人
ponoblog

ともさか

web3関連ライター兼ブロガー。「web3でFIRE」を目指し中。仮想通貨・NFT・メタバース・AIで稼ぐを実験。海外の最新情報を常に追いかけ、初心者にも分かる解説してます。仮想通貨を7桁運用。NFTコレクター。ブログ開始3か月で0→1達成。 ※当ブログで使用している「仮想通貨」は「暗号資産」の事を指します。

-メタバース