このページのリンクには広告が含まれています。 仮想通貨

イーサリアムクラシック(ETC)の解説:歴史と将来展望

イーサリアムクラシックのアイキャッチ画像

イーサリアムクラシックってイーサリアムと何が違うの?

どうやって誕生したのか知りたい!

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • イーサリアムクラシック(ETC)とは?
  • イーサリアムクラシックの誕生
  • イーサリアムクラシックができたきっかけ
  • イーサリアムコミュニティの分裂

まずはコインチェックで口座開設をして、仮想通貨の準備から始めましょう。

コインチェックのおすすめ理由3つ
4年連続 アプリダウンロード数No.1(2023年1月)
21種類の仮想通貨を取扱い(2023年5月)
  • スマホで最短1日!
  • 取引開始までたったの3ステップ
①アカウント登録
②スマホで本人確認
③最短一日で取引開始
詳しく見る

イーサリアムクラシック(ETC)とは?

イーサリアムクラシック(ETC)は、オープンソース(誰でも使えるコードが公開されている)で、中央集権的ではない(一つの会社や人が管理していない)、ブロックチェーンという技術を使った暗号通貨のプラットフォームです。

ブロックチェーンとは、いろいろなコンピューターに記録を分散して保存する方法で、それにより改ざんが難しくなります。

イーサリアムクラシックでは、スマートコントラクトと呼ばれる自動で実行される契約が動きます。

2016年、イーサリアムクラシックは、ある事件がきっかけで生まれました。

その事件とは、「The DAO」というスマートコントラクトがハッキング(不正アクセス)された事件です。

その結果、もともとのイーサリアムのブロックチェーンは2つに分かれました。

多くの人たちは、ハッキングで盗まれたお金を元に戻す選択をしました。

この分裂は、イーサリアムコミュニティ内の考え方の違いを明らかにしました。

「コードは法律だ」という原則に基づき、少数の開発者やマイナー(暗号通貨を生成する人たち)は、The DAOに投資した人たちは、欠陥のあるプロジェクトに投資した結果を受け入れるべきだと考えました。

しかし、イーサリアムコミュニティの大多数は、ブロックチェーンを巻き戻し、The DAOの投資家たちを救済することを決めました。

このように、イーサリアムクラシックは、ある大きな事件をきっかけに誕生した、特別な暗号通貨プラットフォームなんです。

イーサリアムクラシック(ETC)ってどういうもの?

イーサリアムクラシックは、ビットコインに似たブロックチェーンプラットフォームです。

イーサリアムクラシックの特徴は、取引の記録だけでなく、自動で動く「スマートコントラクト」というプログラムを走らせることができる点です。

スマートコントラクトは、「もし~したら、~する」というような条件が書かれた契約のようなものです。

この契約は、弁護士のような第三者がいなくても実行できるんです。

契約の条件が守られたら、約束されたことが自動的に行われます。もし条件が守られなかったら、罰金が発生するか、契約が無効になることもあります。

例えば、不動産の取引で、「特定の日までに前払いをする」という契約があったとしましょう。
もしお金が支払われなかったら、その契約は無効になることがあります。

スマートコントラクトは、分散型台帳(ブロックチェーン)に記録されます。分散型台帳とは、取引や契約の情報をいろいろな場所で管理することです。

これらの契約は、コード(プログラムの言語)で書かれ、契約の条件に基づいて自動的に実行されます。

なので、中央の機関による監視や管理は必要ありません。コードが契約の実行をコントロールするからです。

このように、イーサリアムクラシックは、スマートコントラクトを使って、簡単で自動的に契約を実行できる便利なプラットフォームなんですよ。

イーサリアムクラシック(ETC)の歴史

最初にイーサリアムというブロックチェーンが作られました。

ブロックチェーンとは、取引の情報をたくさんのコンピューターに分散して記録する技術です。

このイーサリアムで、イーサ(ETH)という暗号通貨を使って取引が行われていました。

このネットワークは、新しい通貨を作り出す「ICO(初期コインオファリング)」に使われることが多くなりました。

その中で一番成功したICOが「The DAO」という名前のプロジェクトでした。

The DAOは、投資家がどこにお金を投資するか投票する分散型のベンチャーファンドです。

しかし、知られざるハッカーがスマートコントラクトのバグを見つけ、The DAOが集めたイーサの約3分の1を盗んでしまいました。

この大きなハッキング事件のため、多くの投資家がイーサリアムのブロックチェーンを元に戻して被害者を救おうと提案しました。

でも、それをすると将来も同じような救済が行われる先例になってしまうという意見もありました。

急いで行われた投票で、コミュニティの97%が失われた資金を回復するための「ハードフォーク」という手段に賛成しました。

その結果、イーサリアムのブロックチェーンは2つの別々のネットワークに分かれました。

新しい方は「イーサリアム」と名前がつき、ETH(イーサ)を暗号通貨として使っています。古い方は「イーサリアムクラシック」と呼ばれ、ETCを使っています。

このように、イーサリアムクラシックは、ある大きな事件が原因で生まれた特別なブロックチェーンなんです。

イーサリアムクラシック(ETC)の問題点

イーサリアムクラシックとイーサリアムはどちらもスマートコントラクトを提供し、同じ市場を目指していますが、イーサリアムの方がより正当なネットワークとして人気があります。

また、イーサリアムのETHは、ビットコインに次いで世界で二番目に価値のある暗号通貨ネットワークです。

イーサリアムクラシックにはいくつかの心配事があります。

その一つが「スケーラビリティ」、つまり、ネットワークが処理できる取引の数です。

通常、イーサリアムクラシックは1秒間に15件の取引を処理できますが、これは、Visaのような支払いネットワークが1秒間に1000件以上の取引を処理できることと比べるとかなり少ないです。

イーサリアムクラシックはたくさんのソフトウェアのアップグレードを行っていますが、支払いシステムのスケーラビリティは今後も大きな課題です。

さらに、セキュリティも問題です。

特に、イーサリアムクラシックはすでにハッキングと何百万ドルもの盗難を経験しています。

これらの懸念は、イーサリアムクラシック経由のスマートコントラクトが大きな金融や不動産取引に使用されることを妨げるかもしれません。

また、暗号通貨市場の規制は進化し続けています。

これによってイーサリアムクラシックや他のネットワークの運用方法が変わるかもしれません。

例えば、アメリカの証券取引委員会(SEC)は、イーサリアムやビットコインを分散型ネットワークであるため、証券とは見なしていません。

証券と見なされない暗号通貨は、証券、株、債券などを含むさまざまな金融商品に認められることが難しいかもしれません。

例えば、ETF(上場投資信託)や共同基金などです。将来、イーサリアムクラシックや他のあまり人気のないブロックチェーンネットワークに対する規制環境については不確実性が残ります。

このように、イーサリアムクラシックはいくつかの課題を抱えていて、これらの問題をどう解決していくかが大切ですね。

イーサリアムクラシック(ETC)の未来

イーサリアムクラシックの未来は、イーサリアムと比べるとちょっと暗めかもしれません。

なぜかというと、イーサリアムの方がもっと正当なネットワークと考えられているからです。

特に、イーサリアムクラシックにはセキュリティの問題があります。

投資家たちは、システムへのハッキングがあったため、ETC(イーサリアムクラシックの通貨)に対する信頼を失ってきました。

ETCがコードやソフトウェアを改善して、将来のハッキングを防げるようになるまで、イーサリアムクラシックはいくつかの課題に直面するかもしれません。

しかし、イーサリアムクラシックプロジェクト内でスマートコントラクトがどのように発展し、広く使われるようになるかはまだ分かりません。

つまり、イーサリアムクラシックはこれから先、いろいろな課題にぶつかる可能性がありますが、どのようにそれを乗り越えていくかが鍵になるでしょう。

スマートコントラクトの発展によって、未来はもっと明るくなるかもしれませんね。

イーサリアムクラシックとイーサリアムの違い

イーサリアムクラシックのETCも、投資家が取引できるデジタル資産(インターネット上のお金みたいなもの)として価値があります。

でも、イーサリアムのETHの方がもっと正当で、広く取引されています。

2021年初め、シカゴ商品取引所(CME)は、イーサの先物取引を承認しました。先物取引とは、将来の特定の日に、決められた価格で商品や通貨を買う約束のことです。

ビットコインとイーサだけが、このような取引に承認されています。

イーサの先物を使って、投資家はイーサを取引したり、ETHや他の暗号通貨に関するリスクを減らすために使ったりします。

ETCとETHに投資される資金の量を比べると、投資コミュニティがどちらをどう見ているかが分かります。

市場価値(暗号通貨の価格に通貨の流通量をかけたもの)を比較すると、ETHが明らかに勝っています。

例えば、2023年5月31日の時点で、ETCは約1億4120万枚が流通しており、市場価値は25億ドルです。

一方、ETHは約1億2000万枚が流通しており、市場価値は2250億ドル以上です。
ETCは1枚あたり18ドルで取引されているのに対し、ETHは1枚あたり1874ドル以上で取引されています。

これらのネットワークはどちらもスマートコントラクトを提供していますが、ETCに関するセキュリティの問題があるため、投資家はETHに投資したり、イーサリアムのスマートコントラクトを選んだりする可能性が高いです。

このように、イーサリアムクラシックとイーサリアムは似ていますが、市場価値やセキュリティの面で違いがあります。

イーサリアムクラシックの目標

イーサリアムクラシックは分裂してから、たくさんのアップグレードや改善が行われました。

このプロジェクトの目標は、中央の管理者がいないスマートコントラクトを使って、世界中で使える支払いネットワークになることです。

他の暗号通貨と同じように、イーサリアムクラシックも「デジタルな価値の保存庫」としての役割を果たすことを目指しています。

これは、お金として保存しておくことができ、価値を保ちながら交換できるという意味です。

暗号通貨の価値の保存庫としての特徴は、その購買力を素早く現金に変えたり、別の資産を買ったりすることができる点にあります。

これはお金と似ています。

つまり、イーサリアムクラシックは、世界中で使える便利な支払い方法を提供し、お金のように価値を保つことができるデジタル資産になることを目指しているんです。

まとめ

この記事のまとめ

  • イーサリアムクラシック(ETC)とは?
    • イーサリアムクラシックは、オープンソース(誰でも使えるコードが公開されている)で、中央集権的ではない(一つの会社や人が管理していない)ブロックチェーンを使った暗号通貨プラットフォームです。
    • スマートコントラクト(自動で実行される契約のようなもの)が動くのが特徴です。
  • イーサリアムクラシックの誕生
    • 元々は「イーサリアム」と呼ばれていました。
    • 2015年に、ヴィタリック・ブテリンとイーサリアム財団によって作られました。
  • イーサリアムクラシックができたきっかけ
    • 2016年の「The DAOハック」という事件がきっかけで誕生しました。
    • The DAOはスマートコントラクトで、ハッキング(不正アクセス)により問題が発生しました。
  • イーサリアムコミュニティの分裂
    • この事件が原因で、イーサリアムコミュニティ(イーサリアムを使う人たちの集まり)は意見の分裂を起こしました。
    • 多くの人たちはハッキングを元に戻すことを選びましたが、イーサリアムクラシックは元の、小さなブロックチェーンの名前となりました。

まずはコインチェックの口座開設をして、仮想通貨の準備から始めましょう。

\たったの5分で申請完了!無料でできます!/

コインチェックで口座開設する

  • この記事を書いた人
ponoblog

ともさか

web3関連ライター兼ブロガー。「web3でFIRE」を目指し中。仮想通貨・NFT・メタバース・AIで稼ぐを実験。海外の最新情報を常に追いかけ、初心者にも分かる解説してます。仮想通貨を7桁運用。NFTコレクター。ブログ開始3か月で0→1達成。 ※当ブログで使用している「仮想通貨」は「暗号資産」の事を指します。

-仮想通貨